【グルメ】台湾の火鍋がアツい!おすすめ激安一人鍋vs肉海鮮食べ放題鍋

近藤 ヨウコ

トラベルライター

Photo by 近藤ヨウコ

日本の南西に位置し、一年を通して温暖な気候の台湾。

そんな台湾に暮らす地元の人たちは、一年中季節を問わず熱々の鍋を食べるのが大好き!なんと真夏の暑い中でも、冷房でガンガンに冷えた店内で熱い「火鍋」を食べるんです。

しかもその台湾の火鍋はバリエーションも多く、一人鍋やら食べ放題やら街中のいたるところで火鍋店の看板を目にします。

そこで今回は、日本人も驚きの台湾の火鍋事情についてご紹介していきたいと思います。

台湾の「火鍋」は辛いだけではない?

台湾 麻辣火鍋

Photo by 羽諾 諾咪

そもそも「火鍋」という言葉は、中国四川省周辺の地域で作られるような唐辛子がたっぷり入った「火のように辛い鍋」というイメージを持たれがちですが、中華圏では鍋料理全般のことを総称して「火鍋」と呼びます。

もちろん、唐辛子や山椒などの香辛料を使用した辛い鍋もありますが、そのような辛い鍋は「麻辣(マーラー)火鍋」と呼ばれ、辛さのない普通の火鍋とは区別されています。

また、ひとつの鍋を半分に仕切って辛い味と辛くない味(2種類の味)を両方楽しめるものは「鴛鴦(ユエンヤン)火鍋(おしどり鍋)」と呼ばれます。

台湾 鴛鴦火鍋

Photo by bryan…

また、台湾の火鍋店はひとつのお店で色んな味のスープや具材を選べるというのが大きな特徴。日本の鍋のお店というと、だいたい「もつ鍋」や「ちゃんこ鍋」、「しゃぶしゃぶ」、「水炊き」といった専門店が一般的ですよね?

でも台湾の一般的な火鍋店では、ひとつのお店でバリエーション豊かなスープや、肉や海鮮などの具材を自由に選ぶことができるんです。

ただし、「麻辣火鍋」と店名にあるお店は基本的に辛いスープがメインとなりますので、特に辛いものが苦手な方は入店の際にご注意ください。

火鍋スープの種類が多い!

台湾 火鍋バリエーション

Photo by 近藤ヨウコ

台湾で食べられる火鍋は大きく分けると「辛いもの」と「辛くないもの」があり、選べるスープの種類もあっさり系からこってり系まで多種多様。

ちなみに、鍋のスープのことは中国語で「鍋底(グオディー)」と言います。火鍋を注文する際は、まずはこの鍋底から選んでいきます。

ではさっそく、台湾火鍋ならではともいえる鍋底の種類をご紹介していきましょう。

原味:基本的な白湯(パイタンスープ)もしくは、醤油ベースのあっさりしたかつおだし

養生鍋:もともとは漢方をベースとした薬膳スープのこと。ただし、最近では「原味」のものも「養生鍋」と呼ぶことが多い。

牛奶鍋ミルク鍋のこと。チーズが入った「起司牛奶鍋」というのもある。

・番茄鍋トマト鍋のこと。トマトの酸味と濃厚な味わいが特徴。

咖喱鍋カレー鍋のこと。カレー粉を使ったスープが意外とあっさりしている。

韓式包菜鍋キムチ鍋のこと。辛めに味付けされたキムチが食欲をそそる。

麻辣鍋:いわずと知れた、唐辛子などを使用した辛いスープのこと。

素食鍋ベジタリアン向けのスープのこと。

臭臭鍋:原味スープに「臭豆腐」を混ぜたもの。台湾オリジナルスープのひとつ。

沙茶鍋:「沙茶(シャーチャー)」という台湾オリジナルのバーベキューソースを使ったスープ。沙茶自体は魚介ベースに香辛料などを混ぜた独特の味わいで、台湾人熱愛の調味料。

これらの他にもお店で開発したオリジナルスープなどもありますので、定番の味もいいですが、気になるものはどんどんチャレンジしてみましょう。

台湾の火鍋は「合理的」

台湾火鍋

Photo by 近藤ヨウコ

中国や香港、マカオ、台湾など中華圏全体で親しまれる「火鍋」ですが、それぞれの地域によって独自の進化を遂げていて、台湾も台湾ならではの特徴があります。

その特徴とは、一言でいうと「合理的」。

中華圏の他の地域では一般的に、鍋底を選び、それぞれ好きな具材を個別でオーダーしていくというスタイルで、どちらかというと大人数でたくさんの種類の具材をシェアするイメージ。

一方の台湾の火鍋は、一人前ずつの小さな鍋にスープと具材がセットになっている「一人鍋」か、もしくは好きな具材を好きなだけ食べられる「吃到飽(食べ放題)」というスタイルが主流で、少人数でも大人数でもそれぞれ自分の好きな鍋を食べられるというイメージです。

一人鍋なら他の人を気にすることなく自分の好きな鍋を楽しむことができることと、具材がセットになっているので、お店側としてもお客様を待たせずにすぐに提供できるということがメリット。

そして、食べ放題なら時間制限はあるものの、自分の好きなものを好きな分だけ食べられるというメリットがあります。しかも、鍋は一人用の小さな鍋(一人鍋タイプ)になっているところが多いので、自由度はさらにアップ。

どちらのタイプも日本的で合理的な手法だと思いませんか?

具材がセットになっている「一人鍋」を解説!

台湾 一人鍋セット

Photo by 近藤ヨウコ

一人分の鍋の具材を店側がセットし、一人用の鍋で提供されるスタイルです。具材がセットになっているとはいえ、肉や海鮮といったメインの具は選ぶことができます。

肉はだいたい豚肉、牛肉、羊肉の3種類が定番。海鮮についてはエビやアサリなどの魚介類がセットになったものが主流です。

また、一人鍋の中でも、全ての具材を鍋に入れた状態で出てくる(先入れ)タイプのものと、具材が別々に分かれて出てくる(後入れ)タイプの2種類があります。

大きな違いは値段。前者の先入れタイプだと一人前だいたい110元(約400円)くらいから、後者の後入れタイプになると一人前だいたい210元(約800円)くらいからとなります。

注文はオーダーシート方式で安心!

台湾 一人鍋オーダーシート

Photo by 近藤ヨウコ

注文方法としては、オーダーシートに直接数量を書き込むという台湾ではメジャーなスタイルで、まず鍋のスープを選び、メインの具材を何にするか決めてシートに書き込めばOK。

基本的にメニューは中国語表記になっていますが、お店によっては外国人用に英語や日本語に訳したものも準備されていますので、店員さんに聞いてみましょう。

具材は個別で追加もOK!

セットの具材だけでもボリュームはありますが、「もうちょっとだけお肉を食べたいな」とか「他の具材も入れたいな」という時は、個別で具材を追加オーダーすることも可能です。

ご飯・ソフトドリンク・デザートは食べ放題!?

台湾 火鍋 一人鍋食べ放題

Photo by 近藤ヨウコ

鍋だけでもかなりボリュームがあってお腹いっぱいになるのですが、台湾の火鍋のスゴイところは、なんと白ご飯もソフトドリンクもデザートも食べ放題というお店が多いんです。

台北など大都市ではなかなかここまでのサービスをするお店も少ないのですが、台北市郊外や地方都市に行くとこのような食べ放題はあたりまえ。

台湾 火鍋セルフサービス

Photo by 近藤ヨウコ

店内にあるセルフサービスカウンターには、お茶やジュースなどのサーバー、炊飯ジャー、ポッポコーン、アイスなどが設置されていて、どれも自由に取って食べることができます。

お店によってはサラダや前菜のようなお惣菜、ケーキまで置いてあるところもあるので、鍋ができるまでの間、サラダやポップコーンなどをつまみながら待ちましょう。

鍋のタレは自分でブレンド!

