【那覇で1泊2日の女子旅】レンタカーなしで楽しむモデルコース!

齋藤あかね

トラベルライター

シェアありがとうございます

沖縄 壺屋やちむん通りPhoto by 齋藤あかね

沖縄県庁所在地である那覇市。

沖縄県の入り口である那覇空港はもちろん、国際通りや首里城など人気観光スポットも多数あり、沖縄の経済・文化の中心地でもあります。

沖縄県には電車がないため、観光はレンタカーを利用する場合がほとんど。しかし那覇は観光スポットが歩いて回れる距離に点在し、しかもモノレール「ゆいレール」があるため、車がなくても比較的かんたんに移動ができます。

レンタカーなしでも十分楽しめる那覇まちを巡る女子旅1泊2日のモデルコースをご紹介します。歩いて旅をすれば車では見えなかった街の景色が目に入ってきます。ぜひのんびりと沖縄歩きを楽しみましょう!

◎レンタカーなし!那覇の女子旅コース1日目(昼)

1.おすすめ宿泊先 コンドミニオ マキシ(Condominio Makishi)へチェックイン

沖縄 コンドミニオマキシ(CondominioMakishi)
Photo by agoda
まずは宿泊先へチェックイン。場所は国際通りから歩いてすぐ。
最寄りのモノレール駅は牧志駅です。
牧志公設市場や国際通り屋台村からも徒歩圏内で、歴史を感じる夜の飲み屋街にひょっこり現れる宿です。シンプルで清潔な室内は女性にも人気。
チェックインの時間より早めにつきそうな場合は、宿で荷物を預かれるか確認してみましょう。
そのほか近隣にある那覇市観光案内所(国際通り沿い「てんぶす那覇」1階)でも手荷物の一時預かりを受け付けています。
【住所】   沖縄県那覇市牧志3-9-22
【電話番号】 070-5489-1650 or 098-869-1651
【価格帯】  ¥8,000~¥11,500
【公式HP】  http://condominio-makishi.com
インターネット上の口コミ、評価を調べますと、全体的に高い評価となっていました。
代表的な評価は次のようなものがあります。

「また沖縄行く時はここにします! まず綺麗!清潔!あと洗濯と乾燥無料やし、洗剤まで無料! スタッフさんもみんな親切で、言うことなしでした!」

「凄く綺麗で、とても安く、サービスも良く、逆に不安になるくらいのステキなホテルです。 」

「通常のホテルと同じように利用させていただきました。長期滞在予定の人にはなお良いと感じました。」

「部屋が狭いと思った」

2. 浮島通り

沖縄那覇市 浮島通りPhoto by 齋藤 あかね

宿にチェックインしたら、まずはぜひお土産店や沖縄料理店が建ち並ぶ国際通りへ出てみましょう。ショッピングをしたり、雰囲気を味わったりしたその後に訪れてもらいたいのが国際通りから枝分かれする浮島通り。

おしゃれなセレクトショップや古着屋と、味のある昔ながらの商店が混在して飽きさせない場所です。

沖縄建築物の特徴である頑丈なコンクリート造りの建物も見どころ。那覇のど真ん中でのんびりした雰囲気を残す町並みに癒されます。

【住所】   沖縄県那覇市松尾2丁目周辺
【アクセス】 国際通り松尾交差点近くのローソンから東へ

3. AKOH KLOH(アコークロウ)

沖縄那覇市-AKOHKLOHPhoto by AKOH KLOH(アコークロウ)

沖縄の言葉で「昼と夜の間」を意味する「アコークロー(明るく、暗く)」がブランド名の由来。国際通りから浮島通りへ入り、壺屋やちむん通りにたどり着くころ右手に見えてくるブランド旗艦店。

「風に暮らす」をコンセプトに、沖縄の変わらない美しさを生活に取り入れる服やアイテムがならびます。いち押しはオーガニックコットンのTシャツやワンピース。

さっそく着替えて那覇まちを歩けば、南国の風にフワリと包まれてどこまでも行けそう。大切な人へのお土産えらびにもおすすめです。

【住所】   沖縄県那覇市壺屋1-6-1
【アクセス】 国際通りから浮島通りへ入り徒歩15分右手
【営業日】  水~月曜日 ※休 火曜日、不定休
【電話番号】 098-869-1007
【公式サイト】https://www.akohkloh.okinawa

3. Cafe プラヌラ

沖縄 カフェプラヌラPhoto by 齋藤あかね

ショッピングのあとはカフェでひと休み。

通りのにぎやかさがうそのように、穏やかな空気が流れる店内でゆったりと過ごしましょう。

こだわりの紅茶はおいしいと評判。スイーツと一緒にふっと心落ち着く時間を。

運が良ければお手製のミートソースドリアが食べられます。

【住所】沖縄県那覇市壺屋1-7−20
【アクセス】国際通りから浮島通りへ入り徒歩15分左手
【営業日】木~月曜日 13:00~21:00 ※休 火・水曜日
【電話番号】098-943-4343
【公式サイト】https://www.facebook.com

