アメリカ・ニューヨークで是非訪れたい美術館&博物館10選!

Stayway 編集部

トラベルライター

シェアありがとうございます

ニューヨークは東海岸に位置する、グルメやファッション、アート、エンタメ、ビジネスどこをとっても世界最先端を体感できる刺激的な街。
ハーレム、アップタウン、ミッドタウン、ダウンタウン、ロウアー・マンハッタンなどに別れそれぞれに様々な色と表情があるとっても魅力的な街なんです。

通貨は米ドル。公用語は英語です。

日本との時差は13時間で、冬はマイナス20度近くまで冷え込むためベストシーズンは春ごろになります。

そんなニューヨークのおすすめ美術館&博物館ベスト10をご紹介します!

10位「ナショナル セプテンバー11メモリアル & ミュージアム」

PhotoBYCadiomals
「アメリカ同時多発テロ事件」、2001年9月11日、ワールド・トレード・センターのツインタワーにハイジャックされた飛行機が突っ込むという事件によって、合計で2,977もの尊い命が犠牲となったのを覚えていますか?

そのツインタワーの跡地に、ナショナル・セプテンバー・11 メモリアルが建設されました。

事件当時の写真や映像を見たり、目撃者や体験者の目線で当時の状況を学んだりすることができる、貴重な施設。

きっと当時の悲惨さを目の当たりにして心を打つものがあるはずです。

【営業時間】日曜日から木曜日  :  9:00~20:00、金曜日・土曜日  :  9:00~21:00
【料金】大人 24ドル
13歳から17歳の小人 20ドル
7歳から12歳の小人 15ドル
65歳以上の大人 20ドル
大学生 20ドル
退役軍人 18ドル
【住所】180 Greenwich Street, New York, NY 10007
【アクセス】JFK国際空港から車で40分、公共交通機関で1時間10分
【公式サイト】https://www.911memorial.org

9位「ソロモン・R・グッゲンハイム美術館」

PhotoBYBill Damon
セントラルパークの向かいに位置するグッゲンハイム美術館は、5 番街と 88 丁目の角に位置します。

美術館には、印象派や近代・現代美術を代表するコレクションが所蔵されています。

20 世紀美術や建築に興味のある方にとっては、絶対に訪れたいスポットの一つです。

また、展示物に興味がない方でも併設してあるショップでお買い物ができるのでお勧めです。

【営業時間】日-金 10AM-5:45PM 土 10AM-7:45PM
【料金】大人25ドル、学生・シニア(65+)18ドル、12歳以下無料、土曜日5:45–7:45PM Pay What You Wish
【住所】1071 5th Ave, New York, NY 10128
【アクセス】Madison Av/E 89 St 下車 徒歩1分
【公式サイト】http://www.stjohnscathedral.org.hk

8位「ホイットニー美術館」

PhotoBYCover,
アッパーイーストサイドにあったホイットニー美術館が、2015年5月1日、ダウンタウンのミートパッキング地区に移転新オープンしました。

地下1階、地上8階建ての9フロア、展示会場の面積も4600㎡とこれまでよりも広々としたつくりになっています。

関西国際空港も設計したイタリア人建築家のレンゾ・ピアノ氏で日本人にもなじみが深いです。

ホイットニー美術館では、アメリカ国籍またはアメリカの永住権を持っている今現在も生存しているアーティスト」を中心に作品が展示されており、ホイットニー美術館で展示されている展示物は絵画、彫刻、スケッチ、版画、映像、写真、インスタレーション、ニューメディアアートなど、その時の旬な作品が展示されています。

アメリカンアート専門の美術館として、高い評価の作品が楽しめるだけではなくハドソン川に沈む美しい夕日を眺められるスポットとしても有名な美術館です。

【営業時間】7:00~18:00
【料金】大人一人$22.00、学生$18.00 金曜日午後7時から午後9時30分はPay What You Wish(自分の好きな金額を払う)
【住所】4-8 Garden Rd, Central
【アクセス】地下鉄A/C/E/L線 14丁目(14th Street)駅下車。地下鉄駅を出て、14丁目を9番街にぶつかるまで歩く。9番街で左に曲がり、ガンズボートストリートまで歩く。ガンズボートストリートで右に曲がり、西へ歩く。美術館はガンズボートストリート沿いの北側、ワシントンストリートとの角。徒歩約6分。
【公式サイト】http://whitney.org

7位「クーパー ヒューイットデザイン博物館」

PhotoBYAndrew Carnegie Mansion.
こちらのミュージアムはニューヨークのインテリアや雑貨のデザイン系ミュージアムとして人気が高いです。このミュージアム面白いところは入場時に電子ペンを渡され、気になった作品を記憶させることができます。

入場時のIDを用いてオンラインで作品を見直すことができます。

個性的な作品が多数!

デザイン関係のお仕事をされる方などに特におすすめのミュージアムです。

【営業時間】(日-金)10:00-18:00 (土)10:00-21:00
【料金】大人一人18ドル。オンラインで事前購入すると2ドル割引。 毎週土曜日午後6時から午後9時はPay What You Wish(好きな金額を払って入館できる)。
【住所】2 East 91st Street, New York NY 10128
【アクセス】地下鉄4/5/6線 86丁目(86 Street)駅を下車し、86丁目沿いを西へ、マディソン・アベニュー突き当たりまで歩きます。マディソン・アベニューで右に曲がり、北(アップタウン方向)へ91丁目まで歩きます。91丁目で左に曲がり、西に向かって歩きます。マディソン・アベニューと5番街の間に入口があります。徒歩約10分。
【公式サイト】www.cooperhewitt.org

6位「ブルックリン美術館」

PhotoBYPaladinHero1
ブルックリンミュージアムでは現在ブルックリン出身のアーティスト、バスキアの作品”United”が期間限定で展示されています。

