沖縄観光を一番楽しめる人気観光スポット40選まとめ!

Stayway 編集部

トラベルライター

シェアありがとうございます

route 58photo by Tak

<この記事は3分で読めます>

美しい海と空。

自然豊かで日本国内でありながら、海外のリゾート地に来たかのような気分が味わえる沖縄

心身ともにリフレッシュしたいあなたへ沖縄の人気観光スポットのおすすめをご紹介します。ぜひ家族旅行の際にもご活用ください♪

目次

沖縄県の観光エリアの紹介:北部、中部、南部

Photo by Adobestock

北部エリア

沖縄本島北部は大きくやんばる(国頭村・大宜味村・東村)、本部半島(本部町・今帰仁村)、名護に分けられます。

沖縄といえば北部は大自然がいっぱいのエリアです。北部一帯は「やんばる」と言われ、亜熱帯のジャングルとなっています。

中部エリア

沖縄本島中部は、大きく読谷、北谷・コザ・うるま、宜野湾・浦添・恩納村に分けられます。

アミューズメントパーク、グルメ、ショッピングなどの複合施設であるアメリカンビレッジをはじめ、若者向けの観光スポットが充実しており、おすすめのドライブコースもあります。

南部エリア

沖縄本島南部は大きく那覇や糸満市などに分けられます。

玄関口ということもあり、観光スポットは特に充実しており、何でも揃っているエリアです。

都会的な国際通りでショッピングやグルメを楽しんだり、首里城(世界遺産にも認定された琉球王国時代の王と王妃の墓陵)もあります。

那覇空港から針路は南へ!ビーチ・フォトジェニックスポット・絶景ポイント・隠れ家グルメ・海カフェなど沖縄の魅力全開な沖縄南部女子旅モデルコースのご紹介です。沖縄南部ならではの癒しパワーで心が満ちてくるドライブ旅へ出かけましょう。

離島エリア

石垣島や宮古島などの大変有名な離島だけでなく、家事多くの離島が沖縄に存在します。

こちらの記事に詳細にまとめているので、「沖縄 離島」に興味ある方は、是非チェックしてみてください!

実際に沖縄を4ヶ月間旅した僕が選ぶ沖縄離島ランキングベスト20を紹介します!人生で初めての一人旅でしたが最高の時間を過ごしました!果たして離島ランキング第一位に選ばれるのはどの島なのか!?

第40位・沖縄県平和祈念資料館(本島南部 糸満市)


Photo by Syohei Arai
日本国内で唯一本土決戦のあった土地・沖縄、戦死者も一般市民の数が兵士より多く、尊い命が失われました。

その犠牲を忘れることなく戦争の悲惨さを次世代に伝えようと作られた資料館です。

・施設情報

【住所】沖縄県糸満市字摩文仁614-1番地(沖縄県営平和祈念公園内)
【電話】098-997-3844
【営業】午前9時から午後5時まで。ただし、常設展示室への入室は午後4時30分まで。年末年始休館日 12月29日~1月3日 臨時休館日 特別の事情により知事が休館を必要と認めた日
【交通】①那覇(バスターミナル)⇒ 糸満(バスターミナル)線琉球バス交通・沖縄バス89番糸満線に乗車し、糸満バスターミナルにて下車。②乗り継ぎ/ 糸満(バスターミナル) ⇒ 玉泉洞線 琉球バス交通82番玉泉洞・糸満線に乗車し、平和祈念堂入り口バス停下車後、徒歩5分程度。
【駐車場】無料 県営平和祈念公園の駐車場をご利用ください。
【料金】大人300円 小人150円

第39位・斎場御嶽(本島南部 南城市)

世界文化遺産でもある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は琉球王国最高の聖地でした。

ゆっくりと散策しつつ厳かな気持ちに浸ってみましょう。

・基本情報

【住所】沖縄県南城市知念字久手堅270-1
【電話】098-949-1899
【営業】3月〜10月 9:00~18:00(最終入館17:30)11月〜2月 9:00~17:30(最終入館17:00)休館日・2018年6月14日~6月16日 2018年11月8日~11月10日2019年6月3日~6月5日 2019年10月28日~10月30日※斎場御嶽は聖地としての静寂さを確保し、自然保護の観点から毎年2回旧暦5月1日~3日、旧暦10月1日~3日を休息日とします。
【交通】・路線バスの場合:那覇バスターミナルより38番、斎場御嶽前バス停下車、徒歩約10分
・お車の場合:那覇空港から約50分。沖縄自動車道南風原北ICから約25分
【駐車場】無料
【料金】大人(高校生以上) 300円 小人(小・中学生) 150円

第38位・大石林山(本島北部 国頭村)

