和歌山・白浜温泉のお土産ランキングTOP25🎁

万代正平

トラベルライター

シェアありがとうございます

白浜パンダ
Photo by ac

南紀白浜は、温泉地で観光地でもあるので、お土産はいろいろあります。

伝統的な銘菓から食品を中心に、紀州・和歌山を代表する物ばかりですから、どれを選べば良いか正直迷うでしょう。

そこで今回は、南紀白浜の素晴らしいお土産を25アイテムに厳選しました。

わかりやすいランキング形式で紹介します。

第25位 JA「JOINジュース」

View this post on Instagram

Takayuki Kamadaさん(@kamadatakayuki)がシェアした投稿

JOINジュースは、JA和歌山の販売しているみかん果汁のジュースです。

みかんの産地和歌山全体のお土産ですが、南紀白浜でもお土産で買えます。

観光客がお土産で一番買いやすいのは、他のお土産も多く販売している「とれとれ市場」でしょう。

とれとれ市場にはいろんなお土産があるので、他のお土産とセットで買えます。

愛媛のポンジュースほどの知名度が無いので、珍しがられるでしょう。

【正式名称】とれとれ市場 南紀白浜
【住所】和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521番地
【アクセス】白浜駅から車で5分
【営業時間】8:30-18:30
【定休日】無休
【電話番号】0739-42-1010
【HP】http://www.toretore.info/

第24位 中田食品「梅ワイン」

View this post on Instagram

Sumakoさん(@sumasumas)がシェアした投稿


南紀白浜のお土産の一つに「梅」があります。

梅干しが有名ですが、一風変わったところで、「梅ワイン」があり、梅酒とは違うので注意しましょう。

梅酒はアルコールに付け込むだけですが、梅ワインは梅の実を発酵させたものです。

中田食品の梅ワインは甘さ控えめです。

白浜でも購入できますが、隣の田辺市にある直売所に行けば、いろんな梅商品が買えるでしょう。

【正式名称】中田食品本社売店
【住所】和歌山県田辺市下三栖1475
【アクセス】紀伊新庄駅から車で10分
【営業時間】9:00-17:30
【定休日】無休
【電話番号】0739-22-2858
【HP】http://www.nakatafoods.jp/

第23位 儀平「かりんと饅頭」

View this post on Instagram

hanahanaさん(@s.hanahana)がシェアした投稿

潮岬のある串本で薄皮まんじゅうを作っている「儀平のかりんと饅頭」は、南紀白浜土産に最適です。

餡に沖縄県産の黒糖を使い、生地をカリカリと固くしましたので、本物のかりんとうを食べているような錯覚を感じます。

儀平のかりんとう饅頭は、南紀白浜のお土産売り場でも買えますが、本店は潮岬近くなので、潮岬の観光の予定があれば、直接直営店に行くのも良いでしょう。

【正式名称】儀平菓舗
【住所】和歌山県東牟婁郡串本町串本1851
【アクセス】串本駅から徒歩3分
【営業時間】7:00-18:30
【定休日】無休
【電話番号】0735-62-0075
【HP】http://gihei.com/

第22位 七福堂「田辺っ子」

View this post on Instagram

Tanukinomassanさん(@massan1029)がシェアした投稿

南紀白浜の北にある紀伊田辺は、紀州徳川家の家老が城主として城があったところです。

その城下町に住んでいた田辺の人たちの人情をイメージした七福堂のお菓子「田辺っ子」は、特製のクリームにこだわりの国産バターを使った生地で挟みました。

口当たりが柔らかくて優しい味なので、南紀白浜土産の一つとして候補に入れておきましょう。

【正式名称】七福堂
【住所】和歌山県田辺市新屋敷町63-7
【アクセス】紀伊田辺駅から徒歩8分
【営業時間】7:30-19:00
【定休日】日曜日
【電話番号】0739-22-2541
【HP】https://tanabekko.com/

第21位 早和果樹園「黄金ジャム」

View this post on Instagram

ゆきさん(@_m.yukichan0215)がシェアした投稿

和歌山の有田みかんを活用したのが、早和果樹園の「黄金ジャム」です。

みかんの果肉だけを使って作ったジャムで、トーストにつけると名前の通り、黄金に光り輝きます。

そして、見た目より甘さが抑えられており、糖度40度なので、余計な甘さを感じることなくみかん本来のおいしさだけを体感できるでしょう。

【正式名称】早和果樹園本社店
【住所】和歌山県有田市宮原町新町275-1
【アクセス】紀伊宮原駅より徒歩16分
【営業時間】9:30-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0737-22-3390
【HP】https://sowakajuen.com/

