台湾鉄道で行く!ローカル線の旅「平溪線」編

近藤 ヨウコ

トラベルライター

平渓線

Photo by kenmine

近年、海外旅行先として大人気の台湾

恐らく皆さんが行く台湾旅行というのは、ほとんどが「台北&九份」・・・といったようなメジャーな観光地ではないでしょうか?

しかしながら実際、台湾の魅力は大都市以外にもたくさんあるんです!

しかも、台湾は鉄道網が比較的発達しているので、電車でぶらり旅というのもおすすめなんですよ。

ローカル線の電車に乗って、駅弁を食べながらのんびり車窓を眺めるだけでも特別な旅の思い出となるでしょう。

でも、電車に乗るのはハードルが高いし、どこに行けばいいのか分からない・・・という人も多いはず。

そこで、今回は台北からもアクセスしやすい「平溪線」電車の旅をご紹介したいと思います。

台湾鐵路について

鉄道駅

Photo by 近藤ヨウコ

台湾鐵路(呼称して台鉄)とは日本のJRのようなもので、国営の鉄道会社です。

台湾全土を1周ぐるりと網羅していて、台湾国民の貴重な移動手段のひとつとなっています。

また、日本と同じように特急や急行など電車の種類も分かれているため、乗車の際はどの電車に乗るのか注意が必要となります。

台鉄電車の種類

台湾列車

Photo by 海爾渥 / Hairworm

ここでは簡単に電車の種類についてご紹介します。

自強號

日本の特急電車に相当。自強號の中に「普悠瑪號」「太魯閣號」といった観光特別列車も含まれます。

全席指定なので駅の窓口やインターネットでの予約が必要。

特に週末や連休期間中などはすぐに満席になることが多いため、早めの予約が必要。

また、満席の場合は切符に「無座」と記され、乗車は可能ですが、席がないため立ちっぱなしとなります。

莒光號

日本の急行/準急電車に相当。全席指定なので駅の窓口やインターネットでの予約が必要。

満席の場合は切符に「無座」と記され、乗車後は立ちっぱなしとなります。

復興號

日本の快速電車に相当。

全席指定なので駅の窓口やインターネットでの予約が必要。

満席の場合は切符に「無座」と記され、乗車後は立ちっぱなしとなります。

區間車

日本の普通電車に相当。

特に座席指定などはありません。

切符の買い方

①駅の窓口で買う

基本的に中国語しか対応できないので、行先と時間、枚数などを書いた紙を用意するのがベター。

外国人は身分証としてパスポート提示が必要となります。

②駅の券売機で買う

券売機にお金を投入→購入する切符の枚数(「一張」から「四張」)ボタンを押す→電車の種類を選ぶ(自強號、區間車など)→「全票(大人)」もしくは「半票(子供)」を選ぶ→目的地のボタンを押す→切符とおつりが出てきて終了

③インターネットで買う

台鉄のインターネットサイトから予約購入できます。

決済はインターネット予約後2日以内に駅の窓口、コンビニ、郵便局などで切符の受け取りと共に支払うか、インターネットの支払い用サイトにて決済します。

台鉄インターネットサイト:http://railway.hinet.net

④悠遊卡(EasyCard)で直接乗車

EasyCard

Photo by Maude Shen

台湾版のSuicaのようなチャージ式ICカードです。

空港や主要駅、コンビニなどで購入、チャージ可能。

この悠遊卡があれば切符を購入せずに直接乗車することができるので、改札口で乗下車時に「ピッ」とするだけでOK。

また、悠遊卡を使用すると特別割引が適用されて電車代が安くなるというメリットもありますが、難点としては指定席が取れないため、席の指定が必要な場合は切符を購入することをおすすめします。

平溪線について

TRA Route Map 201301.svg
By Bigmorr投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

台鉄平溪線は台北の東側に位置するローカル線です。

駅の区間としては「三貂嶺」駅から「菁桐」駅までの7駅という短い路線なのですが、路線付近に観光スポットがたくさんあることで観光客にも人気の路線となっています。

また、平溪線は単線のため、だいたい1時間に1本しか運行していません。

平溪線を利用する際は、必ず次の電車の時間を確認しながら時間に余裕を持って観光しましょう。

平溪線までのアクセス

台北駅から基隆方面へ電車で約50分(區間車の場合)。

瑞芳」駅から「菁桐」駅行きの路線に乗り換えると平溪線に直結します。

ちなみに、「瑞芳」駅は日本人観光客に人気の観光スポット「九份」の最寄り駅となっていますので、九份観光と合わせて巡るのもおすすめですよ。

平溪/深澳線一日周遊券(フリー切符)

平溪線と深澳線(菁桐駅~海科館駅間)で使える一日周遊券があります。

各区間の乗り降り自由で、価格は80元(約320円)です。

ちなみに、「瑞芳」駅から「菁桐」駅までは片道30元(約120円)なので、たくさんの駅で乗り降りするなら周遊券がお得になります。

それでは、さっそく平溪線のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。

竹筒の音が広がるレトロ駅 菁桐老街

菁桐

Photo by Ming-yen Hsu

平溪線の終着駅「菁桐(ジントン)」はもともと炭坑があった場所で、日本統治時代はこの炭坑を管理する日本人がたくさん暮らしていたそうです。

そのため、この付近にはかつて日本人が暮らしていた集落の跡や、日本家屋を復元した民宿などを見ることができます。

菁桐風景

Photo by 近藤ヨウコ

駅周辺の菁桐老街を散策すると、「許願筒」という願い事を書いた竹筒がたくさん連なっているのをあちらこちらで見かけます。

ここはもともと子宝祈願の場所として有名だったそうで、今もたくさんの人が様々な願い事を竹筒に託しているんです。

許願筒

Photo by 近藤ヨウコ

日本統治時代の姿がそのまま残る木造駅舎

駅舎

Photo by thinkcat

ここでの見どころは菁桐駅の駅舎。

台湾全土でも4か所しか現存していない完全木造建築のうちのひとつにあたり、日本統治時代の1921年に開通した平溪線の当時の趣きを今でも感じ取ることができます。

Instagramでも大人気!ランタン派出所

ランタン派出所

Photo by Ming-yen Hsu

また、SNS映えスポットとしても最近人気なのが、駅のそばにある警察の派出所。

2014年に改修されたこの派出所は、外観がガラス張りの巨大な天燈(ランタン)の形になっていて、毎日16:00~19:00(土日祝は20:00)まで30分ごとにLEDでライトアップされるんです!

菁桐に来たらこのライトアップショーは必見ですよ。

おすすめ菁桐グルメ!【楊家鷄捲】

View this post on Instagram

@hmasada0がシェアした投稿


菁桐老街で味わっていただきたいおすすめグルメが、「楊家雞捲」の雞捲

豚肉、玉ねぎ、人参、タロイモなどを混ぜた餡を湯葉で巻いて揚げたもので、皮のサクサクとした食感と中のジューシーな餡がベストマッチ!

ぜひ味わってみてくださいね。

【住所】新北市平溪區菁桐街127號
【営業時間】月~水・金~日:9:15~17:15(木曜:定休)
【アクセス】台鉄「菁桐駅」から徒歩1分
【公式サイト】https://www.facebook.com

風情ある昔ながらの街並み 平溪老街

平渓老街
Photo by MiNe 

菁桐駅の隣「平溪(ピンシー)」駅を降りると、懐かしさ漂う「平溪老街」があります。

風情ある石畳の通りには食べ物屋台やお土産店などが並び、観光客と地元民がのんびり過ごす人気のスポットです。

甘めでクセになる!台湾ソーセージ 平溪故事香腸

View this post on Instagram

Minaさん(@yeahmina)がシェアした投稿

平溪必食グルメとして、地元台湾人からも絶大な人気を得ている「平溪故事香腸」の台湾ソーセージ

この台湾ソーセージというのは、少し甘めの独特の香辛料が効いた味付けになっていて、台湾人が愛するソウルフードなんです。

このお店は、味にうるさい台湾人の誰もが認める絶品ソーセージが食べられるとあって、いつも行列ができています。

日本人には好き嫌いが分かれる味なのですが、一度ハマるとやみつきになります。

ぜひ一度試してみてください。

【住所】新北市平溪區平溪街23號
【アクセス】台鉄「平溪駅」から徒歩1分

ランタンが飛び交う魅惑の空間 十分老街

次のページからご紹介

logo