#沖縄 #大石林山 #辺野古

@ atom1atomがシェアした投稿 –

奇岩や巨岩など個性的な岩や、亜熱帯の森などさまざまな表情を見せるトレッキングコースです。

老若男女問わず歩きやすいので、家族で楽しむのにもおすすめのスポットです。

・基本情報

【住所】沖縄県国頭郡国頭村字宜名真1241
【電話】0980-41-8117
【営業】4月〜9月9:00〜17:00(18:00閉園)10月〜3月9:00〜16:00(17:30閉園)年中無休
【交通】カーナビの設定MAPCODE: 728 675 895*56 電話番号検索: 0980-41-8117 ※詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】    大人820円 小人520円

第37位・ター滝(本島北部 大宜味村)

豊かな自然を満喫するにはもってこいの場所であるター滝。

滝まで行くときには危険な箇所もあり、小さなお子さんには向いていませんが、そのほかにも川遊びできるところはありますよ。

基本情報

【住所】沖縄県国頭郡大宜味村津波1971−678
【電話】0980-44-3001(大宜味村役場総務課)
【交通】那覇方面から、国道58号線沿いにある「平南橋」(大宜味村津波)を右折し、突き当たると青い看板があるので従い、道なりに進みます。
【駐車場】有料

第36位・石垣島鍾乳洞

【雨の日でも楽しめる石垣島鍾乳洞】 サンゴ礁から生まれたという珍しい鍾乳洞、とても神秘的です。 石垣島は海以外にもたくさんの観光スポットがありますよ! 【Ishigaki Island Stalactite Cave】 This limestone cave is unique and mysterious because it was made of a coral reef. Not only the sea, but also there are many sightseeing spots in Ishigaki island! #石垣島 #ぱいぬ島 #沖縄 #観光 #観光スポット #写真スポット #石垣島鍾乳洞 #鍾乳洞 #神秘的 #サンゴ礁 #珊瑚礁 #ishigaki #painu #okinawa #japan #trip #sightseeing #photospot #limestone #stalactite #cave #mysterious #coral

ぱいぬ島リゾート ~Painu Island Resort~さん(@painu_resort)がシェアした投稿 –

20万年という膨大な歳月をかけて作られた鍾乳洞は、幻想的な美しさ。

雨の日でも楽しめるスポットとしても人気なのだとか。大昔は海底だったという珍しい鍾乳洞です。

基本情報

【住所】沖縄県石垣市石垣1666番地
【電話】0980-83-1550
【営業】■鍾乳洞営業時間 9:00~18:30 (最終入洞受付18:00) ■食堂営業時間 11:00~16:30 (ラストオーダー16:00) ■売店営業時間 9:00~18:00
【交通】石垣市街地から208号線を北に約4km。 石垣市内から車で8分 石垣空港から車で30分
【料金】大人:1,080円 小人: 540円 ※小人は4歳から中学生まで
【駐車場】あり

第35位・ティーヌ浜(本島中部 今帰仁村)

View this post on Instagram

rieさん(@riezuhase)がシェアした投稿

古宇利島にあるビーチで、「ハートロック」で一躍有名になりました。カップルで一緒に行って記念撮影すればますます愛が深まるかもしれませんよ。

・基本情報

【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
【営業】不定
【交通】那覇方面から、許田ICをおりて古宇利島へ。所要時間約40分。
【駐車場】あり(有料)

第34位・古宇利島(今帰仁村)


Photo by Kugel
沖縄本島北部の小さな島で、古宇利島大橋の開通で「車で行ける離島」になりました。

地元の人も絶賛するほど透明度の高い海は、多くの観光客を魅了しています。

シュノーケリングも楽しめるし、レンタサイクルでのんびりと島を見て回るのも素敵です。

・基本情報

【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 古宇利島
【交通】那覇からは、沖縄自動車道、国道58号線を通り、屋我地島を経由し古宇利大橋を渡ります。

第33位・体験王国むら咲むら(本島中部  読谷村)

View this post on Instagram

かめさん(@s.kamed1105)がシェアした投稿

大河ドラマ「琉球の風」のオープンスタジオだったところを活用し、沖縄の料理作りや陶芸などを体験できる楽しい施設です。

・施設情報

【住所】沖縄県中頭郡 読谷村字高志保 1020-1
【電話】098-958-1111
【営業】9時~18時・年中無休
【交通】那覇空港・国道58号線から車でアクセス ※詳細はこちら
【料金】大人600円 中高生500円 小学生400円
【駐車場】無料

【沖縄・宜野湾や読谷村周辺1泊2日】女子におすすめドライブコース・OKINAWA満載♡

沖縄本島中部エリアは沖縄らしい風景あり、美しい海あり、そしてアメリカ式生活&文化ありの場所。旅の新しい発見や出会い、ワクワク感満載のフォトジェニックなエリアでもあります。観光客に人気のアメリカンビレッジ近くにホテルを予約して、沖縄本島中部をたのしめるドライブコースをご紹介します。

第32位・名護パイナップルパーク(本島中部 名護市)

沖縄の名産品であるパイナップルをふんだんに使ったスイーツやワインなどが試食試飲できちゃう施設です。

グルメだけでなく、車に乗って熱帯植物の森を冒険も楽しめますよ!

・施設情報

【住所】沖縄県名護市為又1195
【電話】0980-53-3659
【営業】営業時間    9:00~18:00 最終受付17:30(パイナップル号)(年中無休)
【交通】google地図はこちら
【駐車場】あり(無料)
【料金】    大人(高校生以上)/850円 中学生/600円 子供(小学生)/450円 小学生未満/無料

第31位・東南植物楽園(本島中部 沖縄市)


Photo by HKRMSK
1300種もの植物を鑑賞できるスポットで、小動物に触れ合えるスペース・体験スペースなど、さまざまなエリアから成り立っています。

ヘルシーでおいしいオリジナルのジェラートも人気です。

・施設情報

【住所】沖縄県沖縄市知花2146
【電話】098-939-2555
【営業】時期によって異なります。詳細はこちら
【交通】沖縄自動車道沖縄北IC下りて約5分
【駐車場】無料
【料金】入園料:一般1,500円 高校生1,000円 小中学生500円 6歳未満 無料

第30位・ひめゆり平和祈念資料館(本島南部 糸満市)


Photo by 663highland
第2次世界大戦で、沖縄の陸軍病院に配属された女学生がおり、彼女たちは「ひめゆり学徒隊」と呼ばれました。

残念ながら大勢が若くして命を落とし、そういったむごい戦争を風化させてはいけないという願いを込めて設立された資料館です。

・施設情報

【住所】沖縄県糸満市字伊原671-1
【電話】098-997-2100
【営業】9時~17時30分
【交通】空港から車で30~40分 ※地図の印刷はこちら
【料金】大人310円 高校生210円 小中学生110円
【駐車場】周辺にあり(有料・無料)

第29位・玉陵(本島南部 那覇市)

玉陵 世界遺産 #沖縄 #那覇 #世界遺産 #玉陵 #尚真王 #尚円王 #第二尚氏王統 #陵墓

Osk剛さん(@g.osk)がシェアした投稿 –

世界遺産にも認定された琉球王国時代の王と王妃の墓陵です。

建物は当時の宮殿を模した石造りですが、今見ても荘厳で重々しく一見の価値ありです。

【住所】沖縄県那覇市金城町1-3
【電話】098-885-2861(管理事務所)
【営業】午前9時~午後6時 年中無休
【交通】・ゆいレール首里駅より徒歩約15分・市内線1番・17番、市外線46番
首里城公園入り口バス停下車 徒歩約5分・首里城下町線8番首里城前にて下車 徒歩約1分
・「那覇市内観光周遊バス ゆいゆい号」首里城前下車 徒歩約1分
【駐車場】周辺に有料駐車場あり
【料金】大人300円 小人(中学生以下)150円

第28位・ガンガラーの谷(本島南部 南城市)

数十万年前は鍾乳洞だったところが崩れてできた亜熱帯の森であり、広さは約14500坪、一歩足を踏み入れると、太古の世界に迷い込んでしまったかのようです。

大人も子供も時間を忘れて無心になれますよ。

・基本情報

【住所】沖縄県南城市玉城字前川202番地
【電話】098-948-4192(ツアーで予約制となります。事前にお電話ください)
【営業】9時~18時 年中無休
【交通】那覇空港から車で約30分 沖縄自動車道 南風原南ICで下りて約10分 観光施設「おきなわワールド」 入口向かい。
【駐車場】無料
【料金】大人 2,200円 高校・専門学校・大学生 1,700円

第27位・ネオパークオキナワ(本島中部 名護市)

沖縄の温暖な気候を生かして熱帯地方の動植物を飼育しているスポットです。

しかも放し飼いにしているので、動物と間近に接することができるでしょう。

・施設情報

【住所】沖縄県名護市字名護4607-41
【電話】0980-52-6348
【営業】9時~17時30分 年中無休
【交通】沖縄自動車道【許田IC】より国道58号線を国頭村方面へ約20分 詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】大人660円 中高生330円 4歳~中学生 220円

第26位・Tギャラリア 沖縄 by DFS(本島南部 那覇市)

日本国内なのに免税店といううれしい施設です。

コスメやアクセサリーなど一流ブランドのお店が軒を連ねていますよ。商品の受け取りは那覇空港にするなどの条件はありますが、ブランド好きな方はぜひ立ち寄りましょう!

・施設情報

【住所】沖縄県那覇市おもろまち4-1
【電話】0120-782-460
【営業】9時~21時(金土は22時)
【交通】沖縄ゆいレール・おもろまち駅に直結
【駐車場】無料

第25位・やちむんの里(本島南部 読谷村)

沖縄全島やちむん市の戦利品と、初めてお伺い出来た感動の宮城陶器さん、行ってみたかったmofgmonaさん、立ち寄らずには帰れない やちむんの里、やちむん通り、国際通り石鍵さんよりお迎えした器達😍💕 今回もスーツケースに入るギリギリまで買ってしまいました😳💦素敵な器が多すぎて、夢のような やちむん三昧な2日間✨ 弾丸でしか行けないけれど、最高に充実‼︎大満足‼︎ぎっしり詰まった沖縄旅行でした😍✨ #やちむん #沖縄全島やちむん市 #宮城陶器 #mofgmona #志陶房 #工房マチヒコ #強戸窯 #宮城三成工房 #陶器屋須藤 #諸見里陶工房 #エドメ陶房 #松田共司 #やちむん通り #やちむんの里

Yacchimonさん(@yacchimonmon)がシェアした投稿 –

 「やちむん」とは沖縄の言葉で陶器のこと。存在感とあたたかみがある琉球ならではの陶器を探してみませんか?お土産に買っていっても喜ばれますよ!

・施設情報

【住所】沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1
【電話】098-958-4468
【営業】9時~18時
【交通】沖縄南ICより約30分
【駐車場】あり

第24位・残波岬(本島中部 読谷村)

30mの断崖がおよそ2kmに渡って続く岬であり、その風景は勇壮で圧巻。

沖縄本島では最後に日が沈む場所としてもおなじみのスポットです。

・基本情報

【住所】沖縄県読谷村宇座1861
【電話】098-958-0038
【交通】那覇空港から高速道路利用で約1時間(距離は50キロ)国道58号線伊良皆交差点より車で約15分。
【駐車場】無料

第23位・辺戸岬(本島北部 国頭村)

View this post on Instagram

➳ G ➳さん(@eagle_eyes.g)がシェアした投稿

沖縄本島の最北端の岬で、断崖絶壁に荒波が打ち付ける様子は、迫力満点です。

フォトスポットとしても最適ですが、沖縄本島からはどこからでも長距離のドライブとなるので、時間には余裕を持ってどうぞ。

・基本情報

【住所】沖縄県国頭郡国頭村字辺戸
【電話】0980-41-2101(国頭村役場)
【交通】・お車の場合:沖縄自動車道の北の終点許田ICを下りてから、国道58号線を北上し、約1時間30分。
・路線バスの場合:・那覇バスターミナルから、名護西線(系統20,120番)、名護東選(系統77番)、または高速バス(系統111番)に乗り、「名護バスターミナル」・名護バスターミナルより67番・辺土名線に乗り換え「辺土名バスターミナル」・辺土名村営バス待合所より、国頭村営バス奥線に乗り換えて「辺戸岬」、あるいは「辺戸岬入り口」下車。辺戸岬バス停は、辺戸岬園地内。辺戸岬入り口バス停は国道58号線沿いにあり、辺戸岬へは徒歩約10分
【駐車場】無料

第22位・備瀬のフクギ並木 (本島中部 本部町)

フクギ並木

Yukari Nakaさん(@yukari.naka)がシェアした投稿 –

繁茂するフクギは緑が濃く、その中を歩いているだけでほっこり癒されます。

沖縄ではフクギは防風林として重宝されており、台風の多い沖縄ならではの光景をここでは見ることができます。

・基本情報

【住所】沖縄県本部町備瀬
【交通】・お車の場合:沖縄自動車道 : 許田ICから 車(一般道)で約 50分
・路線バスの場合 : 備瀬入口バス停から 徒歩で約 5分 ※停車バス : 65本部半島(渡久地廻り)線、66番本部半島(今帰仁廻り)線、70線備瀬線
【駐車場】有料・無料ともあり

第21位・座喜味城跡(本島中部 読谷村) 

15世紀に築城家として名をはせた護佐丸が作ったものであり、曲線の美しさが魅力的です。

世界遺産にも認定されており、今も往時の面影を見ることができます。

・基本情報

【住所】沖縄県読谷村字座喜味708-6番地
【電話】098-958-3141
【交通】那覇バスターミナル29番読谷線 座喜味バス停下車 徒歩約15分
【駐車場】無料

