米どころ・新潟のおすすめ観光スポット20選!

Stayway 編集部

トラベルライター

米どころで有名な新潟。

日本酒の名産地であり、海の幸も豊富、冬はスノーリゾートとして活気づくエリアでもあります。

こちらの記事では新潟ならではの絶景スポットやおすすめ建造物をランキング形式でご紹介します。

第20位 新潟市歴史博物館(みなとぴあ)


Photo by 663highland
昔の生活用具など展示しており、実際にさわって体験できるスポットです。

本館のほかに旧銀行支店や旧税関庁舎があり、歴史的建造物も間近に見られます。

・施設情報
【住所】新潟県新潟市中央区柳島町2-10
【電話】025-225-6111
【営業】博物館本館:4月~9月 9:30~18:00 10月~3月 9:30~17:00
【交通】新潟駅万代口バスターミナルより路線バス≪萬代橋ライン-青山方面行≫乗車、6分  「本町」下車乗り換え、徒歩5分、路線バス≪東堀通線-入船営業所行≫「東堀通七番町」から乗車、8分「歴史博物館前」下車すぐ
【駐車場】詳細はこちら
【料金】一般300円 大学・高校生    200円 中学・小学生100円

第19位 新潟ふるさと村


Photo by もけけんぬ
体験教室(そば打ち・キャンドルづくりなど)・チャレンジショップもあるスポットです。

新潟の名産品を販売しているエリアや、四季折々美しい花が咲く畑など多彩な魅力にあふれています。

【住所】新潟県新潟市西区山田230
【電話】025-230-3030
【営業】9:00~17:00(時期により変動あり)
【交通】・お車の場合:黒埼インターから5分。国道8号線沿い、長岡方面へ向かって左手、新潟日報社手前。

・電車の場合:新潟駅前バス乗り場からは、バスをご利用ください。(新潟ふるさと村下車)詳細はこちら
【駐車場】新潟ふるさと村第1駐車場(国道8号線沿い)または第2駐車場(信濃川河川敷)をご利用願います。祝祭日は臨時駐車場を開設します。

【料金】入場無料・体験料金は別途

第18位 月岡温泉

にっぽんの温泉100選ランキングで毎年20位前後に選ばれる名湯。日本を代表する名旅館や湯治を楽しめる宿、プロレスイベントの開催で話題を呼んでいる宿など、個性的な旅館が多いスポットです。

公式サイトはこちら

・基本情報
【住所】新潟県新発田市月岡温泉
【電話】0254-32-3151(観光協会)
【交通】JR豊栄駅-月岡温泉間運行のシャトルバスあり。詳細はこちら

第17位 信濃川ウォーターシャトル


Photo by Najirane-n
新潟市歴史博物館から朱鷺メッセなどを経て、新潟ふるさと村に着く水上バスです。

春には桜を見ながらクルージングできるイベントもあり、人気を呼んでいます。

・基本情報

【住所】新潟市中央区下大川前通二ノ町2230-33 万代橋ビルヂング11階(信濃川ウォーターシャトル株式会社)
【電話】025-227-5200
【営業】運行時間検索はこちら
【交通】各乗り場案内はこちら
【料金】区間により異なります。詳細はこちら

第16位 トキの森公園


Photo by rhodnite
新潟の県鳥・トキを保護・飼育している場所。

大型ケージを設置して野生の環境に近づけることで、トキの生態を観察しやすくなっています。

観察路の窓からすぐ近くでトキを見ることが可能です。

・施設情報

【住所】新潟県佐渡市新穂長畝383-2
【電話】0259-22-4123
【営業】午前8時30分~午後5時(入館締切 午後4時30分)休日:毎週月曜日(3月~11月までは無休)、年末年始
【交通】両津港から 約20分 小木港から 約50分 赤泊港から 約50分 佐渡空港から 約10分 詳細はこちら
【駐車場】あり

【料金】協力費 大人(高校生以上):1人400円 小人(小中学生):1人100円

第15位 マリンピア日本海(新潟市水族館)


Photo byもけけんぬ
新潟地震からの復興・新潟港開港100周年を記念して、作られたスポット。

日本海側では最大級の規模を誇る施設で、約450種20,000もの生物を飼育しています。

アクアラボ体験プログラムも充実していますよ。

・施設情報

【住所】新潟県新潟市中央区西船見町5932-445
【電話】025-222-7500
【営業】午前9時~午後5時 券売最終は閉館30分前 休館日12月29日~1月1日、3月の第1木曜日とその翌日
【交通】高速道・新潟中央ICから県庁・西海岸公園方面へ25分 詳細はこちら
【駐車場】無料

