【2018】広島在住者おすすめ!宮島の外せない観光スポット20選

サオリ

トラベルライター

シェアありがとうございます

toriiPhoto by 写真AC
広島で最も有名で、広島に訪れる方に私が真っ先にお勧めする観光地と言えば宮島。

宮島は観光地としての整備も非常に進んでおり、国内海外問わず、常に沢山の観光客で賑わっています。

観光地としては有名過ぎる宮島ですが、1日だけでは勿体ないほど沢山の素晴らしい観光地があります!

そこで今回は、宮島を2日間掛けて楽しむ充実コース、観光スポット・見所20選をお伝えします。

宮島へのアクセス

広島市内からの宮島口へのアクセス方法は主に2つあります。

一つ目は、広島駅からJR山陽本線でJR宮島口まで約30分で移動するコース。二つ目は、広島市内中心部を走る路面電車、広島電鉄で広電宮島口まで約50分で移動するコースです。

宮島へ移動するには宮島口からフェリーに乗る必要がありますが、フェリー乗り場へは、JR宮島口からも広電宮島口からも徒歩数分です。

miyajimaguchi
Photo by 写真AC

フェリー乗り場へ到着

フェリー乗り場に到着しました。券売機で券を買って、次のフェリーの出発時刻をチェックしましょう。フェリーは10分~15分おきに出ています。

また、フェリーにはJRと松代汽船と2つの運行会社があり、フェリーの料金は同価格ですが、ロープウェイを利用する場合は、松代汽船のフェリーとロープウェイがセットになったお得な券があるのでおすすめです(大人の場合360円お得です)。

近くに広島関連グッズを揃えたお土産屋さんがあるので、フェリーの出る時間まで覗いてみるのもいいですね。

アイスクリームなども販売していますが、宮島到着後にこれでもかという程のグルメが待ち受けているので、ここでは我慢された方がいいかもしれません。

【住所】広島県廿日市市宮島口1丁目11-5
【電話】0829-56-2045
【営業】宮島口発(通常ダイヤ):始発 6:25 最終 22:42 ● 宮島発(通常ダイヤ):始発 5:45 最終 22:14
【交通】「JR宮島口」「広電宮島口」より徒歩数分
【駐車場】宮島口桟橋周辺の有料駐車場をご利用ください
【料金】大人片道 180円(往復360円)、子供片道 90円(往復180円)
【HP】http://jr-miyajimaferry.co.jp(JR)http://miyajima-matsudai.co.jp(宮島松大汽船)

1.フェリー

ferry
Photo by 写真AC
実はフェリーには車も乗せることができ、宮島に車で乗り込むことも可能です。

フェリーの所要時間は約10分。フェリーの種類は幾つかあり、船内はフェリーによって若干異なりますが、1Fは車の駐車スペース、車椅子の方の為のバリアフリールーム。2Fは屋内の客室、3Fは屋外吹き抜けのパノラマデッキになっています。

冬場などは風も有る為寒いですが、フェリーから弥山や大鳥居も見えるので、フェリーからの景観を楽しみたい方は3Fの利用がおすすめです。

フェリー乗車後、宮島桟橋に到着したら、観光所で先ずはマップ等をゲットしましょう!

2. 宮島の鹿

shika
Photo by サオリ
宮島に到着してすぐに、鹿が沢山いるのに少し驚かれるかもしれません。野生ですが人に慣れている為、撫でたり、一緒に写真を撮ったりすることもできます。

しかしとても可愛い彼等ですが、人の持つ食べ物や紙を良く分からずに狙って食べようとしてしまう為、飲食時や本には注意しましょう(餌やりは禁じられています)。

3. 表参道(清盛通り)商店街

shotengai
Photo by 写真AC
観光客向けのグルメやお土産屋で賑わう商店街には、美味しいお店や面白いお店が沢山あります。

ここでは、是非食べていただきたいグルメ3選をご紹介します。

揚げもみじ

agemomiji
Photo by 写真AC
ここ数年の間に登場した新名物で、広島で最も有名な銘菓、もみじ饅頭にてんぷら粉を付けて揚げたものです。

もみじ饅頭のほのかな甘みに、天ぷらの香ばしさが相まって、全く別の新しい食べ物になっています。揚げたてのアツアツなもみじは、外側サクッ、内側はふんわりホクホクとした食感に、中身の餡が甘く舌を喜ばせます。

揚げもみじは商店街の中にある「紅葉堂」というお店で販売されており、味はあんこ、クリーム、チーズ等選べます。価格は1個180円です。

焼芋ソフトクリーム

View this post on Instagram

@i_mo_gramがシェアした投稿

こちらも最近登場した宮島新スイーツです。焼芋が練りこまれたアイスの上に、安納芋の焼芋が乗っています。

ミルクの甘味にお芋のしっとりとした味がミックスされた冷たいアイスに、温かいホクホクの焼芋が絶妙な兼ね合いで病みつきになります。

こちらは、商店街の中の「風籟堂」というお店で販売されており、価格は1個350円です。

牡蠣

kaki

Photo by 写真AC

広島の海鮮と言えば牡蠣ですよね。

宮島には多くの牡蠣グルメがあります。お店の中でも出店でも食べることができます。

殻つきのまま炭火で焼いたもの、串焼きにしたもの、もち米の入った醤油お握りの上に乗せたもの、コロッケの中に入れたりと様々です。

牡蠣特有のプリッとした食感に海鮮の旨味、ほのかな苦みが溜まりません。尚、焼き牡蠣は1個200円~300円程度です。

~宮島の大杓子(平成33年4月頃から再展示予定です)~

Photo by サオリ この日はなんと猫が杓子の上に登っていました。

商店街の真ん中に突如として現れる大きな杓子。

宮島は杓子発祥の地で、宮島の特産品と言えば杓子です。

長さ7.7m、重さ2.5tの世界一の杓子は見ごたえがありましたが、展示場所を含む一帯にトイレを整備することになり、移動・保管の為、残念ながら平成30年6月15日から展示を中止しています。

再展示は平成33年4月頃から、旧宮島支所跡地の新施設にて行われる予定です。

【住所】広島県 廿日市市宮島町535
【電話】0829-44-2011(宮島観光協会)
【交通】宮島桟橋より徒歩5分
【駐車場】なし
【HP】https://www.hiroshima-kankou.com

4. 御笠浜

mikasanohama
Photo by 写真AC

表参道を抜けてすぐに、目の前に広がる御笠浜と大鳥居。

御笠浜は厳島神社まで続いています。

ここから見る景色は本当に美しく、特に夕日は絶景です。干潮時には、大鳥居の傍まで歩いて近付くことができます。

また、この辺りでは美味しいアサリが採れる為、ここで潮干狩りをして楽しむこともできます。

5. 大鳥居


Photo by 写真AC

そして、宮島で最も有名な景観とも言える、大鳥居。

otorii
Photo by 写真AC
高さ約16.6m、主柱周り9.9m、総重量約60tの真っ赤な丹塗りの巨大な鳥居が海の中に聳え立つ姿には、何度見ても感動させられます。

現在の大鳥居は1875年に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。

【住所】広島県廿日市市宮島町1−1
【電話】0829-44-2020(厳島神社)
【交通】宮島桟橋より徒歩10分
【駐車場】なし
【HP】http://www.miyajima-wch.jp(宮島観光公式サイト)

6. 豊国神社(千畳閣)

houkoku
Photo by 写真AC
さて厳島神社に向かう前に立ち寄っておきたいのが、豊国神社。

厳島神社の入り口の近くに神社へと続く階段があります。

豊国神社は通称千畳閣と呼ばれ、豊臣秀吉が建立を命じましたが、秀吉の死により未完成のままとなっています。

hokoku
Photo by 写真AC
千畳と呼ばれるだけあって、非常に広い内部には壁は無く、未完成の為か太い柱や梁が剥き出しのままになっており、静寂の中ながら何とも猛々しい情感を感じさせます。

靴を脱いで入ることができるので、飾られた絵や天井を見上げながら暫し歴史に想いを馳せるのもおすすめです。

gojyutou
Photo by 写真AC

尚、千畳閣のすぐそばに朱色の五重塔が立っており、こちらは内側には入れませんが、外からでも見応えがありますのでチェックしておきましょう。

【住所】広島県廿日市市宮島口1丁目11-5
【電話】0829-44-2020(厳島神社)
【営業】8:30~16:00(昇殿時間)年中無休
【交通】宮島桟橋より徒歩15分
【駐車場】なし
【料金】高校生以上100円 小・中学生 50円
【HP】http://www.miyajima-wch.jp/(宮島観光公式サイト)

7. 厳島神社

itsukushima
Photo by 写真AC
豊国神社、五重塔の後は、いよいよ宮島を象徴するスポット、厳島神社に向かいましょう。

昔は宮島の島自体が神の島と崇められていた為陸地への建設は畏れ多いとのことで、現在の海との境目に神社が建てられたとのことですが、満潮時などは特に海の中に立つ浮かぶ姿が非常に幻想的です。

