Stayway Media | 「泊まる」価値観を変える、民泊・別荘・旅行メディア

民泊の動向について

民泊の自治体向け指針案、2018年3月までに観光庁策定へ

住宅の空き部屋を旅行者らに有償で貸し出す「民泊」について、観光庁が策定を進めている自治体向けガイドライン(指針)案の内容が9月8日判明と、時事通信が報じた。

民泊の法律 民泊オーナーの方へ

弁護士が民泊新法・旅館業法徹底解説!① -民泊新法の注意点

2018年前半に施行予定の民泊新法。インターネットでも多くの情報が溢れかえっていますが、あらためて弁護士の視点で、内容を整理・解説します。

カナダ アメリカ東海岸

アメリカ・カナダでの民泊・Airbnbで訪れるべき場所7選

海外でAirbnb・民泊を活用して、家族や友人との旅行を楽しむアメリカ在住6年の本田さん。民泊の部屋タイプ「まるまる貸し切り」を上手に使いこなしながら、北米で訪れた素晴らしいスポットをご紹介します。

エリア一覧 日本 ゲストの方へ

HomeAway、「ファミリー旅行にぴったりな日本の家10選」を公表

子供や家族と一緒の旅行は、ホテルよりもキッチンがあり、自由のきく民泊・バケーションレンタルがおすすめ。

民泊の動向について

「Relux」の高級旅館を民泊サイト「Airbnb」に提供へ

9月4日、高級旅館やホテルの宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」を運営するロコパートナーズは、民泊プラットフォーム「Airbnb(エアビーアンドビー)」と、日本国内の旅館の予約業務において提携したと発表した。

民泊の動向について

スペースマーケット、民泊新法施行と同時に民泊事業に本格参入へ

住宅を旅行者に有料で貸し出す「民泊」のルールを定めた民泊新法(住宅宿泊事業法)が、2018年6月に施行される予定。これを受けて、時間単位で施設や店舗を貸し借りできるマーケットプレイス「スペースマーケット」を運営するスペースマーケットは9月5日、民泊事業に本格参入することを発表した。

民泊の動向について

台東区、民泊新法の準備 |「マンション標準管理規約」の改正促進

平成30年6月までに「住宅宿泊事業法」(民泊新法)が施行される見込みのため、台東区はマンション管理組合に対し、早期のマンション管理規約の改正の検討をHP上で通知した。

民泊の動向について

2018年民泊元年に向けて|民泊新法(住宅宿泊事業法)を徹底解説

民泊新法は、ホテル、旅館、簡易宿泊所など、これまでも存在した旅館業法に基づく宿泊施設ではなく、一般の住宅での宿泊事業を規定するための新しい法律です。

民泊の動向について

民泊新法に向けて|京都市、民泊で独自の条例制定へ

京都市の門川大作市長は2017年8月31日、民泊関連で独自施策を進めるため新たな条例を検討する旨を公表した。9月にも外部有識者の検討会議を立ち上げ、議論した上で。意見を集約して条例案をまとめる。無許可で営業する違法民泊の取り締まり強化や、京都らしさを味わえる民泊の推進を議論する模様だ。

民泊予約サイト 初めての民泊

2018年 日本人が使いやすい、民泊・ゲストハウス・貸別荘予約サイト6選

民泊を利用したいと思うときに、まず探すのが民泊予約サイトです。代表格はAirbnb、HomeAwayですが、数多くのサイトが存在しており、ホスト手数料、ゲスト手数料、物件掲載数、強みのある地域が異なります。今回は日本人が使いやすい、世界の主要な民泊予約サイトをご紹介します。

Staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか? 民泊を探す