ゲストの方へ

タイのお土産人気おすすめランキングTOP33

FOR GUESTS
Stayway 編集部

トラベラー

シェアありがとうございます

 photo by chiharun
日本から気軽に訪れることができる観光地として人気の高いタイ!

物価も安く日本人の購買意欲に火をつけることも多いのではないでしょうか?

早速 10位から見たい方はこちら→「タイのお土産人気おすすめランキングTOP10」

そこで今回はタイのお土産33種を厳選してご紹介します!

33位 ムエタイパンツ

View this post on Instagram

はっちゃんさん(@hatsuchiyan8095)がシェアした投稿

タイはムエタイ発症の土地でもあります。

そのため、ムエタイのアリーナがあったり、ムエタイのパンツが売っていることもあります。

ムエタイのパンツは日本では見かけることがないため、男性に持って帰ると喜ばれることでしょう。

32位 コーヒー

View this post on Instagram

tomoki_takaishiさん(@tomoki_takaishi)がシェアした投稿

タイにはコーヒー文化が根強く息づいており、国をあげて制作しているコーヒーがあります。それが「ドイトゥンコーヒー」です。

タイの山岳部で作られており、空港のお土産コーナーなどでも大きなエリアを占領しているほど国が推薦しています。

また、コーヒー通の中でもかなり人気で、苦味とコクがコーヒー通の舌をうならせています。

31位 ドリアンチップス

少し変わり種のお土産としてドリアンチップスを購入していくのも良いでしょう。

一見臭みがあったりし嫌がる人もとても多いですが、実はとても美味しいお菓子なんです。

あの匂いはドリアンの素材の匂いですが、ドリアンチップスは加工して塩味にしているため、あの匂いを嗅ぐ必要はありません。

ドリアンは健康にも良いためオススメです。

30位 ノニ石鹸

View this post on Instagram

主婦のミシンさん(@syuhunomisin)がシェアした投稿

「ノニ」とはインドネシアが原産の果実で中佐脂肪酸などの美容に良い成分をたくさん含んでいる果実です。

抗菌作用なども含んでおり、石鹸には持ってこいの素材となっています。

美白・美容や健康に興味があるという女性にはこのお土産が最適と言えるでしょう。

中でもスクンビット沿いにある「チムリム」というお店がとても有名です。中にはかわいい雑貨なども置いていますよ。

住所:14/7,Sukhumvit Soi43, BANGKOK
営業時間:10:00〜17:30(月曜定休日)
アクセス:プロンポン駅から徒歩10分

29位 象グッズ

View this post on Instagram

yusuke_Japan._.vさん(@yusuke_japan._.v)がシェアした投稿

タイの中でも人気である象グッズもお土産としてかなりの人気です。タイでは象は宗教とも関わっているため、神聖視されることが多く、とても貴重な存在として扱われています。

そのため、象に関するグッズも多く存在しています。

スーパーやマーケットなどでもたくさん置いているため、必ずと言っても目にすることでしょう。

カゴやアクセサリーなど、グッズの幅も広いため、自分なりに気に入るものがあれば購入を検討しましょう。

28位 チャーノムイエン

View this post on Instagram

NRCK@JPNさん(@nrckjpn)がシェアした投稿

チャーノムイエンとはタイのアイスミルクティーのことです。

練乳が入っており少しオレンジ色をした飲み物となっています。

日本の紅茶よりは甘く出てきていますが、この甘さがとても癖になる飲み物となっています。

タイを訪れた際には一度は飲むことがあり、病みつきになる観光客も多いです。

27位 水着

View this post on Instagram

marico☆さん(@mrkmari)がシェアした投稿

タイに観光に行った際には様々なところを訪れるかと思います。

少し都会から離れてプーケットに行くなんていう人もいるのではないでしょうか。

プーケットは海も綺麗で絶好のバカンス地ですが、そうなると必要となるのが水着ですよね。

タイにはバカンスで来る人も多いことから水着を置いている屋台やお店もたくさんあります。

日本人受けの良い柄物の水着や花びらがついた水着なども置いているため、女性は必見のアイテムです。

26位 OTOP製品

View this post on Instagram

Asiaking Jaksanさん(@akijaksan)がシェアした投稿

OTOPとは「One Tambon One Product」の略となっており、日本の大分県の「一村一品運動」という制度をモデルにしているものであり、タイにある食材や素材を使用して作られている料理や食材のことをOTOP製品と呼んでいます。

タイの政府が公認となっているため、品質や安全性も安心して購入することができます。

OTOP製品にはOTOPマークがついているため、購入したいものにOTOPマークが付いているのか確認してみるとよいでしょう。

25位 タイビール

タイは比較的物価が安いため、お酒の値段も安いです。

そのため、タイに行ってビールを飲む機会も増えてくることでしょう。

タイのビールは「LEO」や「Chang」などの種類があり、どれもとても美味しいビールです。

もって帰ってくることも可能なので、タイで購入してお土産としてもって帰ってくることをオススメします。

24位 ナンプラー

タイ料理には様々な調味料を使われており、これは日本の中ではなかなか重宝するものが多いです。

また、タイ料理を日本で作りたいという人も多いのですが、ナンプラーがなければ始まりません。

ナンプラー様々なところで利用できるため、お土産としてもって帰ってきておくだけでも利用の幅は大きいことでしょう。

23位 ハーバルマッサージボール

View this post on Instagram

haru_4maさん(@haru_4ma)がシェアした投稿

タイに行ったらマッサージを必ず行うという人も多いでしょう。

それほどのタイにはマッサージの文化が根強く息づいています。

タイの古式マッサージを行っていると出てくる白い布にハーブを入れている玉みたいなのがハーバルマッサージボールです。

これは市販で売っているので、購入すると日本でもタイの古式マッサージを行うことができます。