こちらの作品、いったい何かというと今世間で何かと話題のZOZOTOWN社長、前澤社長が123憶円で落札した作品なんですね。

ほかにもブラックアートや個性的な作品を多数抱え個展も頻繁に行われている見どころの多い美術館です。

【営業時間】(12~2月)11~18時、(3~10月)8~18時、土・日曜10時~、(11月)8時~18時30分、土・日曜10時~、木曜11~22時、毎月第1土曜 11~23時(9月以外)
【料金】大人:16USドル、 シニア:10USドル、 団体:10人以上あり シニアは62歳以上、19歳以下無料、学生(要ID)10USドル
【住所】200 Eastern Parkway, Brooklyn
【アクセス】地下鉄2・3線イースタン・パークウェー・ブルックリン・ミュージアム(Eastern Parkway Brooklyn Museum)駅下車すぐ
【公式サイト】http://www.brooklynmuseum.org

5位「ニュー・ミュージアム」

PhotoBYa_hiratsuka
「ニューミュージアム(New Museum)」はその名の通り「新しいアート、新しいアイディア」を提案する美術館です。

MaMAやメトロポリタン美術館に比べると、規模的には圧倒的に小さいです。

有名無名を問わず実験的な作品を積極的に収集・展示し、ニューヨークのアートシーンを刺激する存在であり続けています。

7階のスカイルームのテラスからはマンハッタンの美しい街並みを一望することができます。

【営業時間】 11:00~18:00(木~21:00) 月火休
【料金】入場料は一般で$16。学生は$10、18歳以下は無料で入場できます。
【住所】235 Bowery, New York
【アクセス】Spring Street駅から徒歩5分
【公式サイト】https://www.newmuseum.org/

4位「ニューヨーク市立博物館」

PhotoBY Mark B. Schlemmer
ニューヨーク市立博物館では、移民の歴史はもちろんのことショービジネス、昔のおもちゃとバラエティに富んだ内容を楽しむことができます。ニューヨークの歴史に興味はなくても白黒写真や現代アート風に描かれたニューヨークを通して見る街は新しい発見があるはず。

【営業時間】(月〜日)10:00-18:00 (1/1・11月第4木曜日・12/25のみ休み)
【料金】大人一人$18.00、学生$12.00 19歳以下 無料
【住所】

1220 5th Ave & 103rd Street, New York, NY 10029, USA

【アクセス】地下鉄4番ラインの「103 Street」で下車後、徒歩8分
【公式サイト】https://www.mcny.org/

3位「メトロポリタン美術館」

PhotoBYIshihara Sae
とにかく広いので見るところを決めて入場することをお勧めします。

「メトロポリタン美術館」は、「THE MET(メット)」の愛称で親しまれている人気のミュージアムです。

ヨハネス・フェルメールといった誰もが知る画家の作品から、新規気鋭の現代アートまで見どころがいっぱいですよ!

入場料は希望金額制で、目安としての金額が書かれていますが、もちろん1ドルだけ払っても、目安以上払ってもOKです。

【営業時間】9時30分~17時30分 金曜/土曜 9時30分~21時
【料金】大人:25.00米ドル、 シニア:17.00米ドル、 シニア:65歳以上、大人同伴の12歳未満無料、学生(要ID):12.00米ドル。
【住所】1000 Fifth Ave. At 82Nd Street, New York, NY 10028-0198
【アクセス】地下鉄(4,5,6線) 86TH ST.駅下車、徒歩約10分。
【公式サイト】http://www.metmuseum.org

2位「アメリカ自然史博物館」

PhotoBYkmm_jp
映画『ナイトミュージアム』(Night at the Museum) の舞台としても有名な博物館です。

ニューヨークのセントラルパーク西側のアッパーウエストサイドにある、とても大きな立派なミュージアムで、ニューヨークの人気観光スポットのひとつとなっています。

全部を見るには、丸一日かかると思いますが、飽きる事はないと思います。NYでは必ず行くべき価値のある場所です。

【営業時間】午前10時~午後5時45分
【料金】入館料金 大人:$23 学生・60歳以上:$18 子ども(2歳から12歳):$13
【住所】Central Park West & 79th St, New York, NY 10024
【アクセス】ブルーのC線「50 Street駅」から乗って「81st St-Museum of natural History駅」まで約18分です。
【公式サイト】www.amnh.org

1位 MoMA「ニューヨーク近代美術館」

PhotoBYt-mizo
テレビや本などで一度は見たことがあるゴッホやピカソ、ルソー、シャガールなどのヨーロッパの巨匠から、アンディ・ウォーホール、ジャクソン・ポロック、ジャスパー・ジョーンズなどのアメリカの巨匠まで幅広い作品が現代美術館(MOMA)では展示されているこちらの美術館!

コレクションは日々増えており、1880年代のヨーロッパ芸術から、現代のアートまでを網羅しています。近代美術の殿堂とも言われているMOMA!おすすめです。

【営業時間】10:30~17:30(金曜~20:00)
【料金】25ドル(金曜16:00~無料)
【住所】11 West 53rd StreetNew York City, NY 10019-5401
【アクセス】E,M線 5Ave-53St駅からすぐ
【公式サイト】https://www.moma.org/

ニューヨークの観光情報はこちら! icon-hand-o-down

https://media.stayway.jp/newyork

おすすめホテルまとめました♡ icon-hand-o-down

広大な敷地面積の公園「セントラル・パーク」や年末年始のカウントダウンイベント、野球観戦など目的別にホテルを選ぶことは観光を楽しむためのポイントの一つ!こちらの記事では格安ホテルから観光スポットに徒歩で行くことができるホテルをご紹介します!

staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?