【地元民もおすすめ】長崎にきたら絶対食べたいちゃんぽん7選!

カワサキ カオリ

トラベルライター

シェアありがとうございます

長崎 ちゃんぽん

PhotobyTakacchi

長崎発祥の長崎ちゃんぽんは、明治時代中期、福建省からやってきた中華料理屋の主人によって考案されました。

もともとは中国の留学生がきちんと栄養を取れるようにと考えられたものでしたが、あまりの美味しさに長崎の人達も好んで食べるようになったとか。

現在長崎にはちゃんぽんを提供する店が数多くあり、店ごとに違った味わいを楽しめます。

ここではド定番のちゃんぽんから地元民に愛されるニッチなちゃんぽんまでを集めて、ランキング形式で紹介します。

これから長崎に行く人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

第7位:中華菜館 福壽

この投稿をInstagramで見る

Marcy Takahashiさん(@marcy_takahashi)がシェアした投稿

【福寿】は中華料理店がひしめく新地にあります。

とはいえ中華街ゲートの外にあるため、観光スポット化しておらず、地元民も多く利用しているお店です。

こちらのちゃんぽんはさらっとしたスープが特徴。

鶏ガラをしっかり煮込んで作られており、透明感が高く、黄金色をしています。

濃厚ながら上品な味わいで、喉ごしも良好です。

また、注目したいのが麺。

本場長崎ならではの【唐灰汁】がたっぷりはいった麺は、黄色くもちもちしており、独特の風味があります。

上品なスープとよくからみ、するするっと食べられますよ。

【住所】長崎県長崎市新地町2−5
【電話番号】095-821-3032
【定休日】不定休
【営業時間】11:00-14:30、17:00-20:30
【料金】ちゃんぽん850円
【アクセス】築町電停から徒歩約1分

第6位:江山楼

この投稿をInstagramで見る

salada.RMさん(@maihiro.mama)がシェアした投稿

ちゃんぽんの名店と言われるのが創業60余年の【江山楼】です。

新地中華街に本店があるので、中華街巡りをする予定がある人はぜひ足を運んでみましょう。

こちらのちゃんぽんはまずスープに特色があります。

創業より変わらぬ味は江山楼の秘伝として今に伝えられてきました。

鶏ガラ100%の濃厚なスープが太麺によく馴染み、あとひく美味しさです。

人気のちゃんぽんは「特上ちゃんぽん」「上ちゃんぽん」「ちゃんぽん」の3種類。

最高グレードの特上にはフカヒレなど豪華な具材がふんだんに入っており、贅沢この上ない味わいです。

【住所】長崎県長崎市新地町13-16
【電話番号】095-824-3162
【定休日】不定休
【営業時間】11:00~21:00
【料金】ちゃんぽん800円
【アクセス】築町電停から徒歩約4分

第5位:思案橋ラーメン

この投稿をInstagramで見る

𐒄 𐒖さん(@ma_sa_ars)がシェアした投稿

ちゃんぽんの激戦区と言われる思案橋界隈にあるのが【思案橋ラーメン】です。

こちらは屋台発祥の老舗店で、福山雅治さんのごひいき店として有名。

観光客だけでなく地元民も多く訪れ、昼時には長い行列ができることもあります。

【思案橋ラーメン】の人気メニューは、おろしにんにくがたっぷりとのった【爆弾ちゃんぽん】。

こんもりと盛られたにんにくは鶏ガラ・魚介をしっかり煮込んだスープとの相性がよく、ちゃんぽんの風味をさらに高めてくれます。

爆弾ちゃんぽんのほか、特製ちゃんぽん、ちゃんぽんもあるので、お腹のすき具合や好みに合わせて選んでくださいね。

【住所】長崎県長崎市浜町6-17
【電話番号】0958-23-1344
【定休日】不定休
【営業時間】11:30~4:00
【料金】ちゃんぽん850円
【アクセス】思案橋電停より徒歩約1分

第4位:四海樓

この投稿をInstagramで見る

keikoさん(@kei_marin)がシェアした投稿

ちゃんぽんのルーツを知るなら、やはり創業1899年の老舗【四海樓】は外せません!