第20位・今帰仁城跡(本島中部 今帰仁村)

沖縄本島北部のグスク(御城)で、世界遺産にも認定されています。

歴史は古く起源は13世紀なのだとか。

頑丈な城壁によって敵の侵攻を防いだとされ、その後は祭りをおこなう場所としても利用されました。

・基本情報

【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地
【電話】0980-56-4400
【営業】・通常期間(1~4、9~12月)午前8時~午後6時(最終入場午後5時30分)・夏期延長期間(5~8月)午前8時~午後7時(最終入場午後6時30分)
【交通】    本部循環線やんばる急行バス(那覇空港・那覇市内まで乗り換えなしの急行バス)※今帰仁村字今泊今帰仁城跡入口バス停下車徒歩15分
【駐車場】無料
【料金】大人400円  小中高生300円 小学生未満 無料

第19位・オリオンハッピーパーク(本島中部 名護市)

View this post on Instagram

Shinobu Nagaiさん(@pino_photo770)がシェアした投稿

 オリオンビールができるまでの工程を見学でき、できたての味を堪能できますよ。

・施設情報

【住所】沖縄県名護市東江2-2-1
【電話】0980-54-4103
【営業】9:20~16:40 年末年始休業期間12月31日~1月3日、指定休業日
【交通】那覇空港から沖縄自動車道許田インターを降り、58号線を北へ約10分
【駐車場】無料 ※詳細はこちら
【料金】無料

第18位:北谷サンセットビーチ(本島中部 北谷町)

View this post on Instagram

kijimunaさん(@kijimuna224)がシェアした投稿

沖縄県中部のビーチで、青い海・白い砂浜の美しさにはうっとり。

周辺にはショッピングモールや映画館・観覧車もあるので、1日過ごしても飽きることはありません。

・基本情報

【住所】沖縄県中頭郡北谷町美浜
【電話】098-936-8273
【交通】・お車の場合:那覇空港から国道58号線を北上。「美浜」交差点を左折。車で約40分.沖縄自動車道「沖縄南IC」から県道23号(国体記念道路)北谷方面へ約10分。
・路線バスの場合:●那覇市内(那覇バスターミナル)からは、20番(名護西線),28番(読谷楚辺線),29番(読谷喜名線)●那覇空港からは120番(名護西空港線)をご利用ください。
【駐車場】無料 詳細はこちら

第17位・星砂の浜(西表島)

View this post on Instagram

akeさん(@umi.sora.a_chan)がシェアした投稿

西表島にあるビーチで、星の形の砂があることからこう名づけられました。

波が低く水温も高いため、シュノーケリングや海水浴したい方におすすめ!

海底に大きな岩があり岩の割れ目には小さな魚が生息しています。

・基本情報

【住所】沖縄県八重山郡竹富町字上原
【電話】0980-82-5445 (竹富町観光協会)
【交通】大原港から車で約50分、上原港から車で約5分
【駐車場】無料

第16位 A&W(石垣島)

View this post on Instagram

can 🤗 can 🤗 can 🤗 the 🤗 canさん(@can_can_can_the_can)がシェアした投稿

アメリカがメインのハンバーガーショップですが、日本では唯一沖縄にあります。

ボリュームたっぷりでおいしいので、沖縄観光の際は絶対食べに行く人も多いという人気のグルメです。

・基本情報

沖縄には数十店舗あるチェーン店です。詳細は公式サイトを参照ください。

第15位・琉球ガラス村(本島南部 糸満市)

沖縄LIFE⑨ #琉球ガラス村

FlavaAKIINNALIGHTさん(@aki_innalight)がシェアした投稿 –

沖縄本島最南端・糸満市のガラス工房です。

工房見学もでき、ご家族一緒に琉球ガラスでグッズを作る体験ができますよ!

もちろんショップでも美しい琉球ガラスをゲットできます。

・施設情報

【住所】沖縄県糸満市字福地169番
【電話】098-997-478
【営業】9:00~18:00(年中無休)工場見学は17:30まで 美術館は10:00~17:00 レストランは11:00~17:00(ラストオーダー16:00
【交通】・路線バスの場合:糸満バスターミナル「82番玉泉洞糸満線」または「108番南部循環線」に乗り換え、「波平入り口」にて下車。徒歩約1分、目の前にあります。
・お車の場合:「豊見城・名嘉地IC」から国道331号を南下、約20分
【駐車場】無料

第14位・琉球村(本島中部 恩納村)

View this post on Instagram

ぐっちゃんさん(@guuchian)がシェアした投稿

沖縄の文化・芸能・自然を体験できる琉球村では、さとうきび収穫やテラコッタを使ったシーサー作りなど楽しめます。

沖縄観光の思い出に立ち寄ってみてはいかがですか?

