マジで外せない!イチオシ!おすすめ台湾グルメ10選!

Stayway 編集部

トラベルライター

photo byLeon Brocard
東京から、飛行機で2時間ほどの台湾。物価も安く、海外旅行先として日本人に大人気の場所でもあります。

そんな台湾のグルメは安くておいしいこともあり、多くの旅行者が満足感を得ています。今回はそんな台湾グルメをまとめていきます。


時差 -1時間(サマータイムなし)
言語 中国語(北京語、台湾語)
通貨 1台湾ドル=約3.6円
気候情報 ほぼ日本と同じ気候だが、年間を通して湿度が高い

第10位 麺線

出汁の味 #麺線 #台湾 #西門 #阿宗麺線

やはさん(@yokoyafa)がシェアした投稿 –

最初にご紹介したいのが、麺線(ミェンシェン)といわれる麺料理。

そうめんのような、細い麺にホルモンなどの具材を合わせています。全体的にとろみがあり、スープもかつおだしの優しい味わいで食べやすい一品です。

【店名】阿宗麺線(アゾンミェンシェン)
【住所】台北市峨嵋街8号之1(本店)
【アクセス】西門駅から徒歩で約5分
【電話番号】(02)2388-8808
【営業】10:00~23:00

第9位 朝食


Photo by:Chun-Hung Eric Cheng
台湾グルメといえば朝食はマスト。

朝食専門のお店も多く、早い所だと朝の5時ごろから開店していたり、24時間営業のところもあります。

台湾の朝食として定番なのが豆乳スープの豆漿(トゥチャン)。

甘い甜豆漿(ティエントウチャン)と甘くない鹹豆漿(シエントウチャン)がありますが、朝食なら甘くないほうがおすすめ。

お酢を加えておぼろ豆腐のようにいただきます。

他にも揚げパンや台湾風のおにぎりなども充実しているので、早起きして行く価値ありです。

【店名】阜杭豆漿(フウハントウチャン)
【住所】台北市忠孝東路一段108号2F-28
【アクセス】MRT板南線「善導寺」駅5番出口すぐ脇
【電話番号】(02)2392-2175
【営業】5:30~12:30

第8位 ガチョウ肉


Photo by:Pixabay
台湾グルメの中で、密かに人気が高いガチョウ肉。

台湾には専門店もあり、かなりポピュラーなメニューでもあります。

一番おすすめなのがガチョウの肉をスモークしたもので、ジーシーナ噛み応えが魅力です。

部位によっては骨も多いので、食べる際は注意です!

【店名】鴨肉扁(ヤーロウピェン)
【住所】台北市中華路一段98-2號
【アクセス】西門駅から徒歩10分ほど
【電話番号】なし
【営業】9:30~22:30

第7位 蚵仔煎(オアチェン)

20180520-吃午餐😋 #蚵仔煎 #豬肝湯 #銅板美食 #基隆美食 #簡家蚵仔煎 #午餐 #台灣小吃

Ching.Chienさん(@chingni.c)がシェアした投稿 –

蚵仔煎(オアチェン)とは、日本語で言うところの牡蠣オムレツ。

薄めに焼いた卵に牡蠣をたっぷり加えて、甘めのソースが掛かっています。

基本的に、どこのお店に行っても食べられ夜市でも定番ですが、おすすめなのが士林夜市の牡蠣オムレツ。

屋内の屋台であればどのお店でもメニューに載っています。

【店名】士林夜市
【住所】台北市大東路、基河路周辺
【アクセス】MRT剣潭駅から徒歩5分ほど
【電話番号】なし
【営業】お店による

第6位 胡椒餅(フーチャオピン)

胡椒餅(フーチャオピン)とは胡椒がたっぷり聞いた肉の餡に、生地を包んで焼いたもの。

写真のように窯の内側に張り付けて焼くのが特徴です。

こちらも夜市の定番グルメとして知られており、焼き立てのものはジューシーでパンチも聞いた味わいなので病みつきになります。

夜市でも食べることができますが、専門店も多い台湾Bグルメの一つです。

【店名】炭錢胡椒餅
【住所】新北市淡水区中正路258号
【アクセス】MRT淡水駅から徒歩で7分ほど
【電話番号】(02)86316619
【営業】11:00~21:00

第5位 葱餅(ツォンピン)

買い食い楽し。 #taipei #葱餅

sachiko andoさん(@sa_andoo)がシェアした投稿 –

小麦粉の生地にネギをたっぷり混ぜ込み、鉄板で焼いたものを葱餅(ツォンピン)といいます。

カリッとした表面にモチモチの生地、そこにネギの風味がしっかり効いていて、日本人の観光客の中でもファンは多いです。

夜市などでも定番の一品ですが、専門店も至る所にあります。

【店名】天津葱抓餅(ティェンシンツォンジュアビン)
【住所】台北市大安区永康街6巷1号
【アクセス】MTR東門駅5番口から徒歩3分ほど
【電話番号】なし
【営業】11:00〜23:30

第4位 マンゴー(芒果)

Photo by:Pixabay
台湾といえばマンゴーはマストで味わっておくべき一品。

ジューシーで甘く、食べ応えもあり、日本のものとほぼ変わらないマンゴーが低価格で堪能できます。

台湾マンゴーの旬は6月頃からスタートし、9月いっぱいまで。

マンゴーを食べるために、この時期を狙って台湾に行く人も多いほど人気が高いです。

【店名】ICE MONSTER
【住所】台北市忠孝東路四段297号
【アクセス】MRT国父紀念館駅1番出口から徒歩で2分ほど
【電話番号】(02)8771-3263
【営業】10:30~23:30

第3位 魯肉飯(ルーローファン)

Photo by:Richard, enjoy my life!
台湾でがっつりご飯を食べたい人に、おすすめなのが魯肉飯(ルーローファン)です。

豚肉を甘辛いたれで煮込んでおり、一度食べるとハマる人が多い一品です。

台湾の料理は八角を使うことが多く、魯肉飯の例外ではありませんが、お店によっては全く違う味を楽しめます。

【店名】四方阿九魯肉飯
【住所】台北市萬華區廣州街225號
【アクセス】MTR龍山寺駅から徒歩5分ほど
【電話番号】02-2336-9119
【営業】11:00~深夜1:00

第2位 牛肉麺(ニュウロウミエン)

台湾グルメで必ず食べてほしいメニューの一つ牛肉麺(ニュウロウミエン)。

牛肉をしっかり煮込み、ダシの効いたスープに小麦粉ベースの麺を合わせた逸品。

トップんぐには牛肉がたっぷり乗せられますが、メニューによってはモツなども入ります。

人気のお店は時間によって売り切れになる可能性もあるので、早めにチェックしておきましょう。

【店名】永康牛肉麺 (ヨンカンニュウロウミエン)
【住所】台北市金山南路二段31巷17号
【アクセス】MRT「東門」駅出口3かた徒歩3分ほど
【電話番号】(02)2351-1051
【営業】11:00~21:30

第1位 小籠包(シャウロンポウ)

Photo by:hirotomo t
台湾グルメでトップクラスのマストメニューは小籠包(シャウロンポウ)。

本来は香港のメニューですが、台湾でも爆発的な人気を誇るメニューです。

小籠包には肉を包んだベーシックなものからヘチマを加えたもの、餡子を入れたデザートなどもあるのでさまざまな味を堪能できます。

基本的に蒸し小籠包を頼む人が多いですが、地元の人は焼き小籠包が人気です。


Photo by:Pixabay
焼き小籠包もおすすめ!

Staywayについて

Staywayは世界中の民泊施設を検索できるサイト。価格からロケーションまで幅広いニーズに答え、利用者にあった宿泊先を素早く見つけることが可能です。さらに宿泊先でのさまざまな滞在方法も提案しているので、ぜひチェックしてみましょう!