4. 壺屋やちむん通り

沖縄 壺屋やちむん通りPhoto by 齋藤あかね

「やちむん」とは沖縄の言葉で焼き物のこと。沖縄の独特の色合いとほっこりした手触りにファンも多い「やちむん」。

那覇にあるこの壺屋やちむん通りには焼き物がずらりと並ぶお店が軒を連ねます。

一番の見所は南ヌ窯(フエヌカム)。現存する唯一の荒焼窯で、県指定無形文化財となっています。

【住所】   沖縄県那覇市壺屋1丁目周辺
【アクセス】 浮島通りから徒歩1分、ゆいレール牧志駅から徒歩10分
【公式サイト】https://tsuboya-yachimundori.com

5. 壺屋WORKS

沖縄 壺屋WORKS

Photo by SHANGCHIEH

壺屋やちむん通りの国際通り側入り口付近にある、沖縄の器・やちむんや雑貨のお店。女性ならではの目線でセレクトされたこだわりの品々は見ているだけで楽しくなります。

比較的購入しやすい価格帯のものも取りそろえているので、前を通ったらぜひ気軽に足を踏み入れてお土産えらびしてみましょう。

【住所】沖縄県那覇市牧志3-6-37
【アクセス】壺屋やちむん通り入り口付近(国際通り側)
【営業日】不定休、10:00~20:00
【電話番号】098-955-7478
【公式Instagram】https://www.instagram.com

◎レンタカーなし!那覇の女子旅コース1日目(夕方~夜)

1. 桜坂劇場

沖縄 桜坂劇場Photo by 齋藤あかね

那覇市の桜坂通りにある趣ある映画館。ミニシアター向きの作品を主に上映しており、どんな映画があるのかラインナップをチェックするだけでもなんだか得した気分に。

気になる映画があればチェックしておいて「沖縄旅行で映画を観る」なんてのも粋。イベントやライブなども行っています。

館内にはカフェ(オープンテラスあり)があり、その他雑誌、古本、沖縄音楽CD、雑貨なども独自のセレクトで展開。気軽に立ち寄ることができる沖縄文化に関する案内所のような空間です。

【住所】沖縄県那覇市牧志3-6-10
【アクセス】国際通りから徒歩2分
【営業日】年中無休
【電話番号】098-860-9555
【公式サイト】http://sakura-zaka.com

2. 桜坂界わい巡り~Bar ECAQI(エカキ)

沖縄 エカキ
Photo by Bar ECAQI

外から見ると初心者はなかなか入る勇気がおきない難易度がかなり高い「Bar ECAQI(エカキ)」。

しかし女性ひとり客の姿もちらほらあるのでご安心を。

名前の由来はマスターが絵を描いていることから。店内はアートで不思議な世界が広がり、フォトジェニックです。

実はこちらの料理は「バーの料理と侮ることなかれ!」というおいしさです。マスター曰く「キッチンバー」とのこと。

また珍しいビールやカクテルなどが揃い、お酒好きな方にももちろんおすすめの場所です。

バー周辺は通称「桜坂(さくらざか)」と呼ばれ、バーやスナックがたくさんあるエリア。夜も遅くまで開いているので、桜坂を数軒巡った後、おなかがすいた頃に訪れるのも◎。

【住所】      沖縄県那覇市牧志3-2-33
【アクセス】国際通りから徒歩2分
【営業日】   不定休、18:30~2:30
【電話番号】090-4022-6215
【公式Facebook】https://www.facebook.com

3. つけ麺 SAKURA(さくら)

沖縄 つけ麺SAKURAPhoto by 齋藤あかね
通称「桜坂」と呼ばれるバーやスナックエリアのシメはこちらで。

入り口のドアが小さく中の様子が見えないので、こちらも少々入るのに勇気が必要かもしれません。おすすめはなんといってもつけ麺。

魚介の旨みたっぷり、油こってりのつけ汁とぷりぷり麺が相性抜群です。箸休めにはゴーヤーをシャキシャキと。

カウンターもあり、女性ひとり客でも心配いりません。ぜひサイズは大盛りで。

【住所】  沖縄県那覇市牧志3-9-27
【アクセス】国際通りから桜坂中通りを徒歩1分
【営業日】 定休日なし、月~土曜日18:00~4:00・日曜日18:00~2:00(翌月曜日が祝日の場合は~4:00)
【公式サイト】http://musashiya.sakuraweb.com

2日目のプランへ>>>

齋藤あかね
約10年前に初めて訪れた沖縄にそのまま移り住む。那覇牧志公設市場そばのアパートで9年ほど観光系企業に勤めながら過ごし、その後県北へ。現在は自然の中で犬との生活を工夫しながら楽しむ。ヨーガと薬草を勉強中。ブログはこちら
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で