【料金】大人(高校生以上) 1,500円 小人(小・中学生)600円 幼児(4歳から)200円 乳児(3歳まで)無料

第14位 新潟せんべい王国


Photo by uka0310
せんべいの手焼き体験ができる楽しいテーマパークです。

職人さんがせんべいを焼いているところも見学でき、新潟の米菓の歴史についても学べるスポット。

かわいい「ばかうけ稲荷」もあるので、記念にお参りしましょう。

・施設情報

【住所】新潟県新潟市北区新崎2661番地
【電話】025-259-0161
【営業】9:30~17:00
【交通】・お車の場合:新新バイパス 濁川I.Cから車で1分。降りて1つ目の信号を右折

・電車の場合:新潟駅下車、新潟交通路線バス 万代シティバスセンター(1番線)から新潟競馬場行または 新発田営業所行「濁川中学校」下車すぐ

【駐車場】無料
【料金】入場無料ですが、体験料金が別途かかります。こちら

第13位 朱鷺メッセ


Photo by HIRO
ウォーターフロントに位置する複合施設で、1万人収容の展示場やホテルもあり、新潟市のランドマーク的な存在。

現代アートの展示も施設内5ヶ所にされており、存在感を見せています。

・施設情報

【住所】新潟県新潟市中央区万代島6番1号
【電話】025-246-8400
【営業】展望室:通常 8:00~22:00(最終入場 21:30)金曜 8:00~17:00(最終入場 16:30)
※都合により休館する場合がございます。
【交通】・電車の場合:新潟駅→万代口バスターミナル3番線乗り場より新潟交通佐渡汽船系統「朱鷺メッセ・佐渡汽船」線に乗車・「朱鷺メッセ」バス停下車
・お車の場合:新潟バイパス経由約12km 20分
【駐車場】利用施設により料金が異なります。詳細はこちら

第12位 笹川流れ


Photo by Atsushi Morita
約11㎞つづく海岸で、澄んだ青い海と白砂とのコントラストが美しいスポットです。荒波の浸食でできた奇岩や、洞窟など変化にとんだ地形は見ごたえ抜群!

・基本情報

【住所】    新潟県村上市寒川~浜新保
【電話】村上市山北支所 0254-77-3115
【交通】・電車の場合:JR羽越本線「桑川駅」・「今川駅」・「越後寒川駅」より徒歩で5分
・お車の場合:日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」より車で45分
【駐車場】あり

第11位 苗名滝


Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
長野との県境、落差55mの壮麗な滝です。

玄武岩壁からしぶきをあげて水が落ちていく姿は迫力満点!日本の滝百選にも選ばれるほどの大人気観光スポット。

・基本情報

【住所】新潟県妙高市杉野沢
【電話】0255-86-3911
【交通】・お車の場合:上信越自動車道妙高高原ICから県道39号を笹ヶ峰方面に4km走った苗名滝入口を左折、2km 詳細はこちら
・電車の場合:えちごトキめき鉄道 妙高高原駅からタクシーで15分
【駐車場】無料

第10位 白山神社


Photo by もけけんぬ
歴史ある神社で、その創立は10世紀ともいわれます。

男女の仲を結ぶ「縁結びの神」・「家内安全」「商売繁盛」などのご利益があるとされています。

・基本情報

【住所】新潟県新潟市中央区一番堀通町1-1
【電話】025-228-2963
【交通】・電車の場合:新潟駅万代口より15分(路線バス利用)
・お車の場合:新潟バイパス/女池ICより車で10分程度 詳細はこちら
【駐車場】詳細はこちら

第9位 角田岬


Photo by Kuruman
青い海に映える白い灯台が印象的な角田浜。

夏には灯台内部の見学もできるイベントがあります。灯台の中を見て歩ける貴重な経験ができますね。

・基本情報

【住所】新潟県新潟市西蒲区角田浜
【電話】角田浜観光案内所0256-77-2731
【交通】・電車の場合:JR越後線「巻駅」よりバスで30分

・お車の場合:北陸自動車道「巻潟東IC」より車で30分 詳細はこちら
【駐車場】無料

第8位 道の駅阿賀の里


Photo by tail_furry
舟下りで有名なスポットです。日本海側では最大クラスの魚市場もあり、レストランで地産地消の定食も召し上がれます。

・基本情報

【住所】新潟県東蒲原郡阿賀町石間4301
【電話】0254-99-2121
【営業】9:00~17:00
【交通】新潟駅から車で約50分
【駐車場】あり
【料金】舟下りは、大人2.000円 小人1,000円 詳細はこちら

第7位 新発田城


別名「あやめ城」。いわゆる山城ではなく、交通の便を考えて平地に作られたお城。

桜の時期も美しいですが、雪をすっぽりかぶった様子も北国らしく素晴らしいものです。

・基本情報

【住所】新潟県新発田市大手町6丁目
【電話】新発田市役所生涯学習課 0254(22)9534
【営業】開門時間 午前9時~午後5時(11月のみ午後4時30分閉門) 開門期間 4月~11月
【交通】・お車の場合:日本海東北自動車道 聖籠新発田ICより車で10分
・電車の場合:JR白新線・羽越本線新発田駅より徒歩約20分
【駐車場】無料
【料金】無料

第6位 瓢湖


Photo by けんち
白鳥の飛来地として全国的に有名な湖。

日本初白鳥の餌付けに成功して、国の天然記念物に指定されました。

毎年10月に第一陣が飛来し、3月下旬まで滞在します。多いときは5,000羽の白鳥がやって来るはずせないスポットです。

・基本情報

【住所】新潟県阿賀野市水原313-1
【電話】阿賀野市商工観光課0250-62-2510、阿賀野市公園管理事務所0250-62-2690
【交通】・電車の場合:JR羽越本線「水原駅」より徒歩で30分またはタクシーで5分
・お車の場合:磐越自動車道「新津IC」より車で15分
【駐車場】あり

第5位 越後湯沢温泉


Photo byあばさー
「東京からわずか70分で行ける雪国」がコンセプト。

スノーリゾートとして有名ですが、温泉街も繁栄しています。リゾートホテルから昔ながらの旅館、ロッジやペンションなどさまざまな宿泊施設があります。

・基本情報

【住所】新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2431-1
【電話】025-785-5353(越後湯沢温泉観光協会)
【交通】・電車の場合:JR東京駅から上越新幹線約1時間10分
・お車の場合:新潟~湯沢間(131km)約1時間30分 詳細はこちら

第4位 万代シティ


Photo by Koba20
ファッション・グルメ・映画も楽しめるショッピングセンターです。新潟駅から近いのでアクセスもよく、さまざまなイベントも開催しています。

・施設情報

【住所】新潟県新潟市中央区万代1-6-1
【電話】(025)246-6424
【営業】店により異なります。
【交通】・お車の場合:北陸自動車道・新潟中央ICより約18分。日本海東北自動車道・新潟亀田ICより約15分。
・電車の場合:JR新潟駅下車 万代口より徒歩約10分
【駐車場】30分ごとに220円 詳細はこちら

第3位 親不知海岸


Photo by textex
糸魚川市の西端、崖のつづくエリア。

断崖に沿って狭い海岸があり、古くから交通の難所で知られます。

名前の由来は、あまりにも危険な場所で、親子ともお互いをかえりみることができないからとされています。(諸説あり)

・基本情報

【住所】新潟県糸魚川市大字市振(親不知コミュニティロード)
【電話】糸魚川市観光案内所025-553-1785
【交通】親不知ICから車で3分・糸魚川ICから車で30分
【駐車場】あり

第2位 萬代橋


Photo by DAI-nk
美しいアーチを描いた重厚感のある橋で、1964年の震災も乗り越えて今でも新潟市のシンボルとして市民から親しまれています。

一代目は明治19年に作られ、現在のものは三代目になります。

・基本情報

【住所】新潟県新潟市中央区
【電話】新潟国道事務所025-244-2159
【交通】・電車の場合:新潟駅万代口より徒歩で約15分
・お車の場合:北陸自動車道「新潟西IC」または磐越自動車道「新潟中央IC」より車で約15分
【駐車場】周辺に有料あり 詳細はこちら

第1位 たらい舟

佐渡島の名物ともいえるのが、この「たらい舟」でしょう。

女性の船頭さんもついてくれますが、自分で漕いでみることも可能です。旅の記念にぜひ乗船してみませんか?

・基本情報
【住所】新潟県佐渡市小木町184
【電話】0259-86-3153
【営業】8:20~17:00 (季節により異なります。通年営業)
【交通】佐渡汽船より車で1分、徒歩で4分
【料金】たらい舟は大人500円・小人300円。観光船(団体のみ)・モーターボートも運航しています。詳細はこちら
【駐車場】無料

魅力いっぱいのエリア・新潟!

ご紹介した通り、新潟は美味しい魚介類も堪能できますが、ラーメンの名店も多数!

ぜひ旅行の際にはグルメも味わってみてくださいね。

Staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか?