【沖縄北部】車で行ける離島を満喫♡瀬底島16の魅力!

S.Inoue

トラベルライター

シェアありがとうございます

瀬底ビーチ
Photo by Wikipedia

瀬底島は、沖縄本島の中では一番といわれている透明度の高いビーチが人気の離島です。

マリンアクティビティが盛んで、ダイビング、シュノーケル、SUP、シーカヤック、ウエイクボードなどを楽しむことができます。

でも、魅力はそれだけではありません。

インスタ映えするカフェ、美味しいコーヒー、大人気のダイビングスポット、シーサー作り体験など多岐にわたります。

今回は瀬底島の魅力を一挙大公開いたします!

アクセス方法

瀬底島は、沖縄の北部にある離島です。

那覇空港から高速道路を利用して2時間で着きます。

美ら海水族館に近く、760mの「瀬底大橋」でつながっているので車で気軽にいくことができますよ!

1.瀬底大橋

瀬底大橋
Photo by Wikipedia

View this post on Instagram

@mari.honuがシェアした投稿

島に渡るときに通るのが「瀬底大橋」。

左右を青々と輝く海に囲まれています。

海の上を渡っている爽快感、見渡す限りの青い海に囲まれている異国感にテンションがあがります。

歩いて渡ることも出来るため、のんびり歩きながら沖縄の海を見ながら瀬底島に行くのも良い思い出になります。

ビューポイントとしても人気なので、写真をとってインスタにあげましょう!

■正式名称:瀬底大橋
■住所:沖縄県国頭郡本部町
■アクセス方法:許田インターから車で30分

2.アンチ浜

アンチ浜
Photo by Wikipedia

View this post on Instagram

Sho.Mさん(@photoby.ryukyu.gallery)がシェアした投稿

「瀬底大橋」を渡ってすぐ左に曲がると「アンチ浜」があります。

とっても流れが速いので遊泳禁止になっていますが、バナナボートやシーカヤック、ウエイクボードなどのマリンスポーツが楽しめます。

ゴミの持ち帰りをするのであれば、花火もできるそうです!

■正式名称:アンチ浜
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底
■アクセス方法:瀬底大橋から車で3分

3.恋人ビーチ

View this post on Instagram

SANISHANさん(@sanishan_yuki)がシェアした投稿

View this post on Instagram

Megumiさん(@megurin0314)がシェアした投稿

「瀬底大橋」を渡って2つ目を左折すると、とても小さなビーチが見えてきます。

それが「恋人ビーチ」です。

瀬底島の中では人が少なく、プライベートな時間を満喫できます。

2人で手を繋ぎながらお散歩するとロマンチックですね。

シュノーケルでクマノミが見れる場所ともいわれています。

■正式名称:恋人ビーチ
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底
■アクセス方法:瀬底大橋から車で3分

4.瀬底ビーチ

瀬底ビーチ
Photo by Wikipedia

View this post on Instagram

okinawa_storysさん(@okinawa_storys)がシェアした投稿

瀬底島を代表する「瀬底ビーチ」。

サラサラの真っ白なパウダーのような砂と、沖縄本島の中ではもっとも透明だといわれている海。

心を奪われるような景色です。

ここの海は浅瀬が200mの沖合まで続いているので、女性やお子様も安心して海水浴やシュノーケルを楽しむことができます。

この天然ビーチは800mほど続いているので、サンセットを見ながら散歩するのも最高です。

■正式名称:瀬底ビーチ
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底5583-1
■アクセス方法:瀬底大橋から車で7分

5.ラビリンス

View this post on Instagram

@mo_saka0425がシェアした投稿

View this post on Instagram

saeさん(@sae_umi.album)がシェアした投稿

瀬底ビーチの近くに位置するダイビングスポット「ラビリンス」。

幻想的な水中世界が楽しめると日本だけではなく、海外からもダイバーが訪れるほど人気のスポットです。

洞窟やトンネル、アーチがいくつもあり、迷宮の様な入り組んだ地形をしています。

水深15m~30m、透明度は20m~30mで、トンネル内でもライト無しで進むことができるため、初心者から楽しむことができます。

潜っているときに太陽の光が差し込むと、現実とは思えないほどキレイな景色を見ることができます。

■正式名称:瀬底島ラビリンス
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底
■アクセス方法:瀬底大橋から車で10分

6.コーヒー「やんばる焙煎工房」

やんばるコーヒー工房
Photo by S.Inoue
やんばるコーヒー工房
Photo by S.Inoue
島のメインストリートにある「やんばる焙煎工房」。

人気のコーヒーで、那覇空港でも販売されています。

ここではコーヒー豆だけではなく、淹れたてのコーヒーも飲むことができます。

ブレンドコーヒーの種類は、マンデリン、モカド、ダーク、やんばる限定のゴールドです。

さらに、予約制ではありますが焙煎の体験もできます。

少量の場合は約5分ほどでできるので、気軽に自分だけのオリジナルブレンドコーヒーを作ることができます。

瀬底島の思い出作りにおすすめ!

■正式名称:やんばる焙煎工房、49ストア
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底500
■アクセス方法:瀬底大橋から車で2分
■営業時間:朝7:00~20:00
■定休日:年2回ぐらい
■公式サイト:https://ja-jp.facebook.com

7.パン屋「モクプニ」


Photo by S.Inoue

View this post on Instagram

Mokupuni🍞さん(@okinawa_mokupuni)がシェアした投稿

オシャレなメロンパンのお店「モクプニ」。

お店に入ると焼きたての甘いにおいがふわ~と広がります。

メロンパンの皮は厚みのあるクッキー生地でサックサク。

店内には常時3種類のアイスクリームがあり、アイスをトッピングすると美味しさアップ!

他にもとってもカワイイ、インスタ映え間違いなしのメロンパンがたくさんありました。

シマバナナとラズベリーのメロンパン
イチゴをたっぷり使用したイチゴフルーツメロンパン
マンゴーフルーツメロンパン

などなど。

店内には飲食スペースがないので、海辺で持って行って食べたり、ドライブしながら食べましょう。

沖縄の抜けるような青空と、エメラルドグリーンとコバルトブルーの海をみながら食べるメロンパンはテンション上がりますよ!

■正式名称:Mokupuni (モクプニ)
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底72-1
■アクセス方法:瀬底大橋から車で4分
■営業時間:11:30~18:00
■定休日:火曜日、水曜日
■公式サイト:https://mokupuni.business.site/

8.パン屋「MONI sandwich&cafe」

MONIcafe
Photo by S.Inoue

View this post on Instagram

MONI (SANDWICH& CAFE)さん(@moni.sandwich.cafe)がシェアした投稿

テイクアウトメインのカラフルな色合いの古民家カフェ。

サンドイッチと飲み物のみの販売となっています。

インスタ映えをコンセプトに作られていそうで、店内とってもPOPでかわいいです。

瀬底島の新たなインスタ映えスポットとして今後人気が出そうなお店です。

■正式名称:MONI sandwich&cafe
■住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底1585
■アクセス方法:瀬底大橋から車で4分
■営業時間:10:00~16:00
■定休日:不定休
■公式サイト:https://www.moni-okinawa.jp/

9.カフェ「りんごカフェ」

りんごカフェ
Photo by S.Inoue

View this post on Instagram

琉球日産自動車さん(@ryukyu_nissan_insta)がシェアした投稿

フランスのマカロンの有名店で修業したフランス人パティシエが作るマカロンのお店。

コーヒーやバニラ、塩キャラメルというオーソドックスなマカロンや、

泡盛や島バナナキャラメル、さんぴん茶、伊江島のピーナッツなどの沖縄素材を使ったマカロンもあります。

また、マカロンだけでなく、焼き菓子やケーキもあり、いずれも甘さ控えめで上品な味。

素材の良さを生かしたスイーツを楽しむことができます。

■正式名称:Ringo café(リンゴカフェ)
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底279
■アクセス方法:瀬底大橋から車で3分
■営業時間:10時~17時(売切れ次第終了)
■定休日:月曜日
■公式サイト:http://oisi-okashi.com/

10.カフェ「fuu cafe」

fuu cafe
Photo by S.Inoue

View this post on Instagram

丹野昭雄さん(@akiotantantan)がシェアした投稿

瀬底島の中でもっとも人気があると噂の「fuu cafe」。

この場所であえて森の中にいるような空間作りをしているハイレベルなオシャレさです。

緑に囲まれた広いガーデンには、ブランコやハンモックがあります。

子供を遊ばせながら、ゆっくりテラス席で食事ができそうですね。

「fuu cafe」で有名なメニューは「海ぶどうとアグーの丼仕立て」。

パッと見は海ぶどうまみれですが、海ぶどうの下にアグーがあります。海ぶどうとの相性は抜群!おすすめです!

■正式名称:fuu cafe(ふう かふぇ)
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底557
■アクセス方法:瀬底大橋から車で5分
■営業時間:11時~ラストオーダー17時
■定休日:水・木曜日
■公式サイト:https://ja-jp.facebook.com

11.カフェ「オレンジサンセット」

オレンジサンセット
Photo by S.Inoue
オレンジサンセット
Photo by S.Inoue

ハワイアンテイストの喫茶店「オレンジサンセット」。

フレンチトーストとパスタがおすすめのお店です。

外観はレトロなハワイアンテイスト。

店内には瀬底島の海や夕焼けの写真がいくつも飾られています。

ハワイアンなゆったりとした音楽流れていて、のんびりとお喋りが出来そうな居心地のいい空間です。

■正式名称:海の見えるカフェ オレンジサンセット
■住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底4673−1
■アクセス方法:瀬底大橋から車で4分
■営業時間:11:00~20:00
■定休日:水曜日

12.グルメ「Pizzaria UKAUKA」

UKAUKA
Photo by S.Inoue

View this post on Instagram

がちまやーさん(@bobo.chums)がシェアした投稿

まき釜で焼いた本格ピッツァの店「Pizzaria UKAUKA」。

生地のモチモチ感、焼き目のカリカリ感、チーズのとろ~り感が最高のビザが味わえます!

テラス席からは瀬底大橋とコバルトブルーの海が一望できますよ。

■正式名称:Pizzeria UKAUKA(ピッツェリア ウカウカ)
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底2281-1
■アクセス方法:瀬底大橋から車で3分
■営業時間:11時30分~16時(生地がなくなり次第終了)
■定休日:火曜日
■公式サイト:http://ukauka.jp/

13.グルメ「家人寿(やーにんじゅ)」

家人寿
Photo by S.Inoue

View this post on Instagram

BRHRさん(@le_petitlapin_)がシェアした投稿

普通の一軒家の中に、オーナーの居住スペース、レストラン、カフェ、1日1組の宿泊施設がある「家人寿」。

宿泊スペースが2階、レストランスペースが1階になっています。

料理は沖縄の家庭料理が中心です。ランチタイムには地元の人や観光客が訪れて賑わっています。

ディナーは完全予約制ではありますが、沖縄の家庭料理を食べたい方には是非訪れていただきたいお店です。

■正式名称:家人寿(やーにんじゅ)
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底215
■アクセス方法:瀬底大橋から車で3分
■営業時間:11:30~。ディナーは完全予約制
■定休日:10月~4月は火、水曜日・5月~9月は水曜日
■公式サイト:http://ya-nin-jyu.com/wp/

14.グルメ「喜菜ハウス瀬底」

View this post on Instagram

知穂さん(@chiho._.1116)がシェアした投稿

View this post on Instagram

知穂さん(@chiho._.1116)がシェアした投稿

沖縄の食材を使ったベジタリアン料理が食べれる「喜菜ハウス瀬底」。

ベジタリアンやヴィーガンの方に対応した料理を提供している隠れ家的なお店です。

素材本来の力を生かし、食べた方が心身共に健康になれる食事が味わえます。

美容にもとっても良いですよ!

■正式名称:喜菜ハウス瀬底
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底139-2
■アクセス方法:瀬底大橋から車で5分
■営業時間:11:30~14:30(夜は完全予約制)
■定休日:月曜日
■公式サイト:http://www.kinatei.com

15.居酒屋「沖縄料理ゆんたく」

ゆんたく
Photo by S.Inoue

View this post on Instagram

❀瀬底島❀ゆんたく❀さん(@ssk_yuntaku)がシェアした投稿

地元の人々に愛されるお店「居酒屋ゆんたく」

沖縄料理とヤギ料理が人気のお店です。

それだけではなく、沖縄ナポリタンや沖縄カルボナーラという創作メニューもおすすめ。

友達同士でパーッと盛り上がれるお店です。

■正式名称:沖縄料理ゆんたく
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底4834-1
■アクセス方法:瀬底大橋から車で4分
■営業時間:17:00~深夜12:00
■定休日:日曜日
■公式サイト:https://www.instagram.com

16. 体験「まいまいシーサー」

View this post on Instagram

瀬底島まいまいシーサーさん(@49mymy)がシェアした投稿

View this post on Instagram

瀬底島まいまいシーサーさん(@49mymy)がシェアした投稿

シーサーを作りたい方も、シーサーを作る自信はないけど色を塗ったりはしてみたいという方も楽しめる「まいまいシーサー」。

シーサー作り体験は、土から作ります。

完成後は素焼きにし、絵を付ける、1時間半ほどでのコースです。

絵付け体験は、すでに作ってあるシーサーに絵をつける、20分ほどのコースです。

人気なのはウエディングシーサーと、ファミリーシーサー。

小物は約100種類あり、シーサーを飾る台も豊富にあるので、自分だけの特別なオリジナルシーサーを作ることができます。

■正式名称:瀬底島まいまいシーサー
■住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底472-1
■アクセス方法:瀬底大橋から車で3分
■営業時間:11:30~17:00
■定休日:なし
■公式サイト:https://www.mymy-si-sa.com/

瀬底島に行こう!

いかがでしたか?

瀬底島は車で簡単に行ける島ですが、とてもきれいで、とても静かで、とても海がキレイな特別な場所です。

沖縄旅行の際には是非足を延ばしてみてください!

離島好きへ捧ぐ!実際に沖縄を旅した僕が選ぶおすすめの離島ベスト20

実際に沖縄を4ヶ月間旅した僕が選ぶ沖縄離島ランキングベスト20を紹介します!人生で初めての一人旅でしたが最高の時間を過ごしました!果たして離島ランキング第一位に選ばれるのはどの島なのか!?

【沖縄南部1泊2日】在住者おすすめ!心満ちる女子旅ドライブコース

那覇空港から針路は南へ!ビーチ・フォトジェニックスポット・絶景ポイント・隠れ家グルメ・海カフェなど沖縄の魅力全開な沖縄南部女子旅モデルコースのご紹介です。沖縄南部ならではの癒しパワーで心が満ちてくるドライブ旅へ出かけましょう。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

S.Inoue
親が転勤族だったため引っ越しが多く、社会人になってからも福岡、神奈川、埼玉、長野、大阪、熊本など住みたいところに住む生活をしてきました。旅をするのも好きで、北海道、青森、東京、沖縄に行きました。年に2回は沖縄に行くほど沖縄好き!将来の夢は沖縄移住!
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で