ゲストの方へ

世界遺産・マチュピチュ等!日本人におすすめのペルーの名所Top10

FOR GUESTS

エディター

Peru-238 (クスコを歩くラマ、ペルー)

世界遺産「マチュピチュ」が有名なペルーは、他にも数多くの歴史的建造物や遺跡が残る魅力的な観光地。アヒ・デ・ガジーナという鶏肉のイエローペッパー煮込みなどペルーには名物グルメもおすすめです。

今回は、ペルーに絶対に行きたくなる人気観光名所やそれらを周るためのおすすめの民泊・ホテルをご紹介します。

【第10位 聖カタリナ修道院】

聖カタリナ修道院はユネスコの世界遺産にも登録されたアレキパの歴史地区にある大きな修道院です。

この修道院はアレキパの町の1ブロック以上を占めていて、1970年までは修道女たちが生活していました。いまでは博物館として一般公開されていて、ペルー観光では外せないスポットの一つなのです。

《営業時間》
月 10:00〜13:00 / 15:00〜18:00火 10:00〜13:00 / 15:00〜20:00水〜金 10:00〜13:00 / 15:00〜18:00

土 10:00〜12:00

《住所》

Santa Catalina 301, Arequipa, Peru

アルマス広場から歩いて数ブロック

《公式サイト》

http://www.santacatalina.org.pe/index.php/es/

【第9位 チョケキラオ】

チョケキラオはクスコとアプリマクの境界で、3,000m級の山の山頂に位置する遺跡公園です。

遺跡内にはテラスや広場、石室や壁龕付きの堂々たる石壁などの建造物があり、インカ建築の素晴らしさに感銘を受けることができます。

太陽神や大地、水への礼拝などの目的で作られたと言われていて、全国国定保護区域システム(NSSPA)によって「地域保全エリア」に指定されています。

《営業時間》

7:00〜17:00

《住所》

08003, Peru

クスコから車で4時間、そこからトレッキングで5時間

【第8位 シパン王墓博物館】

シパン王墓博物館はチクラヨの北西11.4kmに位置するランバイエケ市にあるペルー屈指の博物館です。

こちらにはモチェ時代の遺跡の一つである「Huaca Rajada(ワカ・ラハダ)」で発掘された出土品が数多く展示されています。中心となるのは紀元3世紀に権勢をふるったシパン王と、その祖先と推定される老シパン王の墓から見つかった埋葬品です。

黄金の被り物や胸当て、杖のほかに金とトルコ石やラピスラズリなどの半貴石を組み合わせた装飾品も展示されていて、その芸術性の高さと精巧な金属加工技術に驚くでしょう。

《営業時間》

9:00〜17:00 (月曜定休)

《住所》Av. Juan Pablo Vizcardo y Guzman, Lambayeque, Peru

チクラヨからコレクティーボで15分

《公式サイト》

http://www.museotumbasreales.com

【第7位 パカヤサミリア国立保護区】

#amazon #pacayasamirianationalreserve #peru

Living.learning.travelingさん(@living.learning.traveling)がシェアした投稿 –

パカヤサミリアはペルーで2番目に大きい自然保護区行きで、観光客が多く訪れるスポットの一つです。

地域の大部分は水に覆われたジャングルとなっていて、保護区内には多くの島や潟湖があります。鳥類や哺乳類、魚類が数多く生息しており、野生動物の写真を撮りたい人も多く訪れます。

《営業時間》

8:00〜22:00

《住所》

Saint Tomas # 410 San Juan Bautista Distrit, 00512, Peru

《公式サイト》

https://acatupel.com

【第6位 オリャンタイタンボの神殿】

Today’s ventures. #chinchero #marassaltmines #moray #sacredvalley #ollantaytambo #peru

Ross Wilhiteさん(@__rossome__)がシェアした投稿 –

オリャンタイタンボの神殿はクスコからマチュピチュに向かう途中にあり、インカ軍がスペイン軍を撃破した場所として有名です。

人によっては「マチュピチュより見応えがある」とまで言う人がいて、根強い人気のある観光スポットです。非常に雄大で立派な石組みを見ることができ、日本では味わうことのできない体験ができます。

《営業時間》

8:00〜17:00

《住所》

Ollantaytambo 08676, Peru

クスコから車で2時間

《公式サイト》

http://www.tourmachupicchucusco.com

【第5位 ミラフローレス】

#peru#lima#miraflores

nabemaさん(@sekai_and_me)がシェアした投稿 –

ミラフローレスは多くのホテルや宿泊施設がある地区で、高級住宅街としてペルーでも有名です。

海沿いの街なので眺めも良く、ホテルを取って周辺をぶらぶらするのにもぴったりな場所となっています。

《公式サイト》

http://www.mirafloreslima.com

【第4位 サクサイワマン遺跡】

サクサイワマン遺跡はクスコ地区にあるインカの遺跡で、建造された目的は諸説あるもののまだ確定されていません。

冬至にはクスコの人々によって「インティ・ライミ」という「太陽の祭り」が行われるので、この時期を狙って訪れてみるのもいいかもしれません。

《営業時間》

7:00〜17:30

《住所》

Cusco 08000, Peru

アルマス広場から徒歩30分

【第3位 ラファエル・ラルコ・エレラ博物館】

ラファエル・ラルコ・エレラ博物館はリマ地区にある、7世紀のプレ・インカのピラミッドの上に立てられた博物館です。モチェ文化の土器を中心に数万点の品が所蔵されています。

《営業時間》

9:00〜22:00

《住所》

Avenida Bolivar 1515 | Pueblo Libre, Lima Lima 21, Peru

空港からタクシーで25分

《公式サイト》

http://www.museolarco.org

【第2位 クスコ歴史地区】

Sunrise over Machu Picchu

クスコ歴史地区はペルーの南東にあり、アンデス山脈の標高3,400mの場所に位置しています。

クスコはケチュア語で「へそ」を意味していて、インカ帝国の首都であり、文化の中心でもあった地区です。数多くの観光スポットがあることでも有名で、見どころ満載の歴史地区なのです。

Everyone Loves a Llama, Cusco Portraits

《住所》
Cusco 08002, Peru

【第1位 マチュピチュ】

Machu Pichu, Peru

マチュピチュは日本でも有名な、人生で1度は訪れたい観光スポットです。絶壁にある謎が多い天空の要塞都市として知られていて、ペルー観光では必ず入れておきたい場所です。

Admiring the view

《住所》

Machu Picchu, Peru

ポロイ駅から列車で3時間

《公式サイト》

http://bit.ly/1kne4NO

【ペルーでおすすめの宿泊施設】

《周囲を山に囲まれた絶景が自慢のアパート》

出典:HomeAway

こちらは周囲を山に囲まれた絶景が自慢のアパートです。山の中で地元の人がどのように暮らしているのかを体感することができ、他では味わえないような体験を得ることができるでしょう。

アパートのテラスからは壮大な山の眺めを楽しむことができ、訪れた観光客はその美しさに息を飲みます。

快適で近代的な室内にはそれぞれの部屋に24時間熱いお湯が出るプライベートバスが備え付けられているので女性の方でも安心して利用することができます。

「周囲を山に囲まれた絶景が自慢のアパート」を詳しく見る

《無料WiFi完備の快適なホテル》

出典:Expedia

こちらは無料WiFi完備の快適なホテルです。ホテルにはレストランや24時間利用可能なフロントがあり非常に便利。犬のみペット同伴も可能となっているため、大好きなワンちゃんと一緒に泊まることもできます。

こちらのホテルはバスルームの設備はなく、シャワールームのみとなっていますのでシンプルに泊まりたい人から特に支持を集めています。

テレビも完備されているので滞在中に退屈してしまうことはないでしょう。

「無料WiFi完備の快適なホテル」を詳しく見る

【Staywayについて】

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。

宿泊施設を最安値で検索しませんか?

Stayway media 編集チーム

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で

Staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか? 民泊を探す