フィヨルドだけでない!ノルウェー在住者おすすめ観光スポット10選!

MARIO

トラベルライター

シェアありがとうございます

ノルウェー観光 トップ1

Photo by Leo-setä
ノルウェーは、「世界で最も幸せな国」1位に輝いたことのある北欧の国です。

北ヨーロッパのスカンディナビア半島に位置し、国土はほぼ日本と同じ大きさです。豊かな自然と独特な文化を持ち、IT超先進国の顔を持つユニークな国です。

ここでは、見る者を驚愕させるノルウェーの雄大な自然や「世界でここだけ!」というOnly oneの観光スポットをご紹介します!

■時差 8時間
■言語 ノルウェー語
■通貨 ノルウェークローネ
■気候 冬は長く寒さが厳しい。5月〜9月は平均気温20度前後。

10位 ムンク美術館

Photo by Parker Miles Blohm
ノルウェーが生んだ著名な画家エドヴァルド・ムンクの作品が一気に観れます。

ムンクと言えば、5点ある「叫び」のうち1点は、約96億円で落札されたニュースも記憶に新しいところです。

館内にあるカフェでは、ムンクの顔がついたケーキが名物で「インスタ映え」します。また、ミュージアムショップではおしゃれな北欧デザイン雑貨が買えるのでお勧めです。

【住所】Tøyengata 53, 0578 Oslo
【アクセス】地下鉄Tøyen(トイエン)駅から徒歩3分
【営業時間】10:00〜16:00
【公式サイト】https://munchmuseet.no

9位 ガイランゲルフィヨルド

ノルウェー観光 フィヨルド
Photo by TravelingOtter
ガイランゲルフィヨルドは、ノルウェーの西に位置する世界遺産です。世界で最も長く深いフィヨルドで「フィヨルドの真珠」と呼ばれています。

見所は「七姉妹」と「求婚者」という滝。観光船に乗って見上げる滝はダイナミックで圧倒されます。フィヨルドも最高ですが、周辺のハイキングも人気です。

【住所】Fv63 40, 6216 Geiranger
【アクセス】Åndalsnes(オンダルスネス)またはÅlesund(オースレン)からバスで約3時間。Hellesylt(ヘルシルト)からフェリーで1時間弱
【営業時間】基本的に定まってはいませんが、クルーズは以下に問い合わせてください
【公式サイト】https://www.geirangerfjord.no

8位 ロロス(レーロス)

ノルウェー観光 ロロスツイード
Photo by pekuas
ユネスコの世界遺産に登録されている伝統工芸の町ロロス(レーロスと表記してある場合もあり)は、ノルウェー中部に位置する中世の面影を残す町です。

街並みや教会、農家の母屋など素朴で可愛らしい建物は散歩しているだけで見る者の心をトキメかせます。

ここで有名なのは「ロロスツイード」と呼ばれるブランケット。

100%ピュアウールで、とても暖かく、「家庭に一台」ならぬノルウェー人家庭に必ず一枚はある国民的愛用品です。他にもノルディック柄の手編みアイテムなど手作りものがたくさん!

【住所】Malmplassen, Lorentz Lossius Gata 45, 7374
【アクセス】オスロ中央駅から電車で約5時間。飛行機で約1時間弱
【営業日】ロロス美術館の場合は10:00〜15:00
【公式サイト】ロロス美術館 https://rorosmuseet.no

7位 アストルップ・ファーンリ現代美術館

ノルウェー観光 アストルップファーリ美術館
Photo by George Rex
ノルウェーは、ダイナミックな自然ばかりが観光スポットではありません。建設バブルに沸く首都オスロの北欧建築も魅力です。

この美術館は人気のウォーターフロントにあり、船の帆のように見えるよう設計されたモダンな建物です。

オープニングには村上隆の展覧会も行われ、展示されている作品群がどれも斬新で魅力的です。

隣接しているカフェで、庭のアートオブジェ(触れます!)と戯れながら、美味しいノルウェーコーヒーで一服がお勧めです。

【住所】Strandpromenaden 2, 0252 Oslo
【アクセス】トラムAker Brygge(アーケブリュッゲ)駅から徒歩7分
【営業日】11:00〜17:00(日によって12:00〜19:00)
【公式サイト】http://www.afmuseet.no

6位 トロムソ

ノルウェーの北に位置するトロムソは、オーロラや白夜を体験するにはベストスポットです。

鯨ウォッチングツアーやスノーモービルなどもでき、さまざまな楽しみ方ができる美しい街です。

お勧めは、Sorrisniva(ソリスニーヴァ)での少数民族サーミ族によるトナカイのそり!

その土地に根ざした伝統と文化を体験できる世界でもここだけ!のアクティビティです。

一面に広がる銀世界でのトナカイぞりは、筆舌に尽くしがたい爽快感です。

【住所】Sorrisniva 20, 9518 Alta
【アクセス】Alta(アルタ)空港からタクシーで30分(時期により個別送迎あり)。問い合わせ必要
【営業時間】8:30〜16:00
【公式サイト】https://sorrisniva.no

5位 オペラハウスとバーコード

ノルウェー観光 オペラハウス

Photo by Carter Hour
首都オスロのBjørvika(ビョルヴィカ)地区は、高層ビルが立ち並ぶ最先端エリアとして注目を浴びています。

ここにあるオペラハウスは、ノルウェーが世界に誇る建築チーム、スノーヘッタによる超近代的建築物です。なんと屋根を人が歩けるのです。

また、オペラハウスの側の「バーコード」は12の高層ビルで成るちょっとした未来型地区。

国際的なビジネスのメッカで毎日10,000人が働いています。

お勧めは、このオペラハウスとバーコードの夜景。北欧のドラマティックな夜空とイルミネーションが幻想的です。

【住所】Kirsten Flagstads Plass 1, 0150 Oslo
【アクセス】オスロ中央駅から徒歩3分
【営業時間】平日10:00〜16:00、 土曜11:00〜17:00
【公式サイト】https://operaen.no

4位 ベルゲン


Photo by Holger Niemann
ベルゲンは、ノルウェーの西海岸に位置し、かつてドイツ商人が往き来し貿易で繁栄した街です。世界遺産に登録されているブリッゲン地区は、その当時栄えた商館が立ち並び風情があります。

お勧めは、魚市場! 新鮮なシーフード、ベルゲン名物のバカラオ(干し鱈)は一見ならぬ一食の価値ありです。

【住所】Bryggen, 5003 Bergen
【アクセス】Bergen(ベルゲン)駅から徒歩12分
【営業時間】9:00〜16:00(日曜除く)
【公式サイト】http://stiftelsenbryggen.no

3位 オスロ市庁舎

ノルウェー観光 オスロ市庁舎
Photo by Paul S.
首都オスロにある市庁舎の大ホールは、毎年ノーベル平和賞の授賞式と祝賀会が行われます。世界でここだけ!の唯一無二の場所です。

このホールには欧州最大規模の壁画があり、訪れる者を驚愕させます。

お勧めは、2階にあるムンクの「人生」を飾った間。

イベントのため毎日開放されているわけではないのですが、運が良ければ観ることができます。入場は無料!

【住所】Rådhusplassen 1, 0037 Oslo
【アクセス】Nationaltheatret(ナショナルテアトル)駅から徒歩3分
【営業時間】9:00〜16:00
【公式サイト】https://www.oslo.kommune.no

2位 ロフォーテン諸島

View this post on Instagram

🇳🇴norway.lofoten🇳🇴さん(@norway.lofoten)がシェアした投稿

ロフォーテン諸島は、ノルウェーの北西部に位置し、世界で最も美しい場所のひとつに挙げられています。たくさんの小さな島々が点在し、幻想的な絶景が堪能できます。

ノルウェー人ですら「一度は行ってみたい!」と憧れる観光スポットです。

なんといってもオーロラを見れるチャンスが多いのがここ!

映画「アナと雪の女王」の舞台にもなりました。オーロラは天候にもよるので要チェック。ロフォーテン諸島の玄関口は、スボルベルです。

【住所】Torget, 8300 Svolvær
【アクセス】Harstad/Narvik(ハシュタ・ナルビク)空港からバスで2時間半で玄関口のスボルベル(スボルヴェール)
【営業時間】9:00〜15:00
【公式サイト】ロフォーテン文化センターhttp://lofotenkulturhus.no

1位 ハダンゲルフィヨルド トロルの舌

ノルウェー観光 トロルの舌
Photo by Espen Faugstad
ハダンゲルフィヨルドは、世界で3番目に長いフィヨルドです。

林檎、梅、梨など季節によって一斉に果実が彩る景色は山登りをする人を楽しませます。ここのハイライトは、トロルの舌と呼ばれる断崖絶壁の先端。

柵も何もない非常にスリリングなポイントです。

最近、ここから落ちて死者が出ました。

フィヨルドの眺めは得も言われぬ素晴らしさですが、くれぐれも注意して登りましょう。

【住所】Trolltunga, Odda 5750, Norway
【アクセス】Bergen(ベルゲン)からOdda(オッダ)までバスまたはレンタカーで3時間。そこからバスでトロルの舌の登山口Skjeggedal(シェッゲダル)まで30分。そこから登山で3〜10時間程(人によります)
【営業時間】特に指定はないが、深夜や天候が悪い日は充分な注意が必要です
【公式サイト】https://en.hardangerfjord.com

世界でここだけ!の衝撃スポットが目白押しのノルウェーへ

いかがでしたか?

北欧の雄大かつ神秘的な大自然は、写真だけ見ていても印象的な場所ばかりです。

交通不便な所が多く、そこに辿り着くまでが大変かもしれませんが、だからこそ行きがいもあります!

見がいもあります!

一方、モダンな建築物や歴史ある文化もノルウェー観光の魅力です。

「一生に一度は訪れたい」と世界中の人が願っているこれらの観光スポットをぜひ訪れてみてくださいね。

ノルウェーの首都、オスロの観光情報はこちら! icon-hand-o-down

https://media.stayway.jp/oslo

staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

MARIO
北欧在住。大学時代の一時期をアメリカで過ごす。仕事と趣味で台湾、タイ、イギリス、オーストラリア、欧州などを巡る。海外の素敵な場所や人々の考え方・暮らし方を知るべく今も探索中。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で