台湾 火鍋タレコーナー

Photo by 近藤ヨウコ

台湾の火鍋で忘れてはいけないのが、鍋のタレは自分でブレンドして作るということ。

セルフサービスカウンターには何種類もの調味料や薬味が置いてあり、それを自分の好みに合わせてブレンドしていきます。

代表的な調味料としては、醤油、酢、ラー油、ごま油、ピーナッツだれ、沙茶(台湾バーベキューソース)など。薬味はネギ、にんにくのすりおろし、ゴマなどがあります。

他にもお店特製のタレなどもありますが、せっかくなら自分好みにいろいろ組み合わせて、鍋に合うベストなタレを作りましょう。

【台北】おすすめ一人鍋店2選

超ローカル一人鍋店「溏老鴨平價小火鍋」

View this post on Instagram

👑Shao 💎さん(@f053113)がシェアした投稿

台湾大学のすぐそばにある「溏老鴨平價小火鍋」は、学生たちに愛される昔ながらの火鍋店。

値段も140元(約550円)からと安く、台北では珍しいご飯とドリンク、アイスの食べ放題もあるため、いつも学生や地元の人たちでいっぱいの人気店です。

また、店内には漫画も置いてあるなど、独特のサービスも人気の秘訣です。

【住所】台北市大安區新生南路三段70巷3號
【営業時間】11:40~15:00、17:00~22:00
【アクセス】MRT「台電大楼駅」から徒歩7分
【公式サイト】https://www.facebook.com

台湾全土に広がる一人鍋チェーン店「石二鍋」

View this post on Instagram

洪洪🐹台北 中永和美食さん(@hung_foodie)がシェアした投稿

台湾全土にまたがって展開する一人鍋の最強チェーン店「石二鍋」。

新鮮な具材がてんこ盛りで出てくるのと、先に野菜を焼いてから鍋を作る「石頭鍋」218元(約850円)が美味しいと評判の人気店です。

このお店はご飯やドリンクなどは食べ放題ではありませんが、鍋だけでかなりボリュームがあるので充分お腹いっぱいになりますよ。

石二鍋 信義店
【住所】台北市大安區信義路二段72號
【営業時間】11:30~22:30
【アクセス】MRT「東門駅」から徒歩3分
【公式サイト】https://www.12hotpot.com.tw

肉も野菜も海鮮も!全てが「食べ放題鍋」

台湾 火鍋食べ放題

Photo by 近藤ヨウコ

何でもありのパラダイスとも言うべき、食材全てが食べ放題(吃到飽チーダオバオの火鍋。

肉や野菜、海鮮といった鍋の具材だけに留まらず、ご飯やお寿司、前菜、揚げ物、煮物、スープ、ドリンク、アイス、ケーキなど、フルコースで食べ放題なんです!

ただし、食べ放題では時間制限があり、だいたい2時間程度で設定されているお店が多いのですが、人の少ない午後の時間だとほぼ無制限になるという台湾らしい緩さもあります。

初めにスープを決めるだけ!あとはセルフサービスで取り放題

台湾 火鍋食材セルフサービス

Photo by 近藤ヨウコ

入店後に店員さんにスープの種類を伝えるだけ。店内はセルフサービスなので、好きなものを好きなだけ自分で取りに行きます。

※お店によってはオーダービュッフェ方式のところもあります。

台湾 火鍋食べ放題 海鮮

Photo by 近藤ヨウコ

こちらは海鮮コーナー。魚だけなくエビ、はまぐり、カニといった高級食材などもふんだんにあります。

台湾 火鍋食べ放題 肉

Photo by 近藤ヨウコ

こちらはお肉コーナー。豚肉、牛肉、羊肉など、スライスした状態で置いてあります。お肉が少なくなるごとに店内でスライスしてすぐに補充されるので新鮮です。

お店によっては、カウンターオーダー方式で目の前でスライスしてくれるところもあります。

台湾 火鍋食べ放題 おかず

Photo by 近藤ヨウコ

こちらはおかずコーナー。サラダや冷菜をはじめ、フライドポテトやナゲットといった揚げ物など種類も豊富にあります。

台湾 火鍋食べ放題 ドリンク

Photo by 近藤ヨウコ

ドリンクコーナーにはソフトドリンクだけでなく、コーヒーマシーンやスムージーなどもあります。

台湾 火鍋食べ放題 ヤクルト

Photo by 近藤ヨウコ

フルーツやヨーグルト、ヤクルトなどもありますよ。

台湾 火鍋食べ放題 デザート

Photo by 近藤ヨウコ

こちらはデザートコーナー。ケーキやエッグタルト、プリンなどバリエーションも豊富。

台湾 火鍋食べ放題 アイス

Photo by 近藤ヨウコ

こちらはアイスのコーナー。ハーゲンダッツやイタリアンジェラートなど、高級アイスも食べ放題なんです!

食べ放題でもリーズナブル!

高級食材をふんだんに使用しているにも関わらず、食べ放題で一人だいたい500元(約1900円)程度と、とってもリーズナブル!

しかも、平日のランチタイムならさらに安くなるお店もたくさんあるのでかなりお得だと思いませんか?

ただし、このような食べ放題のお店では10%のサービス料が加算される場合があります。メニュー表などに必ず記載されていますので、事前に確認しておきましょう。

また、支払いは現金のみというお店がほとんどなので、入店前に現金の準備を忘れずに。

【台北】おすすめ食べ放題火鍋店2選

セルフサービスで食べ放題!「鍋爸涮涮鍋」

View this post on Instagram

簡吟羽🍥はさみ🍥さん(@hasami1204)がシェアした投稿

今回写真でもご紹介したセルフサービスの食べ放題火鍋店「鍋爸涮涮鍋」。

台北市内に5店舗を展開し、観光にも便利な立地と比較的リーズナブルで新鮮な食材が揃う火鍋店として外国人からも支持が高いお店です。

店舗によっては一人用の鍋を提供しているところと、みんなで2種類のスープを楽しめる鴛鴦鍋(おしどり鍋)を提供しているところがありますので、ホームページでご確認ください。

鍋爸涮涮鍋 南京店
【住所】台北市松山區南京東路四段50號
【営業時間】11:00~22:30
【料金】食べ放題1人前:平日昼450元+10%、平日夜及び土日祝500元+10%
【アクセス】MRT「台北小巨蛋駅」から徒歩3分
【公式サイト】http://www.gobar.com.tw

ビールまでもが飲み放題!「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋」

View this post on Instagram

棚橋弘至さん(@hiroshi_tanahashi)がシェアした投稿

辛い麻辣火鍋が食べたい!という方におすすめの食べ放題火鍋店「馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋」。

台北市内に8店舗を展開する麻辣火鍋(鴛鴦鍋)の有名店で、ガイドブックなどでもよく紹介されているため、日本人観光客もよく訪れています。

オーダービュッフェ方式で運ばれる肉や海鮮などはどれも新鮮で量も多く、ここではビールなどのアルコールも飲み放題という破格のサービスも大きな魅力。

馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋 西門店
【住所】台北市萬華區西寧南路157號
【営業時間】11:30~翌2:00
【料金】食べ放題1人前:平日昼545元+10%、平日夜および土日祝635元+10%
【アクセス】MRT「西門駅」から徒歩5分
【公式サイト】http://www.mala-1.com.tw

一人鍋vs食べ放題鍋 どちらの鍋が好き?

これまで台湾の火鍋についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

日本に比べると破格の安さで楽しめる台湾の一人鍋と食べ放題鍋。値段の違いはあるものの、どちらもそれぞれ良さがあり、選ぶのが難しいというのが正直なところ。

「鍋は寒い時期に食べるもの」という常識を覆す台湾で、ぜひ絶品火鍋を味わってみてくださいね。

台湾グルメといえば外せない!「熱炒(ルーチャオ)」🥘

台湾旅行で何を食べようか迷っている方、台湾式の居酒屋「熱炒(ルーチャオ)」がおすすめ!美味しい台湾家庭料理とビールを一緒に楽しめる熱炒は、値段も手ごろで観光客にも大人気。そんなコスパも最高な熱炒の魅力について詳しくご紹介いたします!

アツアツ絶品小籠包に舌鼓❤️

台湾と言えば小籠包!という方も多いはず。台湾旅行者にとって小籠包はまさに旅行目的のひとつと言っても過言ではありません。薄い皮に包まれたジューシーな餡と、たっぷりの肉汁が魅力の小籠包。台湾旅行には欠かせない小籠包のおすすめ店をランキング形式でご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか? 台湾のホテル・ゲストハウスを検索&比較