在住者からニューヨークでのブロードウェイの楽しみ方を紹介

ゆか

トラベルライター

シェアありがとうございます

photo by Diego Torres Silvestre 

ニューヨークといえばブロードウェイ!

これを目的に世界中からニューヨークに来る方も本当に多くいます。

ニューヨークは演劇が凄く有名で、俳優になりたい方や将来有名になりたいという希望を持った方が集まる場所なので刺激をもらえる場所です。

そんな本場のニューヨークで、「ブロードウェイの楽しみ方」と「人気のブロードウェイショー」を紹介します!

ブロードウェイとは何か。

browdway show

photo by Susan 

ブロードウェイとは、マンハッタンを南北に通る道の名前から来ています。

その通り辺りに昔から劇場が集まっている事から、今ではブロードウェイはミュージカルの代名詞として人々に知れ渡っています。

特に劇場が多く集まっているのがタイムズスクエア周辺。

タイムズスクエア周辺に足を運ぶと沢山のブロードウェイ劇場の看板が目に入ります。

もう一つブロードウェイの特徴が、500席以上の観客席を持つ大劇場の事です。

マンハッタンには小さな劇場も多くありますが、500席以上無いとブロードウェイ劇場とは言えないそうです。

ちなみに、100席以下の小さい劇場は、オフオフブロードウェイと呼ばれ、100席から499席の規模の劇場をオフブロードウェイと呼びます。

日本でも年によってブロードウェイ劇場が見れますが、ニューヨークに来たら日本では見逃してしまった演劇などを見れます。

ブロードウェイの価格は?

us dollar

photo by bark 

500席以上の大型劇場の、ブロードウェイのチケット価格は100ドル前後が通常です。

人気がある劇場だったり席で価格の変動はあるので、200ドル近く行くこともあります。

100~499席の中型劇場であるオフブロードウェイは席によって変動はありますが、一番いい席でも80ドルなどで購入できることが多いです。

遠くの安い席だと20ドル前後で買える事があります。

100席以下の小型劇場のオフオフブロードウェイはやはり劇場の内容によって変わりますが、安い劇場でのチケットは30~40ドルで買えることが多いです。

ただ小さい劇場だから見たいという人も少なくないことから、劇場によっては異常に高いチケットを売っていることもあります。

チケットはどのように手に入れるのか。

broadway ticket

photo by Dushan Hanuska 

チケットは事前にインターネットなどで購入するのが一番おすすめです。

人気のブロードウェイショーは、当日に買おうとするといい席が取れなかったり全て売り切れになってしまう可能性もあるからです。

でも旅行中にいきなり見たくなった場合でも大丈夫です。当日購入できる場所があります。

購入方法について紹介していきます。

事前に行きたい劇場の公式ホームページからの購入

まずブロードウェイを見たいとなると調べるのがどんな劇場がマンハッタンでやっているかということだと思います。

自分の見たいものがわかったら劇場のホームページに行きましょう。

日本語訳になる際ともありますが、ほぼほぼ英語のサイトになっています。

各劇場の公式のホームページなので信用出来て買うことができます。購入出来たらメールが来るのでそのメールを大切に当日まで保管しておきます。

当日劇が始まる前にその劇場に行きメールで送られた内容や番号をチケットカウンターの人に見せるとチケットが貰うことができます。

時間になるとそのチケットを使えるので、入場できる時間を聞いておきましょう。

日本語のサイトでチケットを調べてみる

あっとニューヨークというサイトは、英語が不安な方向けの日本語ブロードウェイチケット購入サイトです。

このサイトをあらかじめチケットを購入し、当日劇場に出向けばいいだけなのでとても楽です。

日本語のサイトでチケットを購入してもいいですが、手数料がかかる場合が多いので自分で英語のサイトからやったほうがお得です。

鑑賞の当日に劇場に行く

いきなりブロードウェイ劇場を見たくなったという方向けに、当日購入できる方法もあります。

見に行きたい日に、その劇場に直接出向くことで確実にチケットを購入できます。

正規の値段なので割引には一切なりませんが、人気なブロードウェイなどは特に直接その劇場に出向いたほうがチケットを撮れる確率が上がります。

劇場のドアを開けるとすぐにチケットカウンターがあります。劇場の時間にならなくても常に人がいますので当日のチケットがあるか聞いてみてください。

もし上映時間がわからなかったらきちんと聞きましょう。言わなければ適当な時間のものを渡されれることもありますのできちんと自分が見たい時間と席を伝えてから購入することをお勧めします。

TKTSで当日券を割引価格で購入

TKTSというのは、タイムズスクエアに位置している当日券を割引価格で買える場所です。半額ほどになっているので凄くお得ですが、長時間並びます。

特に寒い時期にニューヨークを観光する方にはこの並ぶ時間はとても大変かもしれません。人気シーズンになると平気で1~2時間並ぶこともあるので、限られた時間の観光者にも向いていないです。

購入の仕方は、電光掲示板があるのでそれを見て現在割引されているチケットで自分欲しいものがあったら並びます。

夜の部は通常15時から販売されますので、それ以前に夜の部のチケットが欲しいというと列から省かれますので気を付けてください。

カウンターでは見たい時間の劇場と劇場名、人数を言えばいいだけでチケットがもらえます。

Broadway.comで購入する

これはインターネットから事前に購入する方法で、サイトは英語です。おすすめの理由は、なんといっても検索しやすく購入するのが簡単な点にあります。

英語だと躊躇するのが多いですが、このサイトはFIND BY DATEで劇場タイトルと日付を入れて、出てきた劇場の時間をクリックするだけで購入画面に移ります。

席をあらかじめ選べますし、各席によっての金額も見やすく表示されます。

購入した後のメールは当日まで大事にしておきましょう。

ブロードウェイを楽しむ上でのマナー

formal

photo by kenji ross

ブロードウェイでは特にドレスコードはありません。でも沢山の方が綺麗に着飾って見に来るのでドレスアップするのはお勧めです。

飲食は厳禁。飲み物や食べ物は映画館のようにすることは禁止されているので絶対持ち込まないようにしてください。

そして一番気を付けたいのが携帯の電源を切ること。これは暗黙のルールで携帯が鳴ってしまうと不快な目で見られるので絶対ならないように電源を切っておくことをお勧めします。

2018年おすすめブロードウェイ3~1位

第3位 Harry Potter and the Cursed Child

View this post on Instagram

Ben Carlsonさん(@ben_carlson_actor)がシェアした投稿

2018年4月からブロードウェイで上映が始まったハリーポッター。

2016年からイギリスで上映され、そのときは22ものシアター賞を授与しました。

やっとニューヨークのブロードウェイ劇場で見れるということで沢山の人がこの演劇目的で訪れます。

まだ新しいブロードウェイの演劇なのでチケットが入手しにくかったりするかもしれません。

演劇名:Harry Potter and the Cursed Child
施設名:The Lyric Theatre
住所:214 W 43rd St, New York, NY 10036
アクセス方法:Penn Stationから赤ライン①②③のどれかでTimes Sq-42 St Subway Stationで下車。そこから徒歩5分、タイムズスクエアに向かって歩き43stに当たったら左に曲がる。
公式サイト:https://www.harrypottertheplay.com

第2位 Frozen

View this post on Instagram

Frozen the Musicalさん(@frozenbroadway)がシェアした投稿

公式的に上映されるようになったのは2018年の3月なので新しいブロードウェイです。

こちらもディズニーでおなじみの作品で、子供たちに人気なので家族連れで訪れている人が多いです。

内容もほぼ一緒なので、映画を一度見たことがある人は馴染みがあって楽しいです。

ここのブロードウェイシアターであるSt. James Theatreは1710席もあります。それでも週末などは特に満席になりやすいです。

演劇名:Frozen
施設名:St. James Theatre
住所:246 W 44th St, New York, NY 10036
アクセス方法:Penn Stationから赤ライン①②③のどれかでTimes Sq-42 St Subway Stationで下車。そこから徒歩5分、タイムズスクエアに向かって歩き44stに当たったら左に曲がる。
公式サイト:https://frozenthemusical.com/

第1位 The Lion King

lion king

photo by Rob Young

ディズニーの作品であるライオンキングのブロードウェイ劇場は、いつになっても長蛇の列ができていて人気です。

1997年から始まったライオンキングは、1998年には Best MusicalやBest Scenic Design をはじめ様々な賞を獲得しました。

当時はNew Amsterdam Theatreというところで劇を行っていましたが、2006年に現在のMinskoff Theatreに場所を移しています。

始まった当初は、ライオンキングの主人公を演じている役者は29歳だったそうです。

20年以上上映していてその時点で8000回もブロードウェイで演劇を行っているのは本当に歴史があるブロードウェイの一つです。

演劇名:The Lion King
施設名:Minskoff Theatre
住所:200 W. 45th Street New York, NY
アクセス方法:Penn Stationから赤ライン①②③のどれかでTimes Sq-42 St Subway Stationで下車。そこから徒歩5分、タイムズスクエアに向かって歩き45stに当たったら左に曲がるとすぐ。
公式サイト:https://www.lionking.com/tickets

ニューヨークに来たらブロードウェイを見るのは必須!

いかがでしたか?

ニューヨークの観光の名物といえば、一つにブロードウェイです。

ブロードウェイのショーを見ずに日本に帰るなんてもったいない!!

今回はブロードウェイの楽しみ方と、観光客やアメリカ人にも人気のブロードウェイショーも紹介しましたので、是非ニューヨークの観光に来たら見てみてください。

本場のブロードウェイは感動の連続です♪

ニューヨークに行ったら立ち寄りたい!”映え”な写真スポットはこちら!

ニューヨーク州にあるニューヨークシティは世界中の観光客に人気の場所となっています。日本人も、アメリカといえばニューヨークという人が多いです。 小さい街に観光スポットが沢山あり、1度の観光では回り切れないでしょう。

1人旅の前にチェックしたい、ニューヨークのおすすめスポット情報!

一人旅にやさしくニューヨークの各地にホステルやシェアルームなどの滞在場所がありますので、1人で来る際も問題なくホテルを探せることでしょう。 そんなニューヨーク、今回は「一人旅する際に絶対回っておきたい場所7選」を紹介します。

Staywayについて

ホテルや民宿・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

ゆか
国際結婚を機にアメリカ合衆国ボストン在住。中学生の時オーストラリアに行って以来旅が大好きで、現在はアメリカ国内と東南アジアをメインに回っています。将来は色々な都市に住み様々な生活を体験してみることです!
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で