在住者が勧める!おしゃれ北欧ファッション10選!

MARIO

トラベルライター

シェアありがとうございます

北欧 ファッションPhoto by Adobestock

H&Mやマリメッコに代表される可愛い北欧ファッションは、日本でも人気です。

それ以外にもローカルなおしゃれな北欧ブランドがじわじわと世界の注目を集めています。

ファッションのメッカは、NYやパリ、ロンドンだけじゃありません。 デザイン性や機能性に優れ、防寒対策にもバッチリな北欧ファッションをご紹介したいと思います。

北欧へ旅行したら是非お店をのぞいてみてください。

第10位 Helly Hansen(ヘリー・ハンセン)

View this post on Instagram

Helly Hansenさん(@hellyhansen)がシェアした投稿

1877年、ノルウェーの港町で生まれたアウトドアブランドで、有名なスキー選手やアスリート達も愛用している国民的スポーツウエアです。 もともと船乗りが寒さや雪、波しぶきや雨に耐えられるように防水コートを作ったのが始まり。 だから防水、防寒アイテムならお任せ! 新素材とテクノロジーを駆使した軽い素材のカラフルな服はタウンユースにもぴったりです。

View this post on Instagram

HELLY HANSEN Japanさん(@helly_hansen_jp)がシェアした投稿

人気は暖かいフリース、レインコート、雨靴など。

メンズ、キッズ、リュックなどの小物も充実しています。

北欧のフィヨルド観光にはここのダウンを買って行く観光客も多いんですよ♩

【住所】Karl Johans gate 3, 0154 Oslo
【アクセス】Oslo中央駅すぐ
【営業日】月〜金曜10:00〜19:00、土曜10:00〜18:00、日曜定休
【公式サイト】https://www.hellyhansen.com

第9位 Acne Studios(アクネ・ストゥディオズ)

View this post on Instagram

makoさん(@_____ma.k.o)がシェアした投稿

高感度なおしゃれさんにお勧めなのがスウェーデン発「アクネ・ストゥディオズ」です。
今、世界で最も知名度のある北欧ブランドではないでしょうか。
パリ・コレクション・ウィークにも参加していて、特にブランドのアイコンとも言えるジーンズは高い評価を受けています。
View this post on Instagram

Acne Studiosさん(@acnestudios)がシェアした投稿

値段は張りますが、良い素材のラグジュアリーな一生モノに出会えます。
普段から活用できそうなマフラーはお勧め♩
写真はノルウェーのオスロにあるショップですが、店内のインテリアがどこも素敵なので是非のぞいてみてください。
すっきりシンプルでモダンなデザインは、北欧らしいミニマリズムを感じます。
【住所】Norrmalmstorg 2, 111 46 Stockholm
【アクセス】バス停Norrmalmstorg駅から徒歩1分
【営業日】月〜金曜10:00〜19:00、土曜11:00〜17:00、日曜12:00〜17:00
【公式サイト】https://www.acnestudios.com/us/en/sale/

第8位 Vimma(ビンマ)

View this post on Instagram

VIMMA /Scandinavian designさん(@vimmacompany)がシェアした投稿

ニットと布はオーガニックコットンを使用というエコロジカルなフィンランドのブランドです。
パターンは、フィンランド人デザイナーと日本人デザイナー島塚恵理さんによって作成されています。
カラフルで都会的な雰囲気の服です。
キュートなTシャツはお土産にもいいですね。
View this post on Instagram

VIMMA /Scandinavian designさん(@vimmacompany)がシェアした投稿

快適で可愛いベビー服も評判ですし、男女兼用で着れるユニセックス・カテゴリーのアイテムも豊富なので、ファミリーでお買い物を楽しめます♩

【住所】Albertinkatu 16, 00120 Helsinki
【アクセス】バス停Merimiehenkatu駅から徒歩1分
【営業日】月・木・日曜定休、火・水曜11:00〜17:00、金曜16:00〜20:00、土曜11:00〜15:00
【公式サイト】https://www.vimmacompany.com

第7位 COS(コス)

View this post on Instagram

Madeleine Öさん(@madeleineoijerson)がシェアした投稿

スウェーデン生まれの「コス」は、アートとデザインにインスパイアされたブランドです。
北欧アパレルH&Mグループに属しており、「H&M」の”お姉さん格”というポジションでしょうか。
H&Mより上質で、価格帯も上です。
View this post on Instagram

COSさん(@cosstores)がシェアした投稿

「H&M」より値段が高いと言っても、物価が高い北欧ではまだまだリーズナブルに気軽に買えるブランドなので人気です。

仕事にもプライベートにも着れる実用的なアイテムが揃っています。
【住所】Biblioteksgatan 3, 111 46 Stockholm
【アクセス】地下鉄Östermalmstorg駅から徒歩2分
【営業日】月〜水曜10:00〜19:00、木・金曜10:00〜20:00、土曜10:00〜19:00、日曜11:00〜17:00
【公式サイト】http://career.cosstores.com/

第6位 H&M

View this post on Instagram

H&Mさん(@hm)がシェアした投稿

スウェーデン発「H&M」は、今のファストファッションの火付け役と言っても過言ではありません。 トレンドを取り入れた洋服が手頃な値段で買えるので、日本でも人気ですよね。 旅先で急に必要になった服や小物を買いに行ける駆込み寺的存在でもあります。北欧では、化粧品やインテリア(H&M HOME)も展開していますよ。

View this post on Instagram

H&Mさん(@hm)がシェアした投稿

【住所】Drottninggatan 56, 111 21 Stockholm
【アクセス】地下鉄Hötorget駅から徒歩6分
【営業日】月〜金曜10:00〜20:00、土曜10:00〜19:00、日曜11:00〜18:00
【公式サイト】https://www2.hm.com/

第5位 Kanken(カンケン)

View this post on Instagram

Fjällräven Kånken Bagsさん(@mykankenbagofficial)がシェアした投稿

森へ行くための、頑丈で、重いものを詰めても背中を痛めないバッグが欲しいという少年の発想から生まれたのが「カンケン」のリュック。 スウェーデンの雄大な自然に触発されて創られたアウトドア・ブランド、フェールラーベンの製品です。 出来るだけウールやコットンといった天然素材を使い、環境への影響を最小限にとどめる努力をしている社会意識の高いブランドです。 この赤い北欧キツネのロゴマークを見かけた方も多いのでは? カラーバリエが豊富で、丈夫で、旅するリュックとしても、カメラバッグとしてもトラベラーに人気です。

View this post on Instagram

mariaさん(@motivatudy)がシェアした投稿

【住所】Kungsgatan 26, 111 35 Stockholm
【アクセス】地下鉄Hötorget駅から徒歩4分
【営業日】月〜金曜10:00〜19:00、土曜10:00〜17:00、日曜12:00〜16:00
【公式サイト】https://www.fjallraven.se

第4位 IIse Jacobsen(イルセ・ヤコブセン)

View this post on Instagram

ILSE JACOBSEN HORNBÆKさん(@ilsejacobsen)がシェアした投稿

ライフスタイル・ブランド「Ilse Jacobsen」は、北欧のファッショナブルな女性を中心に人気があります。
デンマーク北部の美しい海辺の町のイメージがデザインのもとになっています。
お勧めは、おしゃれなレインコートやラバーブーツ。
特にハンドメイドのラバーブーツは、職人さんによる手作業でひとつひとつ丁寧にレースアップのハトメが取り付けられているんですよ。
View this post on Instagram

ILSE JACOBSEN HORNBÆKさん(@ilsejacobsen)がシェアした投稿

ラバー部分も、石油や動物性の原料を一切使用せず天然ラバーを使用。
断熱と保湿効果もあるブーツなので、寒い日もへっちゃらな快適レインブーツです。
【住所】Kronprinsensgade 11, 1114 København
【アクセス】地下鉄Kongens Nytorv駅から徒歩6分
【営業日】月〜土曜8:00〜18:00、日曜定休
【公式サイト】https://www.ilsejacobsen.com/

ベスト3は次ページでご紹介!👇

MARIO
北欧在住。大学時代の一時期をアメリカで過ごす。仕事と趣味で台湾、タイ、イギリス、オーストラリア、欧州などを巡る。海外の素敵な場所や人々の考え方・暮らし方を知るべく今も探索中。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で