【旅×写真 企画第二弾♡】元カメラ販売員が教える、カメラの魅力とは?

エディター

シェアありがとうございます

タビフルフォト企画第2弾!

今回はカメラ販売歴2年、現在は本業の傍ら趣味ではもちろん、ライブ撮影や観光スポットの撮影でも活躍するカメラ女子の國岡さんに、カメラの魅力からオススメのフォトスポットまでインタビューさせていただきました。

1. 猫とカメラ、登山大好きな國岡です。

編集部:『自己紹介をお願いします!』

國岡さん:『猫とカメラ、登山が大好きな國岡です。

2年間販売員としてカメラを販売していました。現在は本業の傍ら、趣味ではもちろん、ライブ撮影や観光スポットなどにも撮影依頼を受けて足を運んだりしています。

今日はよろしくお願いします^^』

“TeKU TeKU” camera club はじめました!

カメラと写真好きのためのカメラサークルです。お気軽にご参加ください。http://pempem.webcrow.jp/teku-teku/

2. 一眼レフ特有のシャッター音や、カメラ設定を調節しながら撮影する時に感じる「撮影している感」

編集部:『國岡さんがカメラを好きになったきっかけは何ですか?』

國岡さん:『初めてカメラを購入したのは高校生の時。

広島出身なのですが、学校の規則が厳しく、ケータイを持ち込めないから写真が撮れない!ということでデジカメを購入したのがきっかけ。

散歩に出かける時やちょっとしたお出かけにもデジカメを持ち歩いていたので、今考えるとその頃から写真を撮ることが好きでしたね。』

編集部:『そうだったんですね!ちなみに一眼レフを手にしたのはいつでしたか?』

國岡さん:『一眼レフを購入したのは上京してから。

20歳になった時、「カメラ女子」や「森ガール」が流行っていたことなどもあり、ドキドキしながら一眼レフを購入!

それまでの人生で一番大きな買い物でしたね〜。

ミラーレスにはない一眼レフ特有のシャッター音も、カメラ自体を調整しながら写真を撮っていく時に感じる「撮影している感」も大好き!

カメラそのものが好きなので、被写体の方がいる撮影やお仕事の時以外は、撮ってからPCで編集というよりもカメラをその場で随時調整しながら撮影することが好きですね。』

3. あなたのお気に入りのフォトグラファーを教えてください

山本まりこさん

國岡さん:『フォトグラファーの中でも人気なエアリーフォト。

私の中のエアリーフォトグラファーとして一番の有名人!笑

自分にしかない世界を切り取ってる感じが素敵です。』

いわくらしおりさん

冬のお祭り。

iwakura shioriさん(@iwakurashiori)がシェアした投稿 –

國岡さん:『こちらのフォトグラファーさんは、日常を切り取ってる感じが好き。

光の撮り方とか、山本さんとはまた違ったこのテイストに惹かれます。』

4.今まで撮影した中でオススメのフォトスポットを教えてください。

1.屋久島(白谷雲水峡)

國岡さん:『山登りは大変でしたが、ここで写真撮影がしたくてわざわざ遠出してしまった、思い出のスポット!

もののけの森(白谷雲水峡)。本当に、想像以上の大自然でした。

ジブリが好きなのもあって、もののけ姫感を出して撮影したくて、事前にもののけ姫キャラクターのこだまの置物も購入して撮影。

『撮影中の気分も最高。湿度が高く空気が澄んでいるので癒されるし、

ワクワクしながら写真撮影を行える、かなりおすすめのスポットです!』

2.富良野フラノ(札幌と旭川の間くらい)

國岡さん:『ラベンダー畑が綺麗な6月に訪れるのがおすすめです!

関東周辺のお花畑とは規模の違うラベンダー畑に驚くこと間違いなし。

エアリーフォトが好きな方は特におすすめのスポット。

是非、美瑛の「青い池」とあわせて足を運んでみてくださいね。』

3.スポットじゃないけど、猫。

國岡さん:『猫が大好きで、フォトスポットに行ってはその都度猫を探しちゃう。笑

港周辺に行くと会える確率も高いです♪』

5. 地方のファンにもライブの熱量を届けたい!

編集部:『今までの撮影で印象に残っている撮影はありますか?』

國岡さん:『最近は、ライブ撮影など、依頼されて撮影にいくことが増えてきたのですが、その時の会場の雰囲気やバンドマン達の勢いを写真に収めることが楽しい!

地方のファンの方々にもそのライブの熱量を届けたいという気持ちが強いので、撮影依頼を受けての撮影もやりがいを感じられるし、他の撮影にもその経験を活かせるのがいいですね。

「求められた内容にどう答えるか」って考えながら撮影するのが楽しいです。』

6. まずはしゃがんで撮ってみましょう!

編集部:『初心者でもできるちょっとしたテクニック・撮り方のコツなどあれば教えてください!』

國岡さん:『そうですねー・・・まずは、しゃがんで撮ってみましょう!

道路や町をとる時、カメラを動かして、角度を変えてみる。

どんな場所でも、自分で見た景色と違う景色が撮れるから、作品らしくなりますよ♪

撮りたいイメージを具体的にイメージして、それに合わせてアイテムを使用するのもGOOD。

あとは、練習用として単焦点レンズを使用するのもオススメ。

単焦点レンズだと、ズーム機能などがないため、自分が動かないとレンズの中の景色が変わらないので自然に工夫しながら撮影する癖がつきますよ!』

編集部:『ちなみにやめたほうがいいこと・気をつけた方がいいことってありますか?』

國岡さん:『やめたほうがいいことっていうのかな?

でも強いて言うなら、ポートレート撮影の際は本当に「イメージ」が大事なので、イメージがない、下調べ無しの撮影はやめた方がいいかと思います。

当たり前かもしれませんが、まず撮影イメージがないと、どんな風に撮影すれば良いのか分からない。

なので、「具体的にどんな撮影をしたいのか」というイメージを事前に決めておくのはポートレート撮影にあたってとても重要だと思いますね。

あとは何と言ってもあまり人と比べないこと!

それで撮ることをやめてしまうのはあまりにももったいないです。

初めは誰もが初心者!

何も知識がない時に人と比べるのではなくて、真似からでもいいので是非あなたのイメージを持って撮影してみて下さい^^

自分が撮りたいものを撮りたいように撮ることが何よりも大切だと思いますよ♪』

7. 「おすすめのカメラを教えてください!」

編集部:『カメラ販売員の経験をもつ國岡さん!ぜひおすすめのカメラを教えてください!』

國岡さん:『初心者の方におすすめなのは、やっぱり気軽に楽しみたいならミラーレスまたはカメラのエントリーモデルの一眼レフ。

ミドル、またはフルサイズの一眼がカメラ好きの間では人気ですね。

最近出た中でもソニーのα7Ⅲ(アルファセブン・マークスリー)は、軽いし性能もいいから本当にオススメです。

私も欲しい!!!笑

あとは、コスパがいいと感じるものは20万円前後のミドルモデルですね。

初心者にもリーズナブルだし、一眼ほど重くもない。撮影のスキルが上達した際も、ミドルだとクオリティも悪く無いので買い替えの必要もないのがポイント高いですね。

それでも値段が高い!でもいい写真が撮りたい!って方は、10万円前後の高画質デジカメが良いと思いますよ♪

余談ですが、こちらはカメラでは無いのですが、「VSCO」っていうアプリがおすすめです。

写真に簡単にお洒落なフィルターがかけられて、無料機能のみでも十分素敵な編集ができるので是非使ってみてください♪』

8. カメラを始める一歩を踏み出すのが大事。

編集部:『最後に読者の皆さんへメッセージをお願いします!』

國岡さん:『「カメラを持つようになって、見える世界が変わる。」

様々な状況下において今までなかった「気づき」が自然と多くなります。

カフェに行くだけだったり、散歩中に出会う景色など何でも楽しくなってきたのは私にとって大きな変化でした。

なので、まずはカメラ撮影を始めようかもし悩んでいるなら始めちゃった方がいいかな、って思います。

経験上、カメラ好きな人たちは優しい人がかなり多いので、初心者でも撮影イベントなどに参加してノウハウを聞いたりするといろんな知識を吸収できるのでオススメです。

また、観光する際、今まではただ観光を楽しんで終わっていたのが写真を撮るたびに作品も出来上がっていくという喜びも是非味わってほしいですね!』

編集部:『素敵・・・!國岡さんのおかげで写真の撮り方・カメラのことまでとても勉強になりました!

本日はありあがとうございました^^』

staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Stayway media 編集チーム

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で

Staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか? 民泊を探す