尚、台風等の災害により社殿は何度か建て替えられていますが、その構造は平清盛が12世紀に造営した姿を伝えられていると言われています。

itsukushima
Photo by 写真AC
国宝、国の重要文化財且つ世界文化遺産にも登録されています。

外観も素晴らしいですが、中から見渡す海と大鳥居の姿も圧巻です。

【住所】広島県廿日市市宮島町1-1
【電話】0829-44-2020(厳島神社)
【営業】6:30~17:00(昇殿時間※時期により若干異なります)年中無休
【交通】宮島桟橋より徒歩15分
【駐車場】なし
【料金】大人 300円 高校生200円 小・中学生 100円
【HP】http://www.miyajima-wch.jp/jp(宮島観光公式サイト)

お昼は「あなごめし」を食べよう!

anagomeshi
Photo by サオリ
宮島のグルメで忘れてはならないのが「あなごめし」です!

アナゴは瀬戸内海で良くとれる鰻に似た魚で、鰻より脂の乗りこそ少ないですが、その分身はふわふわとして柔らかく、淡白でしっとりとした身に醤油ベースの甘辛いタレが堪りません。

有名なお店は、宮島口に店舗がある「あなごめし うえの」、商店街出口から御笠浜と逆方向に向けて歩き、町屋通りより奥に入った先の「あなごめし和田」、厳島神社出口から徒歩数分にある「ふじたや」等がありますが、いずれもお昼時間は混む為要注意です。

他にも多くのお店であなごめしを提供しているので、お値段は少しお高めですが、是非味わってみてください。

弥山ハイキングへ

misen
Photo by 写真AC
厳島神社を出て、ランチで活力を付けた後は、食後の運動も兼ねてウォーキング&ハイキングを楽しみましょう。

厳島神社の背後にそびえる弥山は、標高535m、天然記念物の原生林を保有し宮島では外せない絶景スポットです。

尚、厳島神社から弥山山頂へは、混雑時か否かにもよりますが、往復約2時間~3時間かかります。

また、ロープウェイ終点から弥山山頂までは約30分のハイキングコースです。結構登りもきつく体力も必要な為、ハイヒールの方、体調の優れない方は、ロープウェイ終点までにする等服装や体調に留意しながら、どこまで行くか選びましょう。

山頂まで登らなくても、ロープウェイからの景色や、ロープウェイ終点の獅子岩展望台からの眺めだけでも素敵です。

8. 紅葉谷公園

momijidani
Photo by 写真AC
ロープウェイの乗り口までは、厳島神社から徒歩約3分の場所から20分間隔で無料の送迎バスが運行していますが、ここは自然散策を楽しむためバスは利用せず、紅葉谷公園を歩きロープウェイ乗り場まで行ってみましょう。

ロープウェイ乗り場までは厳島神社から徒歩約15分です。

momijidani
Photo by 写真AC
紅葉谷公園には約700本の紅葉樹があり、秋の季節には色鮮やかな木々の色づきを楽しむことができます。

小川が流れる自然豊かな道は空気が澄み、景観を楽しみながらのウォーキングにぴったりです。

また、公園の入り口辺りに小さなお店があり、飲食をすることもできます。

【住所】広島県廿日市市宮島町紅葉谷
【交通】宮島桟橋より徒歩20分
【駐車場】なし
【HP】http://www.miyajima.or.jp(宮島観光協会)

9. ロープウェイ

ropeway
Photo by サオリ
ロープウェイ乗り場からロープウェイに乗り込み、約10分で一旦下車し乗り換えて、約4分で弥山のロープウェイ獅子岩駅まで到着します。

約14分間の空の旅ですが、最初の10分には緑生い茂る原生林、次の4分には海の景色を楽しむことができます。

ロープウェイのお値段は少しお高めですが、地上や舟からは決して見れない、瀬戸内海の絶景は相応の価値があります。

View this post on Instagram

horiiさん(@uhori8)がシェアした投稿

尚、弥山は登山コースが3つあり、ロープウェイを使わず登山の場合は、コースにもよりますが約1.5時間~2時間程度かかります。

また、休日などの混雑時にはロープウェイにはかなり行列ができるので、夏などは飲料を用意して待ち時間対策をした方が良いかもしれません。

【住所】広島県廿日市市宮島口1丁目11-5
【電話】0829-44-2020(厳島神社)
【営業】8:00~17:00(季節、天候により変動するので、事前にHPを確認しましょう)
【交通】宮島桟橋より徒歩30分
【駐車場】なし
【料金】大人 1,800円(往復) 小人 900円(往復)
【HP】http://miyajima-ropeway.info/index.html(広島観光開発株式会社)

