ベトナム・ニャチャンへの行き方は?天気・ベストシーズンを解説!

向日葵猫

トラベルライター

ニャチャン ロータリー

Photo by 向日葵猫

ニャチャンはベトナム南部にあるカインホア省の省都で、面積は約251㎢です。

気候は雨季(9月~2月)と乾季(3月~8月)に分かれており、海に面している都市のため暑くても猛暑になりにくいのが特徴です。

このエリアは避暑地やリゾート地として足を運ばれることが多く、青々としたビーチで有名で人気のエリアです。そのため、ビーチで泳いだり、シュノーケリングやダイビングを楽しむのにはおすすめの場所です。

ビーチだけでなく、沢山のマッドスパやレジャーランドもありますので、女子旅にも家族旅行にもピッタリな観光都市です。

アクセス方法

■時差2時間
■言語ベトナム語
■通貨ベトナムドン
■気候ニャチャンは1年中温暖な気候だが、ホーチミンほど暑くはなく避暑地として有名である。季節は乾季(3月~8月)と雨季(9月~2月)の2つに分かれる。

日本からの行き方

日本から行く場合は直行便はなく、ホーチミンやハノイなどのベトナムの主要都市を経由してニャチャンへ向かうことになります。

おすすめの航空会社はベトナム航空で、この会社は便によって日本航空(JAL)や全日空(ANA)とコードシェアをして共同運航していますので、安心して利用できます。

もちろん、韓国経由や香港経由で行く方法もありますが、きちんと航空会社の評判を調べたうえで航空券を購入することをお勧めします。ベトジェットという航空会社もありますが、この航空会社は遅延や欠便が多いのであまりお勧めできません。したがって、ベトナム航空の飛行機を利用して行くほうが無難で安全と思われます。

ベトナム国内からの行き方

ベトナム国内から移動するというパターンも少なくないので紹介します。

特にホーチミンやハノイからニャチャンにも足を伸ばしてみるというケースが多いと思いますが、移動手段として飛行機、長距離列車、長距離バスがあります。

スピードを重要視すれば、ダントツで飛行機の方が速く、ホーチミンからは約1時間、ハノイからは約2時間弱でニャチャンに着きます。安価にこだわるのであれば、ホーチミンから長距離バスで移動するのがおすすめです。ホーチミンからニャチャンまでの運賃は約1000円ほどで、所要時間は約11時間です。列車という手段ももちろんありますが、バスと移動時間がそれほど変わらないにもかかわらず、運賃がバスより割高です。

ハノイから移動する場合は、列車やバスだとかなり時間がかかってしまいますので飛行機でニャチャンへ向かうのをお勧めします。

ニャチャンの気候とベストシーズンは?

ニャチャン 景色

Photo by 向日葵猫

ニャチャンの気候は1年中暑いですが、ホーチミンほど暑くはなく、最高気温は32度程度で避暑地として人気になっています。

また、雨季(9月~2月)と乾季(3月~8月)に分かれており、雨季の時期にはバケツをひっくり返したようなにわか雨が降ることが日常茶飯事で、雨宿りをしなければならなくなるほど酷い土砂降りの雨が降ります。乾季の時期は降水量が少なくてにわか雨もめったに降らないので、観光中に足止めを食らうこともありません。

したがって、乾季のシーズンが観光に適していて、特に6月~8月が観光のベストシーズンとなります。また、暑い気候がゆえに室内ではエアコンが効きすぎていることもありますので、意外なことに上着があると便利です。

ニャチャンの治安と防犯対策

ニャチャン 通り

Photo by 向日葵猫

ホーチミンやハノイなどの大都市に比べたらニャチャンはまだまだマイナーなため、治安も主要都市と比べて良好ですが、油断は禁物です。いくら他の都市に比べて治安が良いといえども、スリ・ひったくり・ぼったくりなどの軽犯罪はありますので防犯対策はきちんとしておくに越したことはありません。

スリやひったくり防止のために、「ポケットに貴重品を入れない」、「リュックサックなどカバンの口を閉じられて取られにくいタイプのものを使用する」、「盗難対策用財布などでリスクヘッジをする」といった防犯対策をお勧めします。

また、不正請求の防犯対策として、「安全なタクシー会社を調べておく」、「バイクタクシーやシクロという人力車に乗らないようにする」といったことを肝に銘じておきましょう。また、「知らない人とむやみにかかわったり、ついていったりしない」ことも防犯対策には大事なことです。

他にも色々な防犯対策方法があると思いますが、複数の対策を講じることでより安全に観光を楽しめます。

ニャチャンは楽しみ方が多種多様な穴場スポット

ニャチャン 青いビーチ

Photo by 向日葵猫

ニャチャンはメジャー度ではまだまだ発展途上ですが、魅力的な観光スポットがたくさんあるリゾート地ですので、楽しみ方も多種多様で独りでも複数人でも満喫できます。

寺院、ビーチ、シュノーケリング、ダイビング、マッドスパ、レジャーランド、ナイトマーケットなどがあるこの都市では、観光名所めぐりをするのも良し、ビーチで泳いだりのんびり過ごすのも良し、マリンイベントを楽しむのも良し、マッドスパで泥温泉を楽しむのも良し、レジャーランドで遊んですごすのも良し。色々な過ごし方がありますので、マイナーながらも多種多様なニーズに応えられる魅力を持ったおすすめの穴場的な観光エリアです。

以上、向日葵猫でした。

ニャチャンの観光スポットは?

ニャチャンの観光スポットを知りたい人はこちらの記事を見よう!

ニャチャンはビーチスポットとして有名で、場所によっては見とれるほど綺麗なビーチがあり、シュノーケリングやダイビングも楽しめるマリンリゾートとして親しまれています。他にも魅力的な観光スポットやイベントがたくさんありますので一挙紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

向日葵猫
ベルリン在住のフリーランスライター。海外生活や旅行情報などを中心に執筆しています。元ベトナム在住者で、ホーチミンに3年以上住んでいました。多くのヨーロッパ・アジア諸国を訪問しましたので旅行経験は豊富です。ブログも運営中

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で