【在住者おすすめ】長野県で1番人気の野沢温泉を巡るモデルコース1泊2日(❄️冬編❄️)

Shizu

トラベルライター

シェアありがとうございます

長野 野沢温泉 (5)

photo by Shizu

長野県の冬といえばやっぱり温泉とスキー場。

開湯700年以上の歴史があり、昔ながらの温泉街の風情と伝統が今も色濃く残る野沢温泉。30余りの源泉、13か所の外湯をもつ長野県を代表する湯の街です。

年配のリピーターも多く、スキーのメッカとして知られているため若いボーダーや外国人客の増加に合わせて飲食店も増えて活気があります。

そんな冬の野沢温泉を1泊2日で完全に満喫するプランをご紹介します!

ちなみに温泉街は端から端まで歩いても20分程度です。宿の駐車場または公共駐車場に駐車して街歩きを楽しんでくださいね。(→ダウンロードマップ

野沢温泉スキー場

長野 野沢温泉 (8)
photo by Shizu

長野県を代表する広大なスキー場の1つ野沢温泉。ファミリーから上級者まで36コースを楽しむことができます。

その中でも、やまびこ山頂から全長4,500mを一気に滑り降りるスカイラインコースは爽快!

温泉街からゴンドラ乗り場まで歩く歩道(遊ロード)があり、車がない人も簡単にスキー場に到着できるのも魅力です!

【住所】長野県下高井郡野沢温泉村7653
【TEL】0269-85-3166
【駐車場】無料1500台 無料シャトルバス周遊
【HP】http://nozawaski.com/
【アクセス】豊田飯山ICより車で25分

懐かしい味ローカルスイーツ バナナボート

View this post on Instagram

はっちゃん(๑¯◡¯๑)さん(@hatsu3)がシェアした投稿


野沢名物となっているのが冬季限定の「バナナボート」。

スポンジケーキでバナナ1本と生クリームを包んであるシンプルなものですが、各店それぞれの工夫があって食べ比べも楽しいスイーツです。

片手で食べられる気軽さと栄養価の高さから、スキーブームの頃に人気が高まったといわれています。

温泉まんじゅう店で販売していることが多いので歩きながらチェックしてみましょう!

【名称】みゆき商店 バナナボート
【住所】長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷6700-3
【TEL】0269-85-2748
【営業】8:00-18:00/不定休

外湯めぐり

長野 野沢温泉 (4)
photo by Shizu長野 野沢温泉 (9)
photo by Shizu

アフタースキーはもちろん温泉三昧!

天然温泉100%掛け流しの「外湯」が13か所もあり、観光客にも無料で開放されているので自由に入浴することができます。

アメニティは持参となりますが、宿泊者はタオルだけを持ち歩き、体を温めるだけの人が多い印象です。

江戸時代から地元の方々によって維持されてきた大切なものです。村民の共同浴場でもあるため、マナーを守って利用しましょう。

私のおすすめは、乳白色の「真湯」です。他の外湯よりも硫黄が強いにごり湯で、中心地から離れるので比較的空いてます!

【場所】温泉街各地に13か所
【料金】無料
【営業】4月~11月5:00~23:00、12月~3月6:00~23:00
【HP】http://www.nozawakanko.jp/

朱印めぐり

長野 野沢温泉 (10)
photo by Shizu長野 野沢温泉 (11)
photo by Shizu

温泉街の観光スポット全27か所に朱印台が設置され、台の横に付属してある棒で台紙をこすっていく拓印スタイル。

外湯13か所のほか歴史的なポイントにあり、街歩きを楽しみながら歴史を知ることができます。

10か所の印を集めると、岡本太郎による「湯」の文字が書かれたタオルを、20か所の印を集めると外湯めぐり手ぬぐいまたは「湯」タオルのどちらかがもらえます。

【購入場所】野沢温泉観光協会
【住所】長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9780-4
【TEL】0269-85-3155
【営業】8:30~17:30
【朱印帳】1冊300円

野沢温泉 河一屋旅館

長野 野沢 河一屋1Photo by Rakuten Travel
長野 野沢 河一屋2

小さな村の中の小路に所狭しと老舗旅館や民宿が並んでいるのが野沢温泉の特徴です。

その中でも「河一屋旅館」は楽天トラベルブロンズアワードを2度も受賞する人気のお宿。

食事が美味しくてリピーターの宿泊が多いので、予約はお早めに!

もちろん温泉も楽しみの1つ。館内には2種類の源泉を引き、夜までゆっくりくつろげます。


Photo by Rakuten Travel
【住所】長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8923-1
【電話番号】0269-85-4126
【価格帯】7,686円~
【HP】https://kawaichiya.jp/

  2日目のプランは次のページでご紹介  

Shizu
スノーボードと登山が好きで東京から長野県へ移住。海外滞在は20カ国以上6年近くあり、最低1ヶ月かけてじっくりローカルを楽しむ旅が好き。ニュージーランドは2年間、そのほか東北、ポルトガル、ラオス、マルタ、ミャンマーなどに長期滞在しながらWebデザインや写真撮影の仕事をしています。冬季はスキー場近くでホームステイホストをし、家でも海外にいるような暮らしを送っています。ブログも運営中
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で