サーモンだけじゃない!在住者がお勧めのノルウェー驚愕グルメ10選!

MARIO

トラベルライター

ノルウェーサーモン

北欧ノルウェーの食と言うとまず「サーモン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

漁業大国だけあって日本人に馴染みのあるサーモンはもちろんのこと、新鮮な海鮮が豊富です。

鯨(クジラ)、干し鱈(タラ)、ザリガニ、ニシンなども名物ですし、一方でトナカイやヘラジカ、鹿などジビエ料理が特徴です。

「えっ!」と驚く珍味もあり、さすがエキゾティックな北国、日本ではなかなかお目にかかれない面白い食材がいっぱいです!

“焼く””茹でる”というシンプルな調理法で作られた伝統的な郷土料理と、他国の影響を受け進化を遂げている「新北欧料理」の両方が楽しめるのがノルウェー料理です。

【ノルウェーの基本情報】
▪︎時差 8時間
▪︎言語 ノルウェー語(ほとんどの地域で英語が通じる)
▪︎通貨 ノルウェー・クローネ
▪︎気候 夏は気温20度前後で快適。冬は零下15度前後で暗く寒い。

10位 鯨(クジラ)

ノルウェーグルメ 鯨
Photo by Matt Kern

世界広しと言えども鯨(クジラ)を食するのは日本とノルウェーとアイスランドです。

日本では昔から馴染みの食材で、鯨肉をいただける飲食店も目にしますよね。

ノルウェーでは鯨をステーキにするのが一般的。

スーパーで普通に鯨肉が売られていますが、捕鯨の盛んな北ノルウェーの柔らかく美味しい鯨を是非お試しあれ!

【店名】 Skarven
【住所】 Strandtorget 1Tromsø 9008, Norway
【アクセス】Tromsø空港からバス42番 Nerstranda駅向かい
【営業】月〜土 15:30〜22:30、 日 15:30〜22:00(要確認)
【公式サイト】http://skarven.no/

9位 ヘラジカ

View this post on Instagram

Emma Margret Skådenさん(@emmargret)がシェアした投稿

ノルウェーでは、ヘラジカの肉を焼いてハンバーガーやホットドッグにします。

人参とジャガイモを入れたヘラジカ肉のシチューも家庭で作られます。

クリスマスの時期になると街に食べ物屋さんのスタンドが並ぶのですが、ヘラジカのハンバーガーは人気のファーストフード。

こんなジビエのファーストフードが食べれるのもノルウェーならでは!

【店名】Moskus Grillen
【住所】Kyrkjevegen 1, 2660 Dombås, Norway
【アクセス】バスDombås skyssterminal駅から徒歩2分
【営業】月〜金 8:30〜22:00、土 10:00〜22:00、日 11:00〜22:00
【公式サイト】http://www.moskusgrillen.no/

8位 フォリコル

View this post on Instagram

vera gvardjancicさん(@veragvardjancic)がシェアした投稿

Fårikål(フォリコル)は季節もので、羊肉とキャベツの煮込みのことです。

ノルウェーでは伝統的に秋に羊を食するのですが、寒くなり始めると家庭の食卓に登場することが多くなるのがこの1品。

おもてなし料理としても一般的です。

塩と黒胡椒がきいていてキャベツは柔らかく口の中でとろけます。

【店名】Dovrehallen
【住所】Storgata 22, 0184 Oslo, Norway
【アクセス】オスロ中央駅から徒歩7分
【営業】月火10:00〜0:00、水木10:00〜1:30、金土10:00〜3:30、日12:00〜0:00
【公式サイト】http://www.dovrehallen.no/

7位 羊の頭

View this post on Instagram

Marion Anita Nordgård Dagestadさん(@marionanitadagestad)がシェアした投稿

Smalahoveという羊の頭の料理は、ノルウェーの西Vossという地方に昔から伝わる郷土料理です。

特にクリスマス時期にいただきます。

このグロテスクな見かけにギョッ!としますよね。

羊の頭を塩漬けにして燻製にするなど下準備に手間をかけ、蒸したり、または煮たりして完成します。

ノルウェー人曰く「目が一番美味しい!」とのこと。

9月から10月にかけてVossで開催されるSmalahovesleppetという食祭は、この羊の頭を食べるお祭りですが、首都オスロのレストランでも味わうことができます。
【店名】Engebret Cafe
【住所】1, Bankplassen, 0151 Oslo, Norway
【アクセス】オスロ中央駅から徒歩10分
【営業】月〜金11:30〜23:00、土17:00〜23:00、日休
【公式サイト】https://www.engebret-cafe.no/

6位 フィッシュスープ

View this post on Instagram

Lenaさん(@lenactive)がシェアした投稿

新鮮なシーフードが美味しいノルウェーではフィッシュスープは外せない1品でしょう。

興味深いことに地域によって味付けが微妙に違うのですが、ノルウェーの西ベルゲンのフィッシュスープは格別。

甘エビ、サーモン、人参などが入っていてクリーミーです。

物価の高いノルウェーで比較的リーズナブルな値段で食べられるお店が以下です。

【店名】Fish Me Fishmarket
【住所】Strandkaien 3, 5014 Bergen,Norway
【アクセス】ベルゲン駅から徒歩10分
【営業】月〜土10:00〜22:00、日11:00〜22:00
【公式サイト】http://fishme.no/

5位 コーヒー

ノルウェーグルメ コーヒー

Photo by Bex Walton

コーヒー大国の北欧でブームを牽引するのがノルウェーのコーヒーやバリスタです。

一杯のコーヒーを飲むためにわざわざ飛行機に乗ってやって来るマニアもいるほど、ノルウェーのコーヒーは高品質で美味しいのです。

浅煎りで少々酸味があり飲みやすいのが特徴で、砂糖やミルクなしブラックでいただきます。

ワールド・バリスタ・チャンピオンシップの優勝者であるティム・ウェンデルボー氏のお店は行列ができるほど人気です。

【店名】Tim Wendelboe
【住所】Grüners gate 1, 0552 Oslo, Norway
【アクセス】Olaf Ryes plass駅から徒歩3分
【営業】月〜金8:30〜18:00、土日11:00〜17:00
【公式サイト】https://www.timwendelboe.no/

4位 鱈(タラ)

ノルウェーグルメ 鱈2Photo by Tu

北ノルウェーは鱈漁のメッカです。

世界で最も美しい場所のひとつと言われているロフォーテン諸島では特に新鮮な鱈がいただけます。

身が引き締まってぷりぷりの鱈は、ソテーにしたり、塩漬け、揚げ物、スープなどにも。

塩味がきいていて旨味成分がたっぷり!素材の良さが光る料理です。

ここに紹介するお店はちょっと不便な場所にあります。訪れる場合は必ず確認をしてからにしてくださいね。

【店名】Maren Anna
【住所】Sørvågen 8392, Norway
【アクセス】バスSørvågen skole駅から徒歩3分
【営業】月〜日17:00〜22:00(時期によるので要確認)
【公式サイト】http://www.marenanna.com

3位 ザリガニ

View this post on Instagram

Svein Vinofil Lindinさん(@vinofil)がシェアした投稿


スウェーデン発祥で北欧全体に広がった名物、ザリガニパーティ。

夏のノルウェーでも多くの家庭の食卓にザリガニがのぼります。

普通にスーパーで売っており、シンプルに塩茹でしたものを食します。

口の中でとろけるザリガニは、北欧で是非堪能していただきたい珍味です。

【店名】Sorgenfri
【住所】 Bryggetorget 4, 0250 Oslo, Norway
【アクセス】Aker brygge駅から徒歩3分
【営業】月〜土11:00〜22:00、日12:00〜18:00
【公式サイト】https://www.cafesorgenfri.no/

2位 トナカイ

ノルウェー グルメ トナカイ
Photo by Jacob Bøtter

トナカイ料理はノルウェーではご馳走です。

狩猟が盛んなこの国ならではのジビエで、結婚式や洗礼式、パーティなどフォーマルなシーンに登場するちょっと贅沢な食材なんです。

脂肪分が少なく健康にも良いということで重宝されています。

淡白で柔らかく、多少ワイルドな風味がありブラウンソースなどをかけていただきます。

珍味好きにはとっておきの料理です!

【店名】Louise Restaurant & Bar
【住所】Stranden 3, 0250 Oslo, Norway
【アクセス】Aker brygge駅から徒歩3分
【営業】月〜土11:00〜23:00、日定休
【公式サイト】https://www.restaurantlouise.no/

1位 サーモン

View this post on Instagram

Boostbox.noさん(@boostbox.no)がシェアした投稿

ノルウェー産の生サーモンを一度でも食べてしまうと病みつきになります。

適度に脂が乗り甘みのあるサーモンは、臭みがなく口の中でとろけます。

サラダやパンの上に乗せてオープンサンドにしたり、サワークリームと一緒にいただくのがノルウェー式です。

焼いてもスープに入れても美味しいサーモン、是非生で味わってみてくださいね!感動です!!

【店名】Tjuvholmen Sjømagasin
【住所】Tjuvholmen allé 14, 0252 Oslo, Norway
【アクセス】Aker brygge駅から徒歩8分
【営業】月〜金11:30〜0:00、土13:00〜0:00、日定休
【公式サイト】https://www.sjomagasinet.no/

一生一度の経験かも!珍味を味わいにノルウェーに行こう!

いかがでしたか?

素朴な味付けで素材をとことん活かしたノルウェーのシンプルな料理の数々は、日本人の味覚にもマッチするものが多いと思います!

中にはギョッとする珍味もあり大変ユニークです。

こんな衝撃グルメが古くから受け継がれてきたのも、極寒の土地では農作物がなかなか育たないため、手元にある最低限の食材を最大限に活かそうとしたノルウェー人の知恵なのです。

他国ではなかなかお目にかかれない面白いノルウェー料理を是非味わってみてください♪

また、ここにご紹介したお店の中には交通不便な場所も含まれています。

バスしか通っていない、またそのバスも30分に1本だったり、積雪の関係で滞ったりということがあります。

ご旅行の際にはどうぞ気をつけてください。

ノルウェー旅行に興味のある方は、こちらの記事をチェック!

「世界で最も幸せな国」1位に輝いたこともある、ノルウェー。豊かな自然と独特な文化を持ち、IT超先進国の顔を持つユニークな国です。ここでは、見る者を驚愕させる雄大な自然や「世界でここだけ!」というOnly oneの観光スポットをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

MARIO
北欧在住。大学時代の一時期をアメリカで過ごす。仕事と趣味で台湾、タイ、イギリス、オーストラリア、欧州などを巡る。海外の素敵な場所や人々の考え方・暮らし方を知るべく今も探索中。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo