【初心者におすすめ!】歩いてまわれる王道ローマ観光プラン3選

Noriko

トラベルライター

シェアありがとうございます

ローマ・サンピエトロ 寺院
photo by Walkerssk

古代遺跡にバロック建築、世界最小の独立国家バチカン市国など見どころたくさんで世界中から観光客が訪れるローマ。

けれどもローマに地下鉄は2本のみ(3本目は工事中)。開通区間が少ないトラム、時間がはっきりしないバス、料金をごまかされることも多々あるタクシー、とローマの移動は意外と大変です。

今回はローマ観光が初めて・バスやタクシーに乗り慣れていない初心者の方の為に、地下鉄の駅を降りてから全て徒歩で回れるローマの代表的な観光地のおすすめプランを3つ、ご紹介します。

時差 7時間(4月〜10月 夏時間)/ 8時間(11月〜3月 冬時間)
言語 イタリア語
通貨 ユーロ
気候 地中海洋性気候。温暖で雨が少なく、日本と同じように四季がはっきりしています。夏は 日差しが強く、冬は雨が多くなります。

おすすめNo.1 古代遺跡を歩く

ローマの遺跡をまわるコースです。遺跡はどこも屋外で日陰になる場所がほとんどないので、夏場は帽子、サングラス、飲み物などを必ず持参しましょう。足場も悪いので、歩きやすい靴は必須です。

チケットはコロッセオ、パラティーノの丘、フォロ・ロマーノの3ヶ所の入場券が共通になっています。当日にチケットを買う場合は、並んでいる人が少ないフォロ・ロマーノかパラティーノの丘で共通券を購入すると早く購入できます。

コロッセオ

ローマ・コロッセオ
Photo by Noriko

ローマのシンボル、コロッセオ。

コロッセオはウェスパシアヌス帝がローマ帝国即位後の80年に建設された円形闘技場です。

この場所で剣闘士と猛獣との戦いが繰り広げられ、当時のローマ市民の娯楽になっていました。

【住所】Piazza del Colosseo, 1, 00184 Roma RM, イタリア
【アクセス】地下鉄B線コロッセオ駅下車すぐ
【営業日】08.30 – 16.30(10月最後の日曜日〜2月15日)
08.30 – 17.00(2月16〜3月15日)
08.30 – 17.30(3月16日〜3月最後の土曜日)
08.30 – 19.15(3月最後の日曜日〜8月31日)
08.30 – 19.00(9月1日〜9月30日)
08.30 – 18.30(10月1日〜10月最後の土曜日)
※最終入場時間は、閉場の1時間前です。
【料金】12ユーロ(フォロ・ロマーノ、パラティーノとの共通券)
【公式サイト】https://www.il-colosseo.it

パラティーノの丘

ローマ パラティーノの丘
Photo by Noriko

ローマの七つの丘のひとつで、古代にはローマ建国の英雄ロムルスとレムスがかつて住んだとされる最も歴史が古い丘だと言われています。

のちに初代皇帝アウグストゥスを始めとする歴代の皇帝の宮殿が建てられました。

所要時間は30分〜1時間程度です。

【住所】Via di San Gregorio, 30, 00186 Roma RM, イタリア
【アクセス】地下鉄B線 コロッセオ駅下車
【営業日】営業日・営業時間ともコロッセオと同じ
【料金】12ユーロ(コロッセオ,パラティーノとの共通券)
【公式サイト】https://www.coopculture.it

フォロ・ロマーノ

ローマ フォロ・ロマーノ
Photo by Noriko

フォロ・ロマーノは約2000年前の古代ローマ時代の遺跡です。この場所が古代ローマ時代政治・文化の中心地としてフォルム(広場)が置かれたのが名前の語源になっています。

所要時間は1時間〜1時間半程度。

【住所】Via della Salara Vecchia, 5/6, 00186 Roma RM, イタリア
【アクセス】地下鉄B線 コロッセオ駅下車
【営業日】営業日・営業時間ともコロッセオと同じ
【料金】12ユーロ(コロッセオ,パラティーノとの共通券)
【公式サイト】https://www.coopculture.it

トラヤヌスのマーケット

ローマ トラヤヌスの市場
Photo by Noriko

コロッセオを内側から眺めているような美しい半円形の遺跡、トラヤヌスの市場。

紀元100年〜110年頃にトラヤヌス帝の治世の頃に作られた、人類初のショッピングマーケットと言われています。

【住所】Via Quattro Novembre, 94, 00187 Roma RM, イタリア
【アクセス】地下鉄B線 コロッセオ駅下車
【営業日】9:30〜19:30(12月24 / 31日のみ 9:30〜14:00)
定休日 1月1日 / 5月1日 / 12月25日
【料金】12ユーロ(コロッセオ,パラティーノとの共通券)
【公式サイト】http://www.mercatiditraiano.it

カンピドリオ広場

ローマ カンピドーリオ広場
Photo by StevoLeBlanc

ローマの七丘でも最も高い丘で、ローマ神の最高神であったユピテルやユノーの神殿があり、古代ローマ時代から神聖な場所とされてきました。

階段を登った頂上の広場は1538年ミケランジェロによって設計着工されたもので、中心にはマルクス・アウレリウス像の騎馬像があり、まわりをカピトリーノ美術館が取り巻いています。

【住所】Piazza del Campidoglio, 00186 Roma RM, イタリア
【アクセス】地下鉄B線 コロッセオ駅下車徒歩10分
バス40番 / 64番 piazza Venezia下車 徒歩3分

Terrazza Caffarelli

カピトリーノ美術館のテラスにローマが一望できるカフェがあります(美術館に入らなくても利用できます)。

遺跡巡りで疲れたら立ち寄って欲しいおすすめのカフェで軽食も可。レストランもあります。

【住所】Piazzale Caffarelli, 4, 00186 Roma RM, イタリア
【営業日】9:30〜19:00
【公式サイト】https://www.terrazzacaffarelli.it
※カピトリーノ美術館隣接

おすすめNo.2 バロック建築を堪能する

バロック建築の荘厳な建築に優雅な彫刻、「永遠の都ローマ」にふさわしいローマの美しさを堪能するプランです。

スペイン広場

ローマ・スペイン階段
photo by ptra

映画「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーン扮するアン王女がジェラートを食べながら降りてきた階段として有名になった、スペイン広場。

手前にはベルニーニの「バルカッチャの噴水(舟の噴水)」、後方には「トリニタ・ディ・モンティ教会」があり広場をより美しく見せています。

【住所】Piazza di Spagna 00187 Roma
【アクセス】地下鉄A線 Spagna駅下車すぐ

トレヴィの泉

ローマ・トレヴィの泉
Photo by Noriko

これぞバロック建築の最高峰、圧倒される迫力のトレヴィの泉。2015年末に修復を終え、白い大理石がより美しく噴水に映えるようになりました。

【住所】Piazza di Trevi, 00187 Roma RM, イタリア
【アクセス】地下鉄A線 Barberini駅下車、徒歩3分

パンテオン

ローマ・パンテオン
Photo by Noriko

パンテオンは紀元前25年、初代ローマ皇帝アウグストゥスの側近アグリッパによって建造された「万神殿(あらゆる神を祀った神殿)」という意味の神殿です。

その後消失し、128年にローマ皇帝ハドリアヌスによって再建されたものが現在残っているもので、世界最古の石造建築です。

【住所】Piazza della Rotonda, 00186 Roma RM, イタリア
【アクセス】テルミニ駅からバスで40番か64番 Largo di Torre Argentina駅下車 徒歩5分
【営業日】月曜〜土曜日 9:00~19:30 / 日曜日 9:00〜18:00 / 祝祭日 9:00〜13:00(1月1日、12月25日 閉館)
【料金】無料
【公式サイト】https://www.pantheonroma.com

ナヴォーナ広場

ローマ・ナヴォーナ広場
Photo by djedj

ナヴォーナ広場は古代ローマ時代の競技場の跡地を利用して作られた楕円形の広場です。元は古代ローマ帝国時代の「ドミティアヌス競技場」で、第11代皇帝ドミティアヌスが西暦85年に建設した競技場でした。

広場には彫像で飾られた3つの噴水があり、まわりをテラスのカフェやレストランが囲んでいます。

【住所】Piazza Navona, 00186 Roma RM, イタリア
【アクセス】テルミニ駅からバスで40番か64番 Navona駅下車

おすすめNo.3 ヴァチカン市国を制覇

ローマと切っても切り離せない、偉大なるヴァチカン市国を堪能するプランです。

ローマの中でも世界的に人気な寺院と美術館だけあって、建物に入るだけで長蛇の列、ということもしばしば。時間を無駄にしない為にも、ヴァチカン美術館へは予約して行く、サンピエトロ寺院へはできるだけ午前中の早い時間に行く、など工夫が必要です。

サンピエトロ寺院には服装の入場チェックがあるので、肌を露出した格好は避けて行きましょう。

ヴァチカン美術館

ローマ・ヴァチカン美術館
Photo by markus

システィーナ礼拝堂にあるミケランジェロによる「最後の審判」をはじめとする、歴代ローマ教皇の収集品を収蔵展示する世界最大級の美術館です。

代表的な作品を見学するだけでも2時間、ゆっくり見学したい場合は半日は必要です。

【住所】Viale Vaticano, 00165 Roma RM, イタリア
【アクセス】地下鉄A線 Ottaviano駅下車 徒歩10分
【営業日】月曜~土曜 9:00~18:00(最終入場は16:00) / 毎月最終日曜 9:00〜14:00(最終入場は12:30)
毎月最終日曜以外の日曜日、以下の日は定休日になります。
1/1、1/6、3/19、4/2、5/1、6/29、8/14、8/15、8/16、11/1、12/8、12/25、12/26
【料金】17ユーロ / オンライン予約の場合 21ユーロ(毎月最終日曜は無料)
【公式サイト】http://www.museivaticani.va
【オンライン予約サイト】https://biglietteriamusei.vatican.va

サンピエトロ寺院

ローマ・サンピエトロ 寺院
photo by Noriko

教会内部ではミケランジェロ作『ピエタ』、ベルニーニ作『ブロンズの天蓋』などを見学することができ、クーポラからはローマが一望できます。

【住所】Piazza San Pietro, 00120 Città del Vaticano, ローマ教皇庁 (バチカン)
【アクセス】地下鉄A線 Ottaviano駅下車 徒歩10分
【営業日】夏季(4月1日〜9月30日)7:00〜19:00 / 冬季(10月1日〜3月31日)7:00〜18:30
【料金】無料
ドーム:7ユーロ(エレベーターを利用した場合)/ 5ユーロ(階段を利用した場合)
【公式サイト】http://www.vatican.va

サンタンジェロ城

ローマ サンタンジェロ城
photo by Noriko

もともとは135年にローマ皇帝ハドリアヌス帝が自身の霊廟として建設を開始したもので、14世紀以降は牢獄や避難所としても使われていました。バチカン宮殿へ空中回廊でつながっています。

城塞のテラスはサン・ピエトロ大聖堂やローマの旧市街を一望できる絶景スポットになっています。

【住所】Lungotevere Castello, 50, 00193 Roma RM, イタリア
【アクセス】バチカンから徒歩8分 / 地下鉄A線 Lepanto駅下車徒歩10分
【営業日】火曜〜日曜日 9:00〜19:30(月曜定休)
【料金】14ユーロ
【公式サイト】https://www.castelsantangelo.com

コラ・ディ・リエンツォ通り

ローマ総菜店
Photo by Noriko

サンタンジェロ城からテベレ川を渡り旧市街へ入って観光を続けることもできますが、時間がなくて地下鉄のOttaviano駅へ帰る場合、リソルジメント広場から延びているコラ・ディ・リエンツォ通りから帰るとショッピングが楽しめます。

観光客向けのお店ではなく、地元ローマっ子が普段買い物するような服や雑貨が売っている通りなので思いがけずおもしろいものが見つかるかもしれません。

イタリアでも珍しい食材が集まるCastroni カストローニ(Via Cola di Rienzo, 196/198)や、ローマのお惣菜を売っているFranchi フランキ(Via Cola di Rienzo, 200)は特におすすめです。

【住所】Via Cola di Rienzo
【アクセス】A線 Ottaviano駅下車徒歩5分、リソルジメント広場からすぐ。サンタンジェロ城からも徒歩5分

ローマを歩いて観光してみよう!

歩いてまわれるローマの観光コース、いかがでしたか?

広大な敷地に残る数多くの古代遺跡、バロックやルネサンスの建築を見て歩くだけでも楽しい旧市街、ヴァチカン市国の荘厳な寺院や美術品の数々。どれも悠久のローマをじっくり堪能できるコースです。皆さんもぜひ歩いてみませんか?

ローマのおすすめホテルはこちら!🏨 icon-hand-o-down

イタリア共和国の首都ローマ。「トレビの泉」や映画「ローマの休日」に登場する「スペイン広場」など、人生で一度は訪れたい有名なスポットが多数!そこで19世紀の建物を利用したホテルや観光スポットへのアクセスが良いおすすめのホテルをご紹介します!

ローマでイタリアングルメを満喫しよう♡🍽 icon-hand-o-down

年間960万人以上の観光客が訪れるローマ。遺跡や歴史的建造物も多く見所もいっぱいですが、せっかく観光に来たならもちろんグルメも楽しみたいですよね。今回はローマ観光でおすすめのグルメ10選をランキング形式で紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Noriko
パティシエール、イタリアソムリエ協会認定ソムリエです。ローマ、フィレンツェ、パリ、ボルドー在住経験があります。イタリア、フランスのグルメ、観光情報をお届けしたいと思います。お菓子レシピをChicca Foodで公開しています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で