・施設情報

【住所】沖縄県国頭郡恩納村山田1130
【電話】098-965-1234
【営業】8:30~17:30(2018年7月から時間変更、9:00~18:00)
【交通】・路線バスの場合:那覇から沖縄バス・琉球バス路線の名護行きで約60分、琉球村前で下車。
・お車の場合:那覇空港から国道58号線を北へ30キロ、貸切バス、タクシー・レンタカーで約60分。
【駐車場】周辺に無料駐車場多数
【料金】大人1,200円 小人600円

第13位・ブルーシールアイス(本島各地)

アメリカ生まれで沖縄育ちのブルーシールアイス。温暖な気候に合わせ、さっぱりした味わいになっています。

定番・限定メニューで常に30種類以上のフレーバーからチョイスでき、観光客や地元の人から愛されています。

・基本情報

チェーン店で沖縄県内各地に店舗があります。詳細はこちら

第12位・ビオスの丘(本島中部 うるま市)

View this post on Instagram

Risaさん(@risa_o1229)がシェアした投稿

ジャングルクルーズしたり、古くから沖縄に伝わるおもちゃを作ったりと貴重な体験ができるテーマパークです。

水牛の引く車に揺られてのんびりと園内を散策も楽しめます。

・施設情報

【住所】沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30
【電話】098-965-3400
【営業】9:00〜18:00 ※入園 17:00まで 年中無休
【交通】車で那覇空港からの所要時間は、1時間15分。詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】入園料:大人 900円 小人500円

第11位・瀬長島ウミカジテラス(本島南部 豊見城市)

View this post on Instagram

Giihooo☆ミさん(@abcmiim7)がシェアした投稿

那覇空港から車で15分と好立地のショッピングモール。

ビーチ沿いなのでもちろん絶景がのぞめますよ。海を眺めながらグルメにお買い物はいかがですか?

2015年に誕生した新しい観光スポットです。

・施設情報

【住所】沖縄県豊見城市瀬長174番地6
【電話】098-851-7446
【営業】10:00~21:00 ※店舗により一部異なります。年中無休(店舗により異なります)【交通】那覇空港から車で15分
【駐車場】あり 詳細はこちら

第10位・首里城(本島南部 那覇市)


Photo by 663highland
琉球王国の文化・政治の中心だった首里城は、中国と日本の様式を融合した独特の建造物で、世界遺産にも認定されています。

華やかなグスク(御城)を見て当時に思いをはせてみませんか?

・基本情報

【住所】沖縄県那覇市首里金城町1-2
【電話】098-886-2020
【営業】無料区域:4月~6月8:00~19:30 7月~9月8:00~20:30 10月~11月8:00~19:30 12月~3月8:00~18:30
【交通】・電車の場合:那覇空港駅から「ゆいレール」に乗車。首里駅にて下車。 徒歩約15分で守礼門に到着。
・お車の場合:那覇空港から国道331号線へ出て、那覇市内中心部へ。国道58号線に入り、泊交差点を右折。県道29号線を直進して首里方面へ。
【料金】対象区域:正殿・奉神門・南殿・番所・書院・鎖之間・黄金御殿・寄満・近習詰所・奥書院・北殿 大人820円 中人 (高校生)620円 小人 (小・中学生)310円 6歳未満 無料
【駐車場】大型960円 小型320円 ※詳細はこちら

第9位・ブセナ海中公(本島中部 名護市)

Ole Ua’ Ole Anuenue ・ 雨がなければ虹はない ・ ・ #沖縄 #名護 #喜瀬 #ブセナ海中公園

新垣厚子さん(@shinderelaakko.12.00)がシェアした投稿 –

沖縄本島でただ一つ海中展望塔があるスポットです。

グラスボートでは、カクレクマノミなど色鮮やかな魚たちを近くに感じられてワクワクしますよ。

・施設情報

【住所】沖縄県名護市字喜瀬1744-1
【電話】0980-52-3379
【営業】海中展望塔営業時間:4月~6月・9月~10月9:00 -18:00最終入場 17:30 7月~8月9:00 -19:00最終入場 18:30 11月~3月9:00 -17:30最終入場 17:00
【交通】・路線バスの場合:・120番:那覇空港発 ⇒ ブセナリゾート前下車 ・20番:那覇バスターミナル発 ⇒ ブセナリゾート前下車
・お車の場合:国道58号線のご利用で、那覇空港より約60km、約90分 沖縄自動車道のご利用で、那覇IC~許田IC約75分
【料金】海中展望塔:大人1,030円 中人(高校生・大学生)820円 小人(4歳~中学生)520円
【駐車場】無料

第8位・そば処玉家(本島中部 那覇市)

沖縄そばといったらここ!というくらい有名なお店で、麺と具、スープが三位一体となったおいしさは誰もが満足する味です。

琉球放送の「沖縄そば王」受賞経験も持つ実力派。

・基本情報

【住所】沖縄県南城市大里字古堅913-1(本店)
【電話】098-944-6886
【営業】10:45~18:00 年中無休
【交通】詳細は公式サイト
【駐車場】あり

第7位・海中道路(本島中部 うるま市)


Photo by えぬ
うるま市にある全長4.7kmの道路で、見晴らしがよく風を切ってドライブができるスポットです。

特に歩道橋からの景色が素晴らしいので、ぜひ歩道橋を渡ってナイスビューを堪能してください。

・基本情報

【住所】沖縄県うるま市与那城屋平
【交通】・バスの場合:那覇バスターミナルからバスで140分
・お車の場合:那覇空港から車で 1. 高速利用時: 那覇IC→沖縄北IC経由で約50分 2. 一般道のみ: 国道330号線→国道329号線を利用して約55分 3. 最寄の沖縄北ICから約20分
【駐車場】無料

第6位・青の洞窟(本島中部 恩納村)

View this post on Instagram

HABU ASOBIさん(@habu_asobi)がシェアした投稿

青の洞窟はイタリア・カプリ島が有名ですが、沖縄にもダイビングスポットとして真栄田岬にあるんです。

ツアーに参加すれば、ガイドさんが同行してくれて行きやすいですし、シーカヤックなどのアクティビティーも充実しています。

・基本情報

【住所】沖縄県恩納村真栄田469-1
【交通】・路線バスの場合:路線バスの場合、那覇空港から乗り換えなしで行くには沖縄バス120番「名護西空港線」に乗り、「久良波」バス停で下車。その後、徒歩20分ほどで到着します。
・お車の場合: ①那覇市内 約1時間 ②那覇空港 約1時間30分 ③石川インターチェンジ 約15分
【駐車場】1時間100円 詳細はこちら

第5位・オクマビーチ(本島北部 国頭村)

View this post on Instagram

sunnysurelyさん(@jpnhchrlchamcpm)がシェアした投稿

沖縄本島でも指折りのサンゴ礁が見られ、海の輝きはまるで宝石のよう。

日没時の美しさは息をのむほど。ビーチハンモックなどでゆったりして、リゾート気分を堪能するのもいいですよね。

・基本情報

【住所】沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
【電話】オクマプライベート&リゾート0980-41-2222 ご予約:9:00~18:00 お問い合わせ:24時間受付
【営業】9時~18時 ※時期により異なります。
【交通】・路線バスの場合:111高速バス名護行き空港~終点名護バスターミナルまで 辺土名線67名護バスターミナル~オクマビーチ入口
・お車の場合:那覇空港より、沖縄自動車道、名護東道路利用時所要時間約100分
【駐車場】無料
【料金】大人750円、小人520円(ホテル宿泊者は無料)

第4位・牧志公設市場(本島南部 那覇市)

View this post on Instagram

CHIKAさん(@___wingardiumleviosa___)がシェアした投稿

沖縄の台所ともいえる市場で、魚介類や肉、サータアンダギーなど名産が集結しています。

2階の食堂街で地元グルメも楽しめますし、1階のお店で好きな食材を買い、2階で調理してもらうシステムも大人気です。

・施設情報

【住所】沖縄県那覇市松尾2-10-1
【電話】098-867-6560
【営業】8:00~21:00 休日・毎月第4日曜日(12月を除く)正月・旧正月・旧盆ほか ※店舗により異なります。
【交通】・電車の場合:ゆいレール牧志駅より徒歩約9分
・お車の場合:那覇空港から15分
【駐車場】周辺に有料駐車場あり

第3位・国際通り通り(本島南部 那覇市)

国際通り Kokusai-Dori Streetphoto bynekotank
県庁所在地であり、その通り沿いには600店舗ものお店が立ち並びます。

レストラン・ホテル・土産物屋など観光客用のお店も多く、いつもにぎわっていますよ。

沖縄那覇photo byShangChieh

・基本情報

【住所】沖縄県那覇市牧志3-2-10 ぶんかテンブス館3F(那覇市国際通り商店街振興組合連合会)
【電話】098-863-2755
【営業】店舗により異なります。
【交通】・電車の場合:那覇空港駅からゆいレールで12分(県庁前、美栄橋駅、牧志駅下車)
・お車の場合:那覇空港から車で15分
【駐車場】周辺に有料駐車場はあり

【国際通りグルメ】ステーキハウスや屋台村など「失敗しない」在住者おすすめ13選!

国際通りはたくさんの飲食店が並んでいて何を食べようか迷いますよね。実は国際通りは飲食店の家賃も高いため、コスパ低めなお店もチラホラあるらしいです。在住者目線で観光客の方におすすめしたい国際通りグルメをご紹介します。

【那覇で1泊2日の女子旅】レンタカーなしで楽しむモデルコース!

https://media.stayway.jp/naha-modelplan

第2位・沖縄美ら海水族館(本島中部 本部町)

沖縄北部photo byShangChieh
巨大ジンベエザメやマンタも見られるスポットで、沖縄の深海を館内に再現し、飼育に難しい発光エビなど、珍しい生物もここでなら見られます。

レストランだけの利用もOKで、オーシャンビューの最高な環境でお食事できちゃいます。


Photo by sinnosuke uchida

・施設情報

【住所】沖縄県国頭郡本部町石川424番地
【電話】0980-48-3748
【営業】通常期10月~2月8:30~18:30(17:30締め切り)夏期    3月~9月8:30~20:00(19:00締め切り)休園日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)今年の休園・休館日:2018年12月5日(水)・6日(木)
【交通】カーナビをお使いの方は、「沖縄美ら海水族館」では検索できない機種があります。その場合は「海洋博記念公園」または「海洋博公園」で検索してください。
【駐車場】無料 詳細はこちら
【料金】大人1,850円 中人(高校生)1,230円 小人(小・中学生)610円 6歳未満 無料

おすすめ記事:沖縄美ら海水族館周辺めぐり1泊2日コース!カフェ&海!GIRL♡

人気観光地「沖縄美ら海水族館」&女子に話題のスポットをめぐる1泊2日ドライブコースです。沖縄美ら海水族館近くの観光スポット、穴場グルメ、おしゃれカフェ、ヴィーガンスイーツ、手作りキャンドル、古宇利島などなど、女子旅時間を満たしてくれるおすすめポイントが目白押し!

第1位・万座毛(本島中部 恩納村)

View this post on Instagram

池端克章さん(@katsuaki_life)がシェアした投稿

沖縄本島の中心にある県指定の名勝・天然記念物。

エメラルドグリーンの海と断崖、天然芝の色彩の妙も美しいスポットです。

「万人が座する草原」が万座毛の由来なのだそう。ずっと眺めていたいほどのまばゆい景色ですよ。

・基本情報

【住所】沖縄県国頭郡恩納村恩納2870-1
【電話】098-966-1280(恩納村役場 商工観光課)
【交通】・バスの場合:那覇バスターミナルからバスで90分
・お車の場合:屋嘉IC⇒国道58号線を北上し、「恩納(北)」の交差点を左折(約10分)
【駐車場】無料

美ら島沖縄へ行ってみませんか?

dusk (with a girl nearby the tree)photo byTak
手つかずの自然もまだ数多く残されている沖縄。

海はもちろんのこと、昔をしのばせるグスクなど、世界遺産のスポットもあり見どころはたくさんです。

自分へのごほうびの意味で沖縄へ足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

沖縄旅行におすすめの宿泊を比較しよう

ホテルだけが宿泊ではありません。

同じ値段でも、時にその倍の充実感や広さを提供する民泊や貸し別荘も!

ぜひ、Staywayを活用して、様々な宿泊の中から最もおすすめの宿泊を検索・比較して見つけてみては?

こちらの記事もおすすめ❤ icon-hand-o-down

4ヶ月も旅するということは当然お金はかかる! 都会に比べ、物価の安い沖縄でも意識をしなければ簡単にお金は無くなってしまいます汗 国際通りを始め、観光客がよく訪れるエリアは東京の物価とあまり変わらないというのが事実です...涙 安心して下さい! 沖縄で節約旅をすることは誰でも可能です。
風光明媚で美しい沖縄を旅行するなら現地の生活も一緒に味わえるリゾート宿泊がおすすめ!ホテルより比較的広く安く利用できのんびりと旅行を楽しむには最適です。観光スポットに程近いのはホテルとも変わらないまま、エメラルドビーチを散歩したり、美味しいお店でランチやディナーを楽しむのあり。沖縄旅行には、ぜひホテル以外の宿泊も検討してみましょう!
実際に沖縄を4ヶ月間旅した僕が選ぶ沖縄離島ランキングベスト20を紹介します!人生で初めての一人旅でしたが最高の時間を過ごしました!果たして離島ランキング第一位に選ばれるのはどの島なのか!?

Staywayについて

_3170112.jpg

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?