離島好きへ捧ぐ!実際に沖縄を旅した僕が選ぶおすすめの離島ベスト20

新巻 健人

トラベルライター

日本が誇る南の島、沖縄ってどんな所?

今、日本が誇る南の島、沖縄が世界から大注目されているという事実をご存知ですか!?

オリンピックが2020年に東京で開催される、国内のLCC航空会社(ピーチ/バニラ)が沖縄路線に力を入れている、海外から那覇空港への直行便が増えているなどが、きっかけとなり、日本を訪れる外国人観光客は勿論、国内からの観光客も年々増加しています。

統計データによると、2017年(平成29年度)に沖縄県を訪れた訪日観光客数は約957万人にも及ぶそうです。
*平成29年度沖縄県入域観光客統計概況

年間957万人という数字を言われてもパッとしませんが、この数は世界有数のリゾート地であるあのハワイを越す数字です。

この記事は沖縄の離島について詳しく解説しています!!

初めての1人旅、20島の離島を巡る旅!

僕は小さな頃から海と自然が大好きで、いつか日本が誇る沖縄の島々に行ってみたいと憧れていました。

それを実現したのが24歳の夏。

セールの時にこれはチャンス!と思い、沖縄行きの航空券を購入。

ジェットスターで成田から那覇まで片道コミコミ5000円以下と激安価格でした。

新幹線の東京-大阪間の料金が片道15000円前後することを考えたら、LCC航空会社の活躍は本当にありがたいことですよね。

今回の沖縄離島旅はオーストラリア留学時代に出会った沖縄出身の友人を訪れたことがきっかけとなり、気づけば、4ヶ月も沖縄を旅していました。

さて、皆さんは沖縄の離島についてどれくらいご存知でしょうか?

意外と知られていない事実ですが、沖縄には39島の有人島が存在するそうです。

沖縄に住んでいた4ヶ月の間に僕が実際に足を踏み入れたのは約半分の20島!

この記事では体験談も含め、それぞれの離島の特徴を紹介していきます。

実際に訪れた島

浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島、奥竹島、屋我地島、古宇利島、瀬長島、奥武島、久高島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、水納島、宮古島、伊良部島、下地島、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、波照間島、西表島

僕が選ぶ沖縄のおすすめの離島ベスト20!

僕の目標は数年以内に沖縄の離島を全制覇することです。

実際に離島巡りをしていた僕が個人的に好きな離島をランキング別に分けてみました。

果たして第1位はどこになるのでしょうか?

それでは、20位から順番に発表します!

第20位・小浜島

竹富島より少し離れている小浜島。

小さな離島ですので、自転車をレンタルすれば3時間程度で島を一周できます。

小浜島にある「はいむるぶし」という高級ホテルは値段は少々お高いですが、カップルやファミリーにおすすめのホテルです。

小浜島の人気スポット!

おすすめスポット①シュガーロード

おすすめスポット②大岳展望台

【アクセス】石垣港離島ターミナルからフェリーで約30分
【料金】大人 片道 1060円 往復 2020円

第19位・浜比嘉島

うるま市にある浜比嘉島。

神様が住んでいる島として有名で県内屈指のパワースポットです。

浜比嘉島に行くまでに海中道路という有名な道を通ります。

浜比嘉島人気のスポット!

おすすめスポット①シルミチュー

おすすめスポット②アマミチューの墓

【アクセス】那覇空港から1時間20分、北谷町から50分

第18位・平安座島

海中道路の先をまっすぐ進むと、辿り着くのが平安座島。

平安座島周辺には複数島があり、ここが島巡りの中継ポイントです。

平安座島の人気のスポット!

おすすめスポット①平安座公園

おすすめスポット②護岸アート

【アクセス】那覇空港から1時間20分、北谷町から50分

第17位・宮城島

平安座島と伊計島の間にある宮城島。

断崖絶壁の果報バンタは大人気のスポットです!

運が良ければここから野生のウミガメを見れるそう。

宮城島の人気のスポット!

おすすめスポット①果報バンタ

おすすめスポット②トンハナビーチ

【アクセス】那覇空港から1時間30分、北谷町から1時間

第16位・瀬底島

元部町から橋を渡ってアクセスできる瀬底島。

写真の後ろに写っているのは伊江島のタッチューという山です。

瀬底島の人気のスポットを紹介!

おすすめスポット①アンチ浜

おすすめスポット②瀬底ビーチ

【アクセス】那覇空港から2時間35分、北谷町から1時間15分

第15位・瀬長島

photo by あばさー

沖縄南部の豊見城市にある瀬長島。

那覇空港の近くにあるので飛行機が常に飛び回っています。

瀬長島のメインはウミカジテラスというリゾートをイメージして作られた商業施設です。

瀬長島の人気スポット!

おすすめスポット①ウミカジテラス

おすすめスポット②Island Magic Senagajima

【アクセス】那覇空港から車で20分、北谷から車で45分

第14位・竹富島

石垣港から10分で着く竹富島。

ここ竹富島には古き良き沖縄の雰囲気が漂っています。

多くの建物は石垣で作られており、沖縄の伝統を感じることができます。

レンタル自転車でも一周できますが、時間に余裕のある方は徒歩でも大丈夫です!

竹富島の人気のスポット!

おすすめスポット①コンドイビーチ

おすすめスポット②西桟橋

【アクセス】石垣港離島ターミナルからフェリーで10分
【料金】大人 片道 600円 往復 1150円

第13位・黒島

黒島といえば牛。

黒島には本当に何もないですが、あえてこの大自然を楽しんで下さい!!

黒島から新城島・パナリ島にツアーで行くのもおすすめです。

新城島は伝説の島と言われていてるらしいので、ネタになると思いはずです!

この島で育てられた牛がやがてステーキになり、皆さんの食卓に並ぶそうです!

こんな大自然で育てられた牛はきっと美味しいはず。

神戸牛になる牛も本当は黒島出身だとか…

黒島の人気のスポット!

おすすめスポット①牛と戯れる

おすすめスポット②離島ツアー

【アクセス】石垣港離島ターミナルからフェリーで30分
【料金】大人 片道 1150円 往復 2190円

第12位・古宇利島

沖縄北部で抜群の知名度を誇る古宇利島。

那覇からは距離があるのでレンタカーをおすすめします。

ハートロックをカップルで一緒に見ると二人とも幸せになるとか…

水泳区域もあるので水着とシュノーケルを持参することをおすすめします。

古宇利島人気のスポット!

おすすめスポット①古宇利大橋

おすすめスポット②ハートロック

古宇利島のおすすめのカフェ情報はこちらから↓

古宇利島(こうりじま)は沖縄本島北部にある小さな島。平成17年に屋我地島との間に古宇利大橋が開通したことで車でアクセス可能な離島になりました!そこでこちらの記事では島を一周しながら楽しめるおすすめのカフェを7つご紹介します。

【アクセス】那覇空港からレンタカーで1時間40分 (高速利用)、北谷からレンタカーで1時間15分

第11位・伊計島

沖縄中部の人気スポットといえば伊計島。

写真の通り沖縄本島でも上位を争うくらいの水の透明度です!

*この写真は勿論加工していません!

伊計島の人気スポット!

おすすめスポット①大泊ビーチ

おすすめスポット②伊計ビーチ

【アクセス】那覇空港からレンタカーで1時間25分 (高速利用)、北谷からレンタカーで1時間

第10位・水納島

クロワッサンアイランドとして知られている水納島。

水に納める島と書いて’みんなじま’と読みます。

ゲストハウスで出会った仲間たちと撮った写真はまさにみんなの水納島!

水納島の人気のスポット!

おすすめスポット①水納ビーチ

おすすめスポット②水納マーメイド・ログハウス

【アクセス】高速船ニューウィングで15分
【料金】大人 片道 900円 往復 1710円

第9位・阿嘉島

慶良間諸島に属する阿嘉島。

渡嘉敷島と座間味島ほど知名度はありませんが、島巡りをするなら訪れたい島の1つ。

運が良ければここで野生のウミガメに出逢えるそうですよ。

レンタル自転車で島内を移動すると便利ですので、おすすめします!

ライフセーバーが常に監視している北浜ビーチですが、潮の流れが速いので注意して下さい!

阿嘉島の人気スポット!

おすすめスポット①北浜ビーチ

おすすめスポット②シロの像

【アクセス】とまりん(那覇)からフェリーで1時間半
【料金】大人 片道 2120円

第8位・久高島

昔から神様住んでいると言われている久高島。

南部の南城市に属しています。

周囲はわずか8キロですので、自転車をレンタルすれば3時間前後で島を一周することができます。

自転車のレンタル料金は時間によって変動しますが大体1日1000円以下とお得です。

沖縄本島からフェリーで約20分でアクセスできる島です!

久高島の人気のスポット!

おすすめスポット①ロマンスロード

おすすめスポット②ウパーマ浜

【アクセス】安座間港から高速船で20分
【料金】大人 片道 760円 往復 1460円

第7位・座間味島

慶良間諸島に属する座間味島。

慶良間諸島といえばケラマブルーの愛称で有名。

近年外国人にも人気で中国人観光客や欧米の観光客で島は賑わっています。

この写真は高月山展望台という場所から撮りました。

朝日も見るスポットとしてもこの展望台は人気ですので朝に強い方は是非!

座間味島で必ず訪れたい古座間味ビーチ

座間味島の人気のスポット!

おすすめスポット①古座間味ビーチ

おすすめスポット②阿真ビーチ

【アクセス】とまりんからフェリーで2時間、高速船で50分
【料金】大人 片道 フェリー 2120円 高速船 3140円

第6位・西表島

島の80%以上がジャングルと言われている西表島。

西表島といえば西表ヤマネコ。

彼らを守るために島の制限スピードは30キロに抑えられているそうですよ。

西表ヤマネコ博物館も面白いので是非足を運んでみて下さい!

photo by Ken Funakoshi

時間がある方はカヤックツアーやトレッキングツアーに参加するのも楽しいですね!

西表島の人気スポット!

おすすめスポット①イダの浜

おすすめスポット②由布島

【アクセス】石垣港離島フェリーターミナルからフェリーで40分(大原港)
【料金】大人 片道 1570円 往復 2980円

第5位・石垣島

宮古島に続いて沖縄の離島で人気を誇っている石垣島です。

石垣島の周りにはフェリーで行ける沢山の離島があるので離島巡りがメインな方は港の近くに宿泊することをおすすめします!

夕焼けも綺麗ですね。

沖縄本島とは違った雰囲気を楽しめると思います。

photo by Nakimusi

石垣島の人気スポット!

おすすめスポット①川平湾

おすすめスポット②野底マーペー

【アクセス】那覇から飛行機で1時間

第4位・宮古島

沖縄の離島とグーグルで調べると必ず上位の方に出てくる宮古島。

フォトジェニックスポットも多数あり若者から支持されている島です。

交流型ゲストハウスに行くならHanahanaゲストハウスをおすすめします!

ほとんどの人が1人旅でしたが、親切なHanahanaのスタッフさんが繋いでくれてみんな友達になりました!

宮古島の人気スポット!

おすすめスポット①わいわいビーチ

おすすめスポット②東平安名崎

【アクセス】石垣島から飛行機で30分、那覇から飛行機で30分

第3位 渡嘉敷島

那覇から高速船でたったの35分で行けるのは慶良間諸島に属する渡嘉敷島(とかしきじま)!

この写真はGoproというアクションカメラで実際に僕が撮影したのですが、どう考えても日本にある風景とは思えません!

まるでハワイのようなこの景色は’阿波連展望台’から見えます。

渡嘉敷島ナンバーワンの絶景スポットですので是非行ってみて下さい。

野生のウミガメと一緒に泳げる’とかしくビーチ’!

ゲストハウスで知り合った仲間たちとここで泳いでいたら1時間で3匹もウミガメを発見してしまいました!

こんな綺麗なビーチですがもちろん入場料はかかりません。

必要なのは水着とシュノーケルセットのみ!

那覇からたったの35分で行ける渡嘉敷島はフェリーで日帰りも可能ですので時間がない方にもおすすめの島です!

【アクセス】とまりん(那覇)からフェリーで70分、高速船で35分
【料金】フェリー 大人 片道 1660円 往復 3160円
高速船 大人 片道 2490円 往復 4740円

第2位 波照間島

石垣島から高速船で約70分で行ける八重山諸島に属する波照間島!

ハテルマブルーという愛称で呼ばれている波照間の美しい海は離島ハンターの僕も感動して涙が出るくらい綺麗でした!

そして、日本最南端に位置する波照間の定番スポットと言えばここ。

‘日本最南端の碑’です!

1972年に祖国復帰を記念して設立された日本最南端の碑。

この写真の隣には47都道府県から集まられた石が積み重なっている記念碑があります。

戦争で沖縄と内地(日本本土という沖縄特有の表現)がもう離れ離れにならないようにという願いが込められて作られたそうです。

沖縄は綺麗な海だけでは無く、このような悲しい歴史もあるので、訪れる際に歴史や背景を少し勉強して行くとまた違った考え方や発見を得られるかもしれませんね。

波照間というば満点の星空!

人口わずか約500人にも満たない波照間島ですが、静かでゆっくりとした時が流れるこの島で見る星空は最高以外の何でもありません。

コンビニもスーパーもない島ですが、波照間が誇る大自然には絶対に誰しもが感動するはずです!

波照間に行ったらこの綺麗な星空を見て静寂とした時間を楽しんで下さいね。

【アクセス】石垣港からフェリーで1時間半
【料金】大人 片道 3090円 往復 5870円

*高波の場合キャンセルになる確率が高い・激しい揺れを想定して薬の着用をおすすめ

第1位 伊良部島

圧倒的な大自然がある伊良部島(いらぶじま)が堂々の第1位にランクイン!

伊良部島!と言われても大半の人がどこにある離島か分かりませんよね?

沖縄の離島でおそらく一番知名度のある宮古島のすぐ隣にある島が伊良部島です。

この場所は三角点と言われるところで断崖絶壁に面している絶景スポット!

まさにブルーオーシャン!という表現がぴったりな海でした。

なんと、晴れの日にはここから野生のウミガメを観れることが出来るそうで、

実際に僕たちは元気に泳いでいる2匹の野生のウミガメを発見しました。

ここはインスタグラマーの皆さんには絶対に行って欲しいスポットの一つですね。

日本一長い橋として有名な’伊良部大橋’!

3540メートルと圧倒的な長さです。

快晴で青い空に青い海!

初めての光景に本気で感動しました!

こんな綺麗な海を見れるにもかかわらず通行料はなんと無料!

橋ができる以前までは島民はフェリーを使って伊良部島と宮古島を行き来していたそうです。

伊良部大橋が完成された2015年以降、アクセスが格段と良くなり徐々に観光客が増加しているそうです。

沖縄の20島を旅した僕ですが、水の透明度の高さで圧倒的だったのは’17エンド’!

17エンドと言う少し変わった名前のこの場所は下地島空港(下地島)の隣に位置しています。

プールのような信じられないような色をしていますがこれはごく普通の海です(笑)

飛行場の隣でこんな海を見れるのは離島でしかありえませんよね。

【アクセス】宮古島から伊良部大橋を渡る
【料金】伊良部大橋の通行料金は無料

次のページへ!まだまだ記事は続きます!おすすめのゲストハウスと死ぬまでに行きたい100景に選ばれた与論島を紹介!

logo