第20位 北山村「じゃばらドリンク」

View this post on Instagram

mihao2002さん(@_mm_merienda_)がシェアした投稿

白浜から熊野古道に沿って進んだ先に北山村があり、その特産品「じゃばらドリンク」を南紀白浜土産に加えるのも良いでしょう。

これは熊野地方原産で、「邪気を祓う」から名前が付いたかんきつ「じゃばら」のドリンクです。

とれとれ市場でも販売しており、マスコミでも話題になった商品なので、ぜひ購入しましょう。

濃厚果汁なので、飲むときには3・4倍に薄めてください。

【正式名称】とれとれ市場・とれとれ亭
【住所】和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521番地
【アクセス】白浜駅から車で5分
【営業時間】8:30-18:30
【定休日】無休
【電話番号】0739-42-1010
【HP】http://www.toretore.info/

第19位 山崎梅栄堂「熊野古道物語」

View this post on Instagram

ラブスイーツさん(@cake.icecream.choco)がシェアした投稿

南紀白浜の「山崎梅栄堂」は、梅干しをはじめ様々な食品や菓子類を販売してます。

その中の一つ「熊野古道物語」は、紀州産の梅肉と欧風せんべいにホワイトクリームを練り合わせて作られた梅クランチです。

ソフトに焼き上げたので香ばしさと、梅肉の甘酸っぱさのバランスが絶妙で、ティータイムのお菓子として完璧でしょう。

一口サイズの袋詰めでも販売しています。

【正式名称】山崎梅栄堂
【住所】和歌山県西牟婁郡白浜町2386−47
【アクセス】白浜駅から車で10分
【営業時間】8:30-17:30
【定休日】日曜日
【電話番号】0739-43-2056
【HP】http://www.kishukumano.com/

第18位 たな梅「なんば焼」

View this post on Instagram

プレミア和歌山さん(@premier_wakayama)がシェアした投稿

南紀白浜の北、紀伊田辺にある老舗「たな梅」は、蒲鉾屋です。

この伝統のかまぼこ作りの技術を生かして作られた特産品「南蛮(なんば)焼」は、お土産には最適でしょう。

西日本の魚介類を手作業ですり身にして焼き上げた一品は、魚の風味が生かされており、市販のかまぼことは味の次元が異なります。

なんば焼のミニサイズ「紀州っ子」もおすすめです。

【正式名称】たな梅本店
【住所】和歌山県田辺市福路町39
【アクセス】紀伊田辺駅から徒歩10分
【営業時間】8:30-17:30
【定休日】無休
【電話番号】0739-22-5204
【HP】http://www.tanaume.jp/

第17位 香梅堂「鈴焼」

View this post on Instagram

takako inadaさん(@takakocaramel)がシェアした投稿

和歌山の橋、新宮市にある紅梅堂には、鈴焼というオリジナルのお土産があります。

鈴の形をしたお菓子(カステラ)ですが、その味わいはふわふわな口当たりで、非常に口当たりがよく、次々食べたくなるほどのうまさのため、非常に評判が良いです。

ただ、販売しているのが新宮の本店のみなので、新宮方面に観光を考えている場合でのお土産として検討しましょう。

【正式名称】紅梅堂
【住所】和歌山県新宮市大橋通3丁目3-4
【アクセス】新宮駅から徒歩13分
【営業時間】8:00-21:00
【定休日】無休
【電話番号】0739-22-5204
【HP】http://www.suzuyaki.jp/

第16位 福梅本舗「華結」

View this post on Instagram

ふるさと納税ポイント制サイト「ふるぽ」さん(@furupo_sns)がシェアした投稿

南紀白浜で販売している梅干の名店「福梅本舗」で、好みに応じた塩分の度合いが様々に異なる梅干しを販売しています。

そのなかでも「華結(はなむすび)」は、他の商品とは一線を画しているでしょう。

紀州特選南高梅「華結」は、梅を一つ一つ和紙に包んでお菓子のようにして販売しています。

贈答用なので、お土産にはまたとないアイテムです。

特別な人に送る時にも最適でしょう。

【正式名称】福梅本舗
【住所】和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2497-36
【アクセス】白浜駅から車で3分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0120-536-870
【HP】http://www.fukuume.com/

15位からは次ページでご紹介!👇

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で