ゲストの方へ

【2018年】沖縄観光におすすめのモデルコース2泊3日の女子旅!

FOR GUESTS
Stayway 編集部

トラベラー

シェアありがとうございます

photo by kazumik – stock.adobe.com

今回おすすめする2泊3日のモデルコースは、那覇空港から車で約40分の本島中部からスタートします!

絶景スポットからアメリカ統治時代の雰囲気が残る街並み、おしゃれグルメなど、

沖縄らしさを詰め込んだ、女子受け間違いなしのプランをご紹介します🍍

女子旅プランA♡

まずご紹介するのは女子旅プランA!

まずは南城市の「サボテン畑」に向かい、「ガンガラーの谷」と「おきなわワールド」を目指しましょう!

◎女子旅コース1日目

1. サボテン畑

ayumi♡*゜さん(@ayumi___97)がシェアした投稿

那覇空港から車で30分ほど南に向かうと南城市に入ります。

そこにあるのは沖縄南部で話題のインスタ映えスポット、あたり一面に広がる「サボテン畑」です。

【住所】南城市玉城船越161

2. ガンガラーの谷

photo by sharaku1216 – stock.adobe.com

ガンガラーの谷は、太古の世界が広がる森。

数十万年前に鍾乳洞が崩れてできた場所で、今も発掘調査が行われています。

約1時間20分のツアーに申し込めば、専任のガイドさんと一緒に「谷の旅」を体験することができます♪

ツアー料金

大人チケット 2200円

高校生・専門・大学生 1700円

詳しくはガンガラーの谷公式ページから!

*注意!ツアー以外での入場は出来ません。

【住所】南城市玉城前川202

3. ケイブカフェ

Hiroさん(@maipenrai_air)がシェアした投稿

「ガンガラーの谷」のなかにある洞窟カフェ。

ドリンクやアイスクリームがあります🍹🍦

鍾乳洞そのままのオープンカフェなので、羽織るものを持って行くことをおすすめします。

ケイブカフェの公式ホームページはこちら!

【住所】南城市玉城前川202
【営業】10:00~18:00

4. とんせん OKINAWA

TONSEN OKINAWAさん(@tonsen_okinawa)がシェアした投稿

沖縄県で唯一の【島豚ステーキ定食】の専門店🐖

沖縄県産生乳のソフトクリームを使ったマンゴーパフェもあります!

【住所】南城市玉城前川418-1

5. おきなわワールド(玉泉洞・琉球王国城下町)

東京ドーム4個分という広大な敷地にあるテーマパーク。

昔の沖縄の町並みを再現した琉球王国城下町の「琉球写真館」では、沖縄の伝統的な衣装「琉服」を着て写真撮影をすることができます。

また、「南都酒造所」では地ビールを楽しむことができます!

様々な沖繩の文化を体験したい方にはオススメです♪

フリーパス(玉泉洞・王国村・ハブ博物公園)

大人チケット(15歳以上) 1650円

小人チケット (4-14歳) 830円

詳しくはおきなわワールド公式ホームページから!

【住所】南城市玉城前川1336番地
【営業時間】9:00~18:00(受付17:00まで)
【電話番号】098-949-7421

6. ニライカナイ橋

ニライ橋とカナイ橋の2つの橋で構成されたS字の橋を渡ると、目の前に海の絶景が広がります。

展望台まで上がると、全長約1200mの壮大な橋を撮影することもできます。

時間がある方は、初日の出が見られることでも有名な知念岬公園(ニライカナイ橋から約2km)へと足をのばしてみましょう!

【住所】沖縄県南城市知念知念 県道86号線

7. ポランのひろば

ボラン
出典:楽天トラベル

全室オーシャンビューのログハウス!

無料WiFiの他、タオル・シャンプー・ハミガキセットなどのアメニティも揃っています。

久高島から昇る朝日が見られる好立地です!
「ポランのひろば」を詳しく見る

◎女子旅コース2日目

2日目は、「太陽(てぃーだ)の鐘」があるあざまサンサンビーチからスタート。
神の島と呼ばれる久高島にも渡ります!

1. あざまサンサンビーチ

supstagram714さん(@supstagram714)がシェアした投稿

あざまサンサンビーチにある「太陽(てぃーだ)の鐘」

鳴らすと願いが叶う、と言われておりカップルにも人気のスポットです。

ビーチでは海水浴はもちろん、バナナボートやビッグマーブルなどのマリンスポーツ、そしてバーベキューも楽しめます!

クラゲ防止ネットが設置されており、監視員もライフセーバーも常時配置されているため、お子さん連れでも安心して遊べますね♪

【住所】沖縄県南城市知念安座真1141-3

2. せーふぁキッチン

Keiko Minagawaさん(@minagawakeiko)がシェアした投稿

沖縄産の大自然で採れた新鮮な食材を使った料理が楽しめます!

野菜てんこ盛りの野菜そばや定番のソーキそば、カツカレー、地元産の卵でタコライスを包んだ”タコオムライス”(期間限定)などメニューは様々♪

【住所】沖縄県南城市知念久手堅539 南城市地域物産館

3. 久高島


安座真港からフェリーで約25分の距離にある久高島は、琉球の始祖“アマミキヨ”が天から降りて最初につくった島として、「神の島」とも呼ばれています。

伝統的な祭事も残っており、琉球王国時代の歴史文化を感じることができる土地です。

島の周囲はわずか8キロ程のため、レンタサイクルを利用して島を一周してみるのもおすすめ♪

フェリー・高速船の料金と時刻表はこちらから!

【住所】沖縄県南城市知念

4. 朝陽の宿 涼風

KANAE.TAEhさん(@kanae.taeh)がシェアした投稿

海風が吹き抜ける南城市の高台に位置する宿。

宿の近所にある、沖縄で唯一、名水百選に選ばれた湧き水「垣花樋川(かきのはなひーじゃー)」は南城市の名所でもあります。きれいな空気を吸いながら散策してみるのもおすすめです♪

全ての部屋に専用バスルーム(バスタブ、ビデ、スリッパ、無料バスアメニティ、ヘアドライヤー付)を完備。無料Wi-Fiも利用できます。

「朝陽の宿 涼風」を詳しく見る

◎女子旅コース3日目

3日目は、浦添市から北谷町へ北上し、「レインボーベーグル」などフォトジェニックなスポットをめぐります!

1. 港川ステイツサイドタウン

Takamichi Nemotoさん(@nemonardotacaprio)がシェアした投稿

米軍統治下時代に、軍人やその家族のために作られた住宅が並んでいたエリア。

その住宅をリノベーションして作られたおしゃれなカフェ・レストラン・雑貨屋さんなどが集まっています!

各ストリートにはアメリカの州の名前がついており、カラフルな建物が並ぶ街並みは、フォトジェニックな写真撮影におすすめです♪

【住所】浦添市港川2丁目33-1

2. Coffee&bread Caracalla okinawa

インスタ映え間違いなしの、レインボーベーグルが人気のカフェです♪

店内やテラス席の雰囲気もおしゃれ。

海岸まで数百メートルのため、海を眺めながらベーグルを食べるのもいいですね!

【住所】中頭郡北谷町浜川155
【電話】098-989-9818
【営業】8:00~15:00(月・火定休)

3. 金城町石畳道


16世紀に造られた琉球王国時代の古道が残る金城町石畳道は、「日本の道100選」にも選ばれた史跡です。

散策すると古民家風休憩所や金城の大アカギの木などを見ることができます。

時間があれば首里城にも立ち寄ってみましょう!

【住所】那覇市首里金城町3丁目 付近

4. Yes!!!PICNIC PARLOR

Yes!!! PICNIC PARLORさん(@yespicnicparlor)がシェアした投稿

カラフルなドリンクやシリアルで可愛らしくデコレーションされたソフトクリーム、フルーツサンドなど、見た目もかわいいメニューがたくさんあるお店です♪

ブルーの外観もおしゃれで、人気の撮影ポイントでもあります!

【住所】那覇市安謝183
【電話】098-943-5806
【時間】火~土 10:00~19:00・日曜10:00~17:00

5. 沖縄県立博物館・美術館


沖縄の城(グスク)をモチーフにデザインされた沖縄県立博物館&美術館。

博物館と美術館が併設された珍しい施設で、2017年現在、博物館は約94,000件、美術館では3,700件の資料を収蔵。

館内のミュージアムショップでは、ここでしか買えない限定品や沖縄らしいおみやげ品のショッピングが楽しめる他、週末には沖縄の伝統的な手づくりおもちゃのワークショップなど、親子で参加できるイベントも開催されています♪

【住所】那覇市おもろまち3丁目1-1
【電話】098-941-8200

◎3泊4日の場合のおすすめスポット


那覇泊港よりフェリーに乗船し約70分で行ける、ホエールウォッチングやダイビングスポットして人気の「慶良間諸島」もおすすめです!

女子旅プランB♡:北谷町から恩納村への北上プラン!

次ページからは、Aプラントはルートを変えたおすすめモデルコースをご紹介します。王道の観光地から地元民やリピーターに人気のスポットまで、ぜひ参考にしてみてください!