アクセス良好!新しくなったぎふ清流里山公園の魅力と楽しみ方

Kenichi

トラベルライター

シェアありがとうございます


photo by kenichi

2018年4月8日に「日本昭和村」から名称変更しリニューアルオープンした「ぎふ清流里山公園」。

以前は入村するのに料金が必要でしたが、現在は入園料無料となり気軽に行けるようになりました。

昭和村時代に残っていた施設も残しつつ、少しずつですが新しい施設も増えてきているので、園内の散策やお弁当を持ってピクニックなどを楽しみに足を運んでみてください。

ぎふ清流里山公園ってどんなところ?

photo by kenichi

岐阜県美濃加茂市にある「ぎふ清流里山公園」は、のどかな風景と懐かしさを感じられる建物、体験コーナーが充実している公園です。

入園料無料で、高速からもダイレクトアクセスができるので、利便性が以前に比べて向上しました。

カップルやご夫婦、お子様連れなど、どんなシチュエーションでも対応できるのが魅力です。

ぎふ清流里山公園の魅力をご紹介!

photo by kenichi

ぎふ清流里山公園には、子供から大人まで楽しめる施設がたくさんあります。そんなぎふ清流里山公園の魅力について紹介していきますので、お出かけの参考にしてください。

魅力1.昭和感あふれる建物の数々

photo by kenichi

ぎふ清流里山公園のメインとなる魅力は、どこか懐かしさを昭和感漂う建物です。

こちらは入口入ってすぐの所にある昭和の民家ですが、園内の随所に昭和を感じさせる建物が建っています。

2019年5月1日に元号が”令和”となることにより、昭和は2世代前ということになりますが、その時代を反映する建物が見られるのはとても貴重なのでぜひくまなく見ていきましょう。

魅力2.昔懐かしい駄菓子屋

photo by kenichi

お子様にとっては楽しく、大人の方にとっては懐かしさを感じさせる駄菓子屋。

価格は当時のままというわけにはいきませんが、昔よく売られていたものなどもあったりして見ているだけでも楽しいです。

そういえば昔よく食べてた、パパやママたちが子供の頃は〇円だったんだよ、なんて会話で話が盛り上がるかもしれませんね。

魅力3.大型アスレチック

photo by kenichi

お子様満足すること間違いなしの2019年4月6日にオープン予定の大型アスレチック。

2019年3月時点ではまだ建設中でしたが、お子様たちの心を鷲掴みにするような仕掛けが満載です。

アスレチックは少し高台にあり、高い所まで行けるようになっているので、お子様を遊ばせる際はしっかりと見ておきましょう。

魅力4.季節感あふれる里山風景

photo by kenichi

園内は豊かな自然に恵まれており、随所に季節の花木が植えられているので季節感を感じることもできます。

撮影当時はまだ咲いていませんでしたが、こちらの花畑ではチューリップやコスモスなどが一面にびっしりと咲き誇り、カメラ片手に多くの方が撮影を楽しんでいるんですよ。

魅力5.体験コーナーが充実

View this post on Instagram

天野 悠さん(@omsb_hr)がシェアした投稿

ぎふ清流里山公園では、そば打ち体験や煎餅焼き体験、ソフトクリーム作りなど体験コーナーが充実しています。

いつも何気なく購入して食べているものを、1から手作りしてみるのは大変ですが、自分の手で作ったものは最後に食べられるので、ぜひ気になったものを体験していきましょう。

Kenichi
岐阜県在住。東京にも2年ほど在住経験あり。今までに訪れたことがある都道府県は20県ほど。ご当地グルメや温泉が好きで、気になるものがある所を中心に旅行しています。自身がネットを通じて情報を得ているので、各エリアの魅力を分かりやすく発信していけたらと思います。
応募はこちら▼
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で