10. 獅子岩展望台

shishiiwa
Photo by 写真AC
ロープウェイで獅子岩駅に到着し、左手にある階段を少し上ると獅子岩展望台があります。瀬戸内海に浮かぶ島々の美しいパノラマを臨むことができます。

晴れた日には、空と海の清々しい青さに、船が行き交う素晴らしい絶景を味わうことができます。

【住所】広島県廿日市市宮島町紅葉谷
【交通】ロープウェイ獅子岩駅から徒歩1分
【駐車場】なし
【HP】http://miyajima-ropeway.info(広島観光開発株式会社)

11. くぐり岩

reikadou

Photo by 写真AC
獅子岩展望台で美しい景観で癒された後は、約30分のハイキングとなります。

弥山山頂までは、本堂や霊火堂などがある広場に加え、様々な奇石・巨石があります。

潰されそう!?巨石の隙間をくぐり抜けるスポット

kuguriiwa
Photo by 写真AC
不動岩、クジラ岩、舟岩、干満岩など様々な岩がありますが、中でもおすすめは弥山山頂まで一歩のところにある巨大な岩のトンネル「くぐり岩」です。

石と石が重なり合った間を通り抜ける、まさに岩のトンネルですが、高さが低い為かがんで通り抜ける必要があります。

天井に手を当てて写真撮影する方も多い、絶好の撮影ポイントでもあります。

12. 弥山山頂・弥山展望休憩所

View this post on Instagram

t.seno🌅💐さん(@t.seno)がシェアした投稿

さて、登り始めて30分、弥山山頂に到着しました!

少し息が上がっている方も多いのではないでしょうか。

しかし弥山山頂から見渡す遮るもののない、360度の瀬戸内海の絶景には疲れが一瞬で吹き飛ぶと思います。

View this post on Instagram

t.seno🌅💐さん(@t.seno)がシェアした投稿

弥山休憩所は3階構造になっており、1階はお手洗い、2階は広い板間スペースで、座ったり寝転がったりできる休憩所。3階は屋根のない展望台になっています。

海に浮かぶ瀬戸内海の島々、白い波を描きながら行きかう舟船、弥山の青々と茂る原生林、広い港町。眺めているだけで清々しい、穏やかな気持ちになります。

30分登った甲斐はありますね。

【住所】広島県廿日市市宮島町
【交通】ロープウェイ獅子岩駅から徒歩30分
【利用時間】10:00~16:00(※トイレは24時間利用可能)
【駐車場】なし

1日目終了

yuuhi
Photo by 写真AC
さて、登山を終えて厳島神社まで帰ってくると、夕陽差し込む良い時間になったと思います。

1日目のコースはこれで終了です。

夜は宮島に泊まりますか?それとも広島市内のホテルでしょうか。尚。宮島の宿泊施設の場合、高確率でお茶請けにもみじ饅頭が置かれています。

View this post on Instagram

Relux(リラックス)さん(@relux_jp)がシェアした投稿

因みに、少し離れていますが、宮島近くの温泉には、宮島口からタクシーで15分のところに宮浜温泉というところがあります。

静かな住宅街にある温泉宿で派手さなどはありませんが、宮島で宿が取れそうにない場合は、候補に入れてもいいかもしれません。

移動も多かった一日、しっかり温泉に浸かって、歩き疲れを癒したいですね。

広島の地酒もおすすめです

View this post on Instagram

Ron Viloriaさん(@chefronv)がシェアした投稿

ディナーには、瀬戸内海の新鮮な海の幸、あなごの天ぷらや、コイワシの刺身、生牡蠣、お肉なら比婆牛や、幻霜ポーク、粉ものならお好み焼き、デザートにははっさく等の柑橘類のスイーツでしょうか。

View this post on Instagram

shigenbouさん(@shigenbou)がシェアした投稿

広島は言わずと知れた日本三大酒処の西条もあり、美味しい日本酒の宝庫です。

オバマ前大統領が来広の際に安倍首相と飲み交わした「加茂鶴」や、全国でも珍しい女性杜氏が作る「富久長」、キレのあるスッキリとした味わいに柔らかい口当たりの「雨後の月」など、お酒の飲める方には是非広島の地酒を楽しんでいただければと思います。

View this post on Instagram

MASAMEDIAさん(@smile.masamedia)がシェアした投稿

次のページでは2日めの観光プランをご紹介いたします!

2日めも見どころ満載ですよ。

サオリ
広島在住30年、生まれも育ちも広島の生粋の広島人です。好きなものはグルメ、自然、観光、猫、犬、鳥などの小動物です!休日は広島中心に中国四国地方の家族で楽しめるスポットへお出かけしてます。広島のおすすめの観光スポット情報をお伝えできればと思います!
応募はこちら▼
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で