ここは長崎ちゃんぽん発祥の店として知られる中華の名店です。グラバー園や大浦天主堂からほど近く、観光ついでに立ち寄れます。

この店のちゃんぽんは、たっぷりのった錦糸卵が特徴です。

彩り鮮やかで見栄えもよいので、SNSをやっている人は一枚撮りたくなるかもしれませんね。

ちゃんぽんは具だくさんで、スープも濃厚。食べ応えはばっちりです。

加えて四海樓が素晴らしいのは、見晴らしのよいレストランから長崎の美しい風景を楽しめること!

レストランは5階にあるため、長崎港や海がよく見えます。

1階にはお土産屋、2階にはちゃんぽんミュージアムもあるので、そちらに足を運ぶのもおすすめです!

【住所】長崎県長崎市松が枝町4-5
【電話番号】095-822-1296
【定休日】不定休
【営業時間】11:30~15:00、17:00~21:00
【料金】ちゃんぽん1080円
【アクセス】大浦天主堂電停から徒歩約3分
公式サイトはこちら

第3位:協和飯店

この投稿をInstagramで見る

Hideki Sugimotoさん(@daigakuimo_hs)がシェアした投稿

【共和飯店】は福山雅治さんはじめ多くの芸能人が訪れる大村市の名店です。

長崎空港からほど近いため、旅の〆として訪れてもよいかもしれませんね。

こちらのちゃんぽんは、具だくさんで食べ応え抜群。

豚骨の風味がガツンとくる濃厚な味わいが魅力です。

スープはさらっとというよりはまったりクリーミーなので、麺ともよく絡みますよ。

一見ごく普通の地元の食堂ですが観光客も多いので、平日でも入店まで待つことがあります。

【住所】長崎県大村市森園町1590-2
【電話番号】0957-52-6143
【定休日】火曜日
【営業時間】11:00-13:00、17:00-20:00(土日祝は17:30-20:00)
【料金】ちゃんぽん750円
【アクセス】西肥自動車01 試験場前バス停より徒歩約6分

第2位:じゅん食堂

この投稿をInstagramで見る

leodentalさん(@leodental)がシェアした投稿

地元民からの支持が高いのが、立山公園近くにある【じゅん食堂】のちゃんぽんです。

このお店のちゃんぽんは、まず彩りが美しいのがポイント。

肉と野菜、海鮮のバランスがちょうどよく、最後のひとくちまで食べ飽きません。

麺は太くコシがあり、濃厚スープとの相性が抜群です。

お店は家族で経営されているのでこぢんまりとしていますが、壁には芸能人の写真やサインがたくさん!

隠れた名店というにふさわしいお店です。

場所は市街地からやや離れているため、行くときはレンタカーなどあるとよいですね。

【住所】長崎県長崎市立山5丁目4−1
【電話番号】095-821-6439
【定休日】毎週月曜日月曜祝日の場合は翌日休み
【営業時間】[火~金・土・日]ランチ:11:00〜14:00ディナー:16:00〜20:00
【料金】ちゃんぽん730円ほか
【アクセス】諏訪神社前電停より徒歩約12分

第1位:よこはま(思案橋店)

この投稿をInstagramで見る

hitomiさん(@hitomi4143)がシェアした投稿

人気ちゃんぽん店が並ぶ思案橋のなかでも、特に多くの人が訪れるのが【よこはま(思案橋店)】です。

「地元民なら誰もが1度は食べたことがあるのでは」というほど、長崎では超メジャーなお店。

芸能人が多く訪れることでも知られており、平日でも大勢のお客で賑わいます。

こちらのちゃんぽんは綺麗な乳白色のスープが特徴。

あっさりめですが奥深い味わいで、スープまで飲み干せそうです。

具材の分量もちょうど良く、あさりの出汁が利いています。

一方麺は唐灰汁ならではの黄味がつよい麺です。

もちもち感とつるつる感があり、独特の歯ごたえがたまりません。

【住所】長崎県長崎市本石灰町2-20
【電話番号】095-821-9178
【定休日】火曜日
【営業時間】11:00-2:00
【料金】ちゃんぽん850円
【アクセス】思案橋電停より徒歩約2分

長崎に来たらこれも食べてみんね♪皿うどん

長崎 皿うどん

PhotobyBanzai Hiroaki

皿うどんは、ちゃんぽんと並ぶ長崎グルメの代表格。

全国的にはパリパリに揚げた細麺にあんをかけるのが一般的ですが、長崎の皿うどんは焼いた太麺も定番です。

お店によっておすすめは違うので、食べ比べる楽しさがありますよ!

ちゃんぽんと併せて、ぜひこちらもどうぞ!

長崎の人気皿うどん(細麺編):蘇州林

この投稿をInstagramで見る

かりん♡のどあめさん(@karin_nodoame)がシェアした投稿

細麺の皿うどんといえば、【蘇州林】の皿うどんが有名です。

お店は新地中華街にあり、麺の細さは長崎一だとか。

皿うどんには14種類もの具材が超強火でしっかり炒められており、シャキシャキした歯ごたえを楽しめます。

極細麺はサクサクでスープとのからみもよく、麺のほどよい甘みが口いっぱいに広がりますよ!

【住所】長崎県長崎市新地町11-14
【電話番号】095-823-0778
【定休日】水曜日
【営業時間】11:00~20:30
【料金】皿うどん972円(税込)
【アクセス】築町電停より徒歩約5分
公式サイトはこちら

長崎の人気皿うどん(太麺編):康楽(かんろ)

この投稿をInstagramで見る

Yasuさん(@yasu5233)がシェアした投稿

長崎の地元民に美味しい「太麺の皿うどんは?」と聞けば、必ず名前が挙がるのが【康楽】です。

康楽は1948年創業の地元ではおなじみの超有名店。

観光客も多いので、早めに行くのがベターですよ。

鶏ガラと豚骨を煮込んだスープがもっちりした太麺とよく馴染み喉ごし良く食べられます。

こちらのあんは長崎らしくやや甘みが強いのが特徴。

長崎ではウスターソースを掛けるのが定番なので、ぜひ長崎らしく食べてみてください!

【住所】長崎県長崎市本石灰町2-18
【電話番号】095-821-0373
【定休日】月曜日
【営業時間】17:00〜23:30
【料金】皿うどん830円
【アクセス】思案橋電停より徒歩約2分

長崎ちゃんぽんは長崎で食べてこそ意味がある!

長崎 中華街 ランタン

Photoby Tzuhsun Hsu

いかがでしたか?

長崎グルメは色々ありますが、長崎に来たらぜひ1食は本場のちゃんぽんを味わってください。

「どこでも同じでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、実は違います。

記事内でもご紹介したとおり、長崎のちゃんぽんは“唐灰汁(とうあく)”という長崎独自のかん水を入れて仕上げてあるのが特徴。

他の県ではほぼ見られません。

唐灰汁が入っているおかげで長崎ちゃんぽん麺はふっくらもっちりとし、絶妙な歯ごたえと風味があるんですよ!

この度ご紹介したお店以外にも、長崎にはたくさんのちゃんぽんの名店があります。

意外と小さなお店が美味しかったりするので、たくさん食べて好みのちゃんぽんを見つけてくださいね!

長崎で絶対泊まりたい宿泊施設12選

長崎は古くから日本と異国を繋ぐ玄関口として栄えた街。西洋風、中華風、和風がうまくミックスした街並みや風景は、日本にいるはずなのに知らない街にいるかのような不思議な気分にしてくれます。

【女子旅】1泊2日の長崎観光プラン!

いつもと違う女子旅を楽しみたい人は、ぜひ長崎へ足を運んでください!長崎は古くから海外との玄関口として栄えた港湾都市。当時の面影を残した市街地は坂道や教会が多く、ほかの日本の都市には無いノスタルジックな景観を楽しめます。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

カワサキ カオリ
九州在住のドライブ好き主婦ライター。 独身時代は、イギリス・スイス・ドイツ・アメリカにてアポなし旅を満喫。現在は車で行ける近場を巡っています。九州・中国地方全県を走破し、愛車のMT車は走行距離11万キロを超えました。九州は食べ物が美味しく、海も山も最高。レアなスポットやグルメも紹介していきたいです!
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で