事前確認を忘れずに!シンガポールのコンセントと電圧について

Vista

トラベルライター

 Photo by cegoh
旅行に行く際に確認していかなければいけないのは、現地のコンセントのタイプです。

これをしっかりと確認しておかないと、現地で携帯やカメラが充電できない!なんてことも。

そこで今回は、シンガポールのコンセントについて紹介します。

時差 1時間(サマータイムなし)
言語 英語
通貨 1シンガポールドル=約84円
気候情報 年間を通して温暖、湿度が高い

1. シンガポールのコンセントの形状

Photo by geralt
日本のコンセントの形状はAタイプです。一方でシンガポールのコンセントはBFタイプ。

そのため、日本の電化製品をシンガポールにもっていってもそのままでは、コンセントに差し込むことができません。

そのため、シンガポールに旅行する前にはBFタイプの変換プラグを購入するようにしましょう。

変換プラグは家電量販店や100円ショップで購入することが可能です。また、少し割高になりますが出発前の空港でも購入できます。

シンガポール現地でも購入することは可能ですが、日本の倍以上の値段がするのでなるべく日本で購入するのがおすすめです。

2. ホテルのコンセント

Photo by cegoh
シンガポールのホテル内のコンセントもBFタイプとなっています。

そのため、変換プラグが必要となりますが、一部の高級ホテルなどでは、客室内に日本人向けに変換プラグを用意しているところもあります。

例としてはマリーナベイサンズなどが挙げられます。

このホテルでは、各客室の1つ変換プラグが設置されており、フロントに言えば追加で貸してもらうことが可能。

このようなハイグレードなホテルに滞在する場合は日本から持参する必要はないので、あらかじめホテルに確認をするといいでしょう。

3. 空港、飛行機での充電

Photo by Mr_Worker
旅行に行った際に、空港や飛行機の中でスマートフォンの充電をしたい、という人も多くいるでしょう。

機内や空港ではUSBケーブルを差し込むだけで充電することができるので、変換プラグを使用する必要はありません。

そのため、変換プラグは荷物にならないよう、チェックインする荷物の中に入れてしまいましょう。

4. その他の国のコンセント

Photo by www_slon_pics
シンガポールに旅行に行く際に、インドネシアやマレーシアなど近隣諸国も一緒に回る人もいるでしょう。

同じ東南アジアだからといって、同じコンセントの形状であるとは限りません。

例えば、インドネシアはB/C/SE、フィリピンはA/C/O、タイはA/BF/Cタイプなど、国によってそれぞれです。

そのため、複数の国を訪問する予定がある場合は、シンガポールだけではなく他の国のコンセントの形状についても調べておきましょう。

加えて、それぞれに国ごとに変換プラグを用意するのが面倒、という人にはマルチ変換プラグがおすすめです。

マルチ変換プラグは、複数のタイプに対応することができるので、これ1つ持っておくと旅行の際に大変便利です。

5. シンガポールの電圧

Photo by rawpixel
シンガポールの電圧は230V、周波数は50Hz、一方で日本の電圧は100Vで周波数は50〜60Hzです。

周波数はシンガポールに対応していますが、電圧は大きく異なるため、日本の電化製品をシンガポールで利用する際には変圧器が必要となります。

しかし、最近のパスコン、スマートフォン、デジカメなどはグローバル対応しているものが多く、海外でもそのまま使うことができます。

グローバル対応のものには充電器に、「100〜240V」と書いてあるので、この記載があるかを事前に確認しておきましょう。

6. 電圧の注意点

Photo by Jo_Johnston
旅行に持っていくような電化製品であれば変圧器が不要であることがほとんどです。

しかし、一部のドライバーなどは変圧器が必要なります。

女性で自分のドライヤーを持っていきたい、という場合などは電圧を確認するのを忘れないようにしましょう。

変圧器を使用しない場合、電化製品の故障や、最悪の場合火災に発展することもあります。

そのため、シンガポールで日本の電化製品を使用する際にはあらかじめすべての電圧を確認するようにしましょう。

7. シンガポールで変換プラグは必須

シンガポールに旅行に行く際には、変換プラグの持参は必須となります。

これがないと現地では日本の電化製品を使用することができないので要注意です。

また、場合によっては変圧器の購入も必要となります。

旅行前にはしっかりとチェックリストに加えて、現地で困ることがないようにしましょう!

かわいい動物がいっぱい♡シンガポール動物園に行ってみよう!

シンガポールは日本から比較的短い時間で行くことができることから、家族旅行先としても大人気。そして、シンガポールで家族で楽しめるおすすめ観光スポットの1つがシンガポール動物園です。 そこで今回は、シンガポール動物園の概要や楽しみ方を紹介していきます。

プール付きホテルで優雅な旅を・・・♡

シンガポール中心部の観光スポットやセントーサ島を満喫しながら、ホテルの質やサービスにも注目してゆったりとした時間を過ごしてみませんか?こちらの記事では、シンガポールの中心部とセントーサ島にある、プール付きのおすすめホテルをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo