【2018】NY在住者が教える!ニューヨークシティの各地区を紹介

ゆか

トラベルライター

シェアありがとうございます

Photo by ゆか
ニューヨークシティといえばマンハッタン。観光スポットもたくさんあり、見所たくさん!

そしてマンハッタンの周辺には色々な地区が集結しており、それぞれの地区の観光スポットもあります。

観光で来た際にはマンハッタンを回るのもいいですが、その近隣の地区もまた異なったユニークさがあり楽しいので回ってみてもらいたいものです。

今回は観光者必見、ニューヨークの地区とそれぞれの有名な観光スポットを紹介してきます。

1. マンハッタン地区(Manhattan)

皆が言っているニューヨーク旅行は大体の場合マンハッタン地区を示しています。マンハッタンは南北に細い地域で、とても高いビルが立ち並んでいます。

マンハッタンはアメリカ人でも夢の土地。こちらに住んでいる人や、会社員はみんな自分のやっていることに誇りをもって堂々と街の中を歩いています。

そんなマンハッタンは一度来たら一生忘れられない場所の一つになるでしょう。

そしてマンハッタンは地図なしでも歩きやすいのです。なぜかというとマンハッタンの通りは基本的に番号を使った通り名になっているからです。

南から北に向かって Stの番号が大きくなっていって、西から東に向かってAveの番号が大きくなっていきます。たまにBrowdwayなどと番号以外の名前が付いた通りもあります。

例えばタイムズスクエアに向かいたいのであれば、w 46stと7th Aveに向かって歩けばいいだけです。

セントラルパーク

photo by Phyllis Buchanan
セントラルパークは実はマンハッタンに位置しています。高層ビルが多いマンハッタン地区に位置しているというと驚く人がいますが、この公園は忙しい都会のオアシスの役割をしています。

昼になると多くの会社員がランチをもって公園に来たり、観光客の憩いの場所になっていたり、散歩やランニングを楽しむ人がいたり凄くのどかでいいところです。

マンハッタンといえばセントラルパークですので観光の際はぜひ立ち寄って下さい。

施設名:Central Park
住所:New York, NY
公式サイト:http://www.centralparknyc.org
アクセス方法:Penn Stationから黄色ラインNかRで5 Avenue Stationで下車。そこから徒歩2分

2. ブルックリン地区(Brooklyn)

ブルックリン地区はマンハッタン地区の隣にあります。ブルックリン地区は古着屋アンティーク用品を扱っているお店が多くあり、若者や各国のバイヤーが集まります。

街に住んでいる若者もアーティストや駆け出しのモデル達やユニークな人たちが沢山住んでいてみんな成功したいという人たちの集いの場な気がします。

暖かい時期になるとアウトドアマーケットが、ブルックリン地区の各地で行われていて町全体が活気で溢れますので観光でニューヨークに来る際はお勧めスポットです!

面白いのが、マンハッタンの間隣に位置しているのに全然街の雰囲気が違うことです。最近は観光スポットとしても人気が出てきていますので、是非寄ってみてください。

Brooklyn Bridge

photo by Mike Sinko
Brooklyn Bridgeはマンハッタン地区からでも見れますが、絶対おすすめするのはブルックリン地区からの眺めです。

日中は写真を撮るのに最適ですが、夜日が沈んだ後のBrooklyn Bridgeとマンハッタン地区の景色は一生忘れられません。

Brooklyn Bridgeを歩くこともできます。気を付けたいのが歩行者エリアに自転車も走っています。自転車がものすごいスピードで走り抜けていくので歩行者と自転車の事故が多発しています。

橋を歩く際はなるべく端を歩くことをお勧めします。

施設名:Brooklyn Bridge
住所:Brooklyn Bridge, New York, NY 10038
公式サイト:nyc.gov
アクセス方法:Penn Stationから赤ライン②か③でClark Street Subway Stationで下車。そこから徒歩7分

3. クイーンズ地区(Queens)

マンハッタンの東側、ブルックリンの北側に位置するクイーンズ地区。観光者にはなじみがないかもしれませんが、ニューヨークにお仕事や学校がある人はマンハッタンよりも断然家賃や物価が安いクイーンズ地区を選びます。

マンハッタンのように街がごみごみしておらず、住宅地になっているので学校もたくさんありますし、安いアパートもたくさんあります。

実はニューヨークに来る際使う大きな国際空港のうちの一つ、JFK空港がクイーンズ地区にあります。

観光ではなかなか来ないかもしれませんが、現地の人の生活を肌で感じることができるので、ニューヨークシティの人たちの生活を見たいのでしたらクイーンズ地区がおすすめです。

Queens Center

photo by Bert Kaufmann
クイーンズ地区は観光者にとっては何もないといわれ続けていますが、街も比較的安全でのどかです。

そんなのどかなクイーンズ地区への観光者必見はショッピングモール。こちらのショッピングモールはとても広く、マンハッタンまで出向かなくても何でもそろってしまいます。

モールには多くの有名ブランドがあり、リーズナブルな価格のブランドももちろんあります。化粧品ストアやフードコートもありますし本当に広くて一日過ごせます。

マンハッタンだと各お店が点々としていて移動するだけで疲れて時間を使ってしまうので、一度に色々なものを見たいのでしたらやはりQueens Centerはおすすめです。

施設名:Queens Center
住所:90-15 Queens Blvd, Elmhurst, NY 11373
公式サイト:shopqueenscenter.com
アクセス方法:Penn Stationから歩いて4分の所にある34 St-Herald Sqから黄色ラインRを使って、woodhaven blvd で下車。そこから徒歩3分

4. ブロンクス地区(Bronx)

ブロンクス地区はここ何年かで大分治安が良くなりましたし、観光客も増えてきています。ブロンクスは何といっても昔のニューヨークの雰囲気が味わえること。

レストランや街の雰囲気は本当に当時のニューヨークを物語っていて、ギャングの街と言われていたのが行ってみると少しわかる気がします。

治安はよくなってきたとはいえまだ安定はしていません。危険地帯などもあるので行く際はきちんと下調べをしていってください。

Yankee Stadium

photo by Shinya Suzuki
ニューヨークのベースボールチーム、ヤンキースのスタジアムがあるブロンクス地区。試合があるたびにこの周辺は大変盛り上がりを見せます。

スタジアム周辺にはレストランやバー、お土産屋が沢山あり観光には飽きないでしょう。

とても遠くの席か見にくい席かと思いますが、安いチケットは$20台もあるのでブロンクス地区に行くついでに是非ヤンキースタジアムにも来てみてください!

施設名:Yankee Stadium
住所:1 E 161st St, Bronx, NY 10451
公式サイト:newyork.yankees.mlb.com
アクセス方法:Penn Stationから歩いて4分の所にある34 St-Herald Sqから赤色ラインDを使って、161 Street – Yankee Stadium Stationで下車。そこから徒歩1分

5. スタテンアイランド地区(Staten Island)

マンハッタンの南部に位置するスタテンアイランド。ここはニュージャージー州を勘違いする人もアメリカ人でも多いですが実はまだにニューヨーク州の一部。

住宅地エリアでマンハッタンの隣とは思えないほど静かな地域です。

観光客でスタテンアイランド目指してくる人は少ないかと思いますが、マンハッタンの下部であるLower Manhattanからスタテンアイランド行きフェリーに乗ると自由の女神を通るので、自由の女神を見たい人にはお勧めです。

スタテンアイランド動物園

photo by ScubaBear68
スタテンアイランド動物園の動物たちは比較的に小さめの動物が集まります。

ニューヨーク在住の人が子供を連れて行くので休日は、小さな動物園ながら盛り上がりを見せます。

暖かい時期は子供向けのイベントも開催されています。

動物園だけでなく一部が水族館になっているので一度に楽しめます。

施設名:Staten Island zoo
住所:614 Broadway, Staten Island, NY 10310
公式サイト:statenislandzoo.org
アクセス方法:Penn Stationから赤色ライン②か③を使いPark Plで下車。そこから歩いて2分の所にあるBroadway/murray StからSIM1Cを使いHylan Bl/clove Rdで下車。降りたところからS53に乗り、Broadway/colonial Ctまでいく。そこから徒歩2分。

6. ニューヨークシティの地区を把握して楽しもう

いかがでしたか?

殆どの観光者が言っているニューヨークとはマンハッタンの事であるということはお判りいただけましたか?

マンハッタンは本当に素晴らしい街ですが、せっかくニューヨークに来たからにはほかの地域も回ってみたいところ。

マンハッタンに隣接しているにもかかわらず、街の雰囲気がガラッと変わったり、人の雰囲気も全く違うことに気づくでしょう。

地域によって楽しみ方も違うので、ニューヨークシティの地区区分をよく知って観光を楽しみましょう!

NYの夜景を満喫!✨

ニューヨークは東海岸に位置する、グルメやファッション、アート、エンタメ、ビジネスどこをとっても世界最先端を体感できる刺激的な街。そんなニューヨークのおすすめ夜景ベスト8をご紹介します!

NY観光前に要チェック♪

冬は日本より寒くなり長い間コートが手放せなくなります。年間の気温差は50~60度近く違います。 今回は観光したい街トップに輝く「ニューヨークの気温とそれぞれの服装」について紹介します。

Staywayについて

ホテルや民宿・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

ゆか
国際結婚を機にアメリカ合衆国ボストン在住。中学生の時オーストラリアに行って以来旅が大好きで、現在はアメリカ国内と東南アジアをメインに回っています。将来は色々な都市に住み様々な生活を体験してみることです!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で