マレーシア・ペナン島で世界遺産観光とグルメ三昧のモデルプラン3泊4日

Yasuyo

トラベルライター

マレーシア ペナンの市庁舎
photo by Adobestock

マレーシアのペナン島は、世界遺産の街歩き、ビーチリゾートでの滞在、ローカルグルメと三拍子揃った魅力的な島。

ホテルでのんびりもいいけれど、海外に行ったなら観光もグルメも思いっきり楽しみたいという方にぴったりの旅行先です。

今回は、そんなペナン島を満喫する3泊4日のモデルプランをご紹介します。

【ペナン島の基本情報】
時差:-1時間
言語:マレー語、英語など
通貨:マレーシアリンギット
気候情報:1年を通じて暖かい熱帯性気候に属しており、乾季と雨季の2つの季節があるのが特徴です。ペナン島の雨季は11月〜3月です。

ペナン島ってどんなところ?

ペナン サンセット
photo by dilshad3

かつては東洋の真珠と称されたマレーシアのペナン島は、東西貿易の拠点として栄えてきました。

プラナカン文化が息づく街並みは世界遺産に登録されていますし、ラグジュアリーなホテルが立ち並ぶリゾート地としても人気があります。

マレー系、中華系、インド系など多彩な人々が暮らす美食の島としても知られているので、ローカルグルメも必食ですよ!

日本からペナン島へのアクセス

マレーシア航空
photo by MKBWebfactory

日本からの直行便はなく、クアラルンプール国際空港(KLIA)やシンガポールのチャンギ国際空港での乗り継ぎが一般的で、KLIAからの所要時間は飛行機で約1時間。

バスや鉄道でペナン島対岸のバタワースまで行き、フェリーに乗り換える方法もあります。

1日目 20:30 ペナン国際空港に到着


photo by Adobestock

ホテルやツアー会社の送迎、またはタクシーなどでホテルへ移動します。

ペナン国際空港の空港タクシーは、前払いの定額チケット制なので金額交渉などの心配がなく安心です。

【地図】

【住所】Lapangan Terbang Antarabangsa Bayan Lepas, 11900 Bayan Lepas, ペナン マレーシア
【アクセス】ジョージタウンまで約30分、バトゥ・フェリンギまで約1時間
【公式HP】https://penangairport.com

21:30 ホーカーで夕食

ラクサ
photo by melvinchia

バトゥ・フェリンギのホテルに移動しチェックインを済ませたら、早速近くのホーカーセンターと呼ばれる屋台街へ夕食を食べに行きます。

マレーシアのホーカーは日本のフードコートのような屋台街で、B級グルメをリーズナブルに食べられるペナンを代表するグルメスポット。

ラクサ、サテ、ホッケンミー、チャークイティオ、牡蠣のオムレツ、手羽先など、どれも美味しくてリーズナブル!

【地図】

【名称】Long Beach Cafe
【住所】11050 Batu Ferringhi, Pulau Pinang
【営業時間】18:00〜22:30
【アクセス】バトゥ・フェリンギのホテルエリアから徒歩で5〜10分程度
Yasuyo
静岡県在住の主婦ライター。大阪・名古屋・神戸・金沢に居住歴があり、独身の頃から日本国内の温泉地を中心に旅行するのが趣味です。週末は温泉&現地グルメを楽しんでいます。海外では、ベトナム、フィリピン、マレーシアなどアジアのビーチリゾートでのんびり過ごすのが好きです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo