シンガポールのクラブTop10!朝までパーティーを楽しもう!

Vista

トラベルライター

Photo by Free-Photos
旅行の際には少し羽目を外してナイトライフを楽しみたい!という人は多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめしたいのがクラブです。

シンガポールのクラブは欧米などもものと違って危険が少ないので、安心して楽しむことができます。 そこで今回は、シンガポールのクラブを紹介していきます。

【シンガポールの基本情報】
時差 1時間(サマータイムなし)
言語 英語
通貨 1シンガポールドル=約84円
気候情報 年間を通して温暖、湿度が高い

第10位 バリザ

View this post on Instagram

BALIZAさん(@balizasg)がシェアした投稿

カバーチャージが30ドル以下とシンガポールのクラブの中では安いことで知られているバリザ。
クラブの中には通常のダンスフロアに加えて、VIPスイートという贅沢なエリアも設けられています。EDMとヒップホップを中心とした音楽を楽しむことができます。

【正式名称】Baliza
【住所】6 Raffles Blvd, 01-04, Singapore 039594
【アクセス】MRTエスプラネード駅から徒歩5分
【公式サイト】http://baliza.com.sg

第9位 キロラウンジ

View this post on Instagram

Edwin Walimanさん(@edwinwaliman)がシェアした投稿

観光スポットから少し離れたところにある隠れ場的クラブ、キロラウンジ。タンジョンパガーという住宅エリアに位置しているため、地元の人の利用が多いのが特徴です。

カバーチャージは他のクラブよりも安い20ドル、そして木曜日は無料で入場することができます。

また、豊富なアジア料理を提供しており、食事も同時に楽しむことができます。

【正式名称】Kilo Lounge
【住所】21 Tanjong Pagar Road, #01-02/04, シンガポール 088444
【アクセス】MRTタンジョンパガー駅から徒歩10分

第8位 エフ クラブ

View this post on Instagram

djdominationさん(@djdomination)がシェアした投稿

あまり有名なクラブではないですが、ファッションをテーマとしたクラブであり、ほかのクラブとは一味違った雰囲気を味わうことができます。

シャンデリアや宗教画などが飾られており、アンティークな雰囲気も漂う少し不思議な空間。

ヒップホップやR&Bを中心としており、日本人でも知っている曲が多いのが特徴です。

【正式名称】F. Club
【住所】3B, 01-08 River Valley Rd, シンガポール 179021
【アクセス】MRTクラークキー駅から徒歩5分
【公式サイト】http://www.f-club.sg

第7位 アルティメイト

View this post on Instagram

Koji Shiraishiさん(@cozi888)がシェアした投稿

アルティメイトはワンラッフルズプレイスというビルの61階に位置しているクラブです。
そこまで大きいクラブではないですが、夜景を同時に楽しめるの点がおすすめ。

上の階にはルーフトップバー、1-Altitudeがあるので併せて利用するのもいいでしょう。

【正式名称】Altimate
【住所】Level 61, 1 Raffles Place, シンガポール 048616
【アクセス】MRTラッフルズプレイス駅から徒歩5分
【公式サイト】https://www.1-altitude.com/altimate/about/

第6位 タンジョンビーチクラブ

View this post on Instagram

Tanjong Beach Clubさん(@tanjongbeachclub)がシェアした投稿

タンジョンビーチクラブはセントーサ島に位置しています。

アメリカの旅行雑誌「Condé Nast Traveller」で紹介されたこともある欧米人からも人気のクラブで、リゾート気分を満喫することができます。

セントーサ島での観光を楽しんだ後に立ち寄るといいでしょう。

【正式名称】Tanjong beach club
【住所】120 Tanjong Beach Walk, Sentosa Island, シンガポール 098942
【アクセス】セントーサエクスプレス インビア駅から徒歩25分
【公式サイト】http://www.tanjongbeachclub.com

第5位 バンバン

View this post on Instagram

APICHAYA K.さん(@mymilkks)がシェアした投稿

パンパシフィックホテル内にある国内最大級のクラブです。

ヒップホップやEDMなどのミュージックが中心で、高解像度LEDディスプレイなどの最新設備を備えているのが特徴。

クラブの中でも特に盛り上がっているので、クラブに行きなれている人や、パーティー好きにはおすすめです。

【正式名称】BANG BANG
【住所】7 Raffles Boulevard, Marina Square, シンガポール 039595
【アクセス】MRTプロムナード駅から徒歩5分
【公式サイト】https://www.bangbangclub.sg

第4位 アッティカ

View this post on Instagram

Idah Zainal 💎さん(@selfiexxqueen)がシェアした投稿

Atticaはクラークキーにあるシンガポールで最も有名なクラブの1つ。

立地がいいことから、クラークキーで食事をした後に立ち寄る観光客が多いのが特徴です。また、地元の人にもリピーターが多く、特に女性からの絶大な人気を得ています。

日本人の利用も多いので、気軽に利用することができます。

【正式名称】Attica
【住所】177 River Valley Rd, シンガポール 179030
【アクセス】MRTクラークキー駅から徒歩5分
【公式サイト】http://www.attica.com.sg

第3位 キャンバス

View this post on Instagram

Jordan Suckleyさん(@jordansuckley)がシェアした投稿

キャンバスは日中はイベントスペースとして貸し出しをしている、リバーサイドの位置するクラブ。

ミュージックと共に、ストリートアートやデジタルアートを楽しめるのが特徴です。

そこまで混雑しておらずリラックスした雰囲気なので、クラブ初心者にもおすすめです。

【正式名称】Canvas
【住所】20 Upper Circular Rd, #B1-01/06 The Riverwalk, シンガポール 058416
【アクセス】MRTクラークキー駅から徒歩5分
【公式サイト】https://www.canvasvenue.sg

第2位 ズーク

View this post on Instagram

パリピ留学 -SAPP-さん(@party_ryuugaku)がシェアした投稿

ズークは、シンガポールで最も大きいクラブとして知られています。特に若者の利用が多く、お客さんのほとんどが20代です。

クラブ内は300人を収容するほど広々とした空間なので、窮屈な思いをせずにダンスを楽しむことができます。

【正式名称】Zouk
【住所】3C River Valley Road, The Cannery, シンガポール 179022
【アクセス】MRTクラークキー駅から徒歩5分
【公式サイト】http://zoukclub.com

第1位 セラビ

View this post on Instagram

Shaifudin Suhaimi // DJ Shaiさん(@djshaisg)がシェアした投稿

マリーナベイサンズの中の57階にあるce la viは、シンガポールのクラブの中でも特に豪華

宿泊していない人でも利用することができますが、地元の人の利用は少なくほとんどが欧米からの観光客です。
ce la viはドレスコードあるので、襟付きシャツや長ズボンなどフォーマルな服装で行くようにしましょう。

【正式名称】CÉ LA VI
【住所】1 Bayfront Avenue Marina Bay Sands Tower 3, シンガポール 018971
【アクセス】MRTベイフロント駅から徒歩5分
【公式サイト】http://sg.celavi.com

シンガポールではナイトライフも楽しめる!

シンガポールのクラブを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?普段はまじめなシンガポール人も夜になるとパーティーを楽しみます。

シンガポールのクラブは敷居が低く、初めての人でも行きやすい雰囲気です。ぜひシンガポールに行った際にはクラブに行って、朝までダンスを楽しみましょう!

シンガポールの絶景夜景スポットに行ってみよう♥

シンガポールに行った際に欠かせないのが夜景。 マリーナベイサンズのルーフトップバーは有名ですが、もう1つおすすめできるのがラッフルズプレイスにある1-Altitude。今回は穴場スポット1-Altitudeの魅力をご紹介していきます。

シンガポールをまるまる楽しむ3泊4日のモデルコースをチェック♡

日々進化を遂げる、美しい国シンガポール。 治安もよく、女子旅や子供連れの旅行にも最適です♪ そんなシンガポールでの、私のおすすめ4日間滞在プランをご紹介します。 ミシュランガイドシンガポールにビブグルマンとして掲載されたシンガポールチキンライスのお店や、2018年7月にオープンした新スポットなど、必見です★

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo