スペイン観光スポットおすすめ25選!バルセロナとマドリッドだけじゃもったいない!

渡邉日菜子

トラベルライター

Spainさん(@spain)がシェアした投稿

成田からスペイン首都マドリッドまで直行便で14時間。

ヨーロッパ「スペイン」といえばマドリッドの王宮やバルセロナのガウディ建築、グラナダのアルハンブラ宮殿が人気ですよね!

でもスペインの魅力はそれだけではありません!

ここでは人気スポットから穴場までスペインの見どころ25選をご紹介します。

1. マドリッド

<マドリッドってどんな場所?>

スペインの首都。スペインの魅力が詰まった街です!

イベリア半島の中心部で、美術館や教会、王宮から広場が数多くあります。

また、ピカソやダリなどの芸術家の作品、レアル・マドリードの試合観戦も楽しめます。

写真は、プエルタ・デル・ソル(日本語で太陽の門)。

スペインの中心から地方への起点を表すホタテの貝のプレートがあります。

王宮

西ヨーロッパ最大規模を誇り、豪華な装飾が楽しめます。

18世紀の国王カルロス3世から、20世紀の国王アルフォンソ13世までの住まいとして
使用されたマドリードの王宮は、スペインの歴史を感じることができます。

【住所】CalleBailén , s/n 28013
【時間】冬時間(10~3月)10:00~18:00 夏時間(4~9月)10:00~20:00
休業日: 1月1日と6日、5月1日、12月25日 / 午後3時より閉店 12月24日と31日
【入場料】一般:10 € 割引料金:5 €
【公式サイト】https://www.esmadrid.com 

2. アルカラ・デ・エナーレス

<アルカラ・デ・エナーレスってどんな場所?>

マドリードから東、電車で35分程度のところに位置。

街全体が大学都市で、緑の庭園や歴史ある建築物が沢山。

今回は世界遺産「アルカラ・デ・エナレスの大学と歴史地区」世界遺産登録されていたり、

ドンンキホーテの作者セルバンテスの生家が残る中世の街。

アルカラ大学

1499年にシスネロス枢機卿が、コンプルテンセ大学として創設しました。

世界でも有数の歴史をもつ大学。

校舎だけでなく、内部の中庭、庭園や講堂もきれい!

【住所】Plaza de San Diego, s/n, 28801 Alcalá de Henares, Madrid, スペイン
【公式サイト】https://www.uah.es/es/

3. エル・エスコリアル

Svetlana Denisovaさん(@chus_y_figo)がシェアした投稿

<エル・エスコリアルってどんな場所?>

マドリッドの北西に位置しており、夏は涼しく、今は避暑地の別荘が多く建てられています。

首都からはバスで1時間で行けるアクセスの良さ!

スペインの猛暑をしのぐため、中世に建てられた王家の宮殿が残っています。

エル・エスコリアル修道院

教会、王宮、神学校、図書館を含む複合施設で 「マドリードのエル・エスコリアルの修道院と王室用地」として1984年に世界遺産に登録されました。

エル・エスコリアル修道院は、スペイン帝国の黄金時代を象徴しています。

特に4万冊以上書蔵している図書館は圧巻です!

【住所】28200 San Lorenzo de El Escorial
【入場料】一般10€
【公式サイト】http://www.patrimonionacional.es

4. トレド

Marko Vrandecicさん(@dezurni_krivac)がシェアした投稿

<トレドってどんな場所?>

マドリッドからは新幹線で1時間とアクセス抜群。

「もし1日しかスペインにいられないなら、迷わずトレドに行け」と言われるほど、

トレドはスペイン魅力的なスペインの観光地として有名です。

イスラム支配の名残で、イスラム、ユダヤ、キリストの3つの文化が色濃く残っています。

また、宗教画家のエルグレコの生まれ育った街としても知られていて、彼の作品が数多く残っています。

サントトメ教会

 トレドの伝統菓子、マサパンはアーモンドの香りがして、甘くて美味しい!

美味しいマサパンが購入できます!

【住所】Calle de Santo Tome, 3 45002 Toledo 
【公式サイト】http://mazapan.com

5. アランフェス

LauriPhotoさん(@lauriphoto89)がシェアした投稿

<アランフェスってどんな場所?>

マドリード州南部に位置。

マドリッド、アトーチャ駅から電車で1時間で行けちゃいます!

15世紀以降は王室の避暑地として発展し、16世紀半ばには王宮の建設がはじまりました。

アランフェス王宮

Peter Lydenさん(@peter.lyden)がシェアした投稿

緑豊かな自然に囲まれた土地にある王宮。

アランフェス王宮と回りを囲む美しい庭園は「アランフェスの文化的景観」として世界遺産登録されています。

ハプスブルク家、王家の豪華な生活をのぞけます。

【住所】Plaza de Parejas, s/n, 28300 Aranjuez, Madrid
【公式サイト】http://www.patrimonionacional.es
【時間】10月-3月 10:00-17:15  4月-9月 10:00-18:15 休業日:月曜日

6. クエンカ

<クエンカってどんな場所?>

Jucar川とHuecar川の峡谷にできた街。

14世紀から存在していると言わる宙吊りの家や、16世紀建設のサン・パブロ修道院などの中世の建造物が残り、

その街並みは「歴史的城塞都市クエンカ」として世界遺産にも登録されています。

13世紀に建てられたカテドラルもきれいです!

宙吊りの家

宙づりの家は、14世紀に王宮の別荘として建てられました。

別名、不安定な家とも呼ばれ、不気味な雰囲気が漂いますね。

【住所】Calle de los Canónigos 16001 Cuenca, Spain
【公式サイト】http://www.march.es

7. セゴビア

Carlos Estebanさん(@carlosfinlay)がシェアした投稿

<セゴビアってどんな場所?>

マドリッドの北部にあり、マドリッドから新幹線で30分とアクセス良し。

古代から栄えていた街で、旧市街とローマ水道橋は世界遺産に登録されています。

ディスニーの「白雪姫」のお城のモデルになったアルカサルも見逃せません!

ローマ水道橋

Spainさん(@spain)がシェアした投稿

セゴビア旧市街とローマ水道橋(スペイン)は世界遺産登録されています。

紀元前1世紀ごろ建てられた巨大な水道橋は圧巻!

【住所】Plaza del Azoguejo, 1, 40001 Segovia

8. サラマンカ

Tanis.さん(@ceescalanteb)がシェアした投稿

<サラマンカってどんな場所?>
スペイン最古の大学が残り、現在も大学都市として栄えています。

サラマンカ大学、マヨール広場は学生で大にぎわい!

貝の家

Kawasedaさん(@kawaseda)がシェアした投稿

 貝の家は15世紀後半に建てられたもの。

外壁は約400個のホタテの貝で装飾されています。

ホタテ貝は、聖ヤコブの墓があるサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼のシンボル。

【住所】Calle Compañía, 2, 37002 Salamanca
【時間】平日 9:00-21:00 土9:00-14:00、16:00-19:00(日祝の午前は10:00-, 6/1~9/12の午後は17:00-21:00)
【公式サイト】https://www.salamanca.es/es/

9. メリダ

Conchi 📸🚺さん(@pumukyct)がシェアした投稿

<メリダってどんな場所?>
紀元前25年にローマ帝国の都市として栄えました。

小ローマと呼ばれて、ローマ時代の建築物が多く楽しめます。

円形劇場

 紀元前8年の歴史ある建築。

収容人数1万4千人という壮大な建物で、剣闘士の戦いや戦車協議などが行われました。

【住所】Calle Compañía, 2, 37002 Salamanca
【時間】平日 9:00-21:00 土9:00-14:00、16:00-19:00(日祝の午前は10:00-,
6/1~9/12の午後は17:00-21:00)
【公式サイト】https://www.salamanca.es/es/

10. バルセロナ

A N Aさん(@anacatarinadinis)がシェアした投稿

 <バルセロナってどんな場所?>

スペインのフランス近くにあるカタルーニャ州にあります。

サクラダファミリアをデザインした、 ガウディ建築が街にたくさん!

インスタ映えの建築物が綺麗で楽しい街!

地中海にも面しているので、海産物も美味しい♡

サクラダファミリア

ありるさん(@ariruariru)がシェアした投稿

この迫力は、実物を見ないと伝わらない!

完成予定は2026年。

この不思議な未完成の魅力を味わえるのは今のうちです!

チケットはネットで購入できます。

【公式サイト】http://www.sagradafamilia.org
【料金】29.00€ (塔のエレベータ&オーディオガイド付き)

コロニアグエル教会

Leanne Mooreさん(@moore.everything)がシェアした投稿なんtなんとい

ガウディ建築らしい、トレンカディス(破砕タイル)やステンドグラスの装飾が
とってもきれいです!!!!

グエル公園、グエル邸、カサ・バトリョ、カサ・ミラに加えて、ここはみどころ!

【住所】Carrer Claudi Güell, 08690 La Colònia Güell, Barcelona, スペイン
【公式サイト】http://www.gaudicoloniaguell.org
【営業日】平日 10:00~17:00 (5~10月は ~19:00) 土日祝日 10:00~15:00
【休業日】1/1、6、聖金曜日、12/25、26
【料金】一般7ユーロ、学生 5.50

11番目以降は、2ページ目から

バレンシアなどおすすめの場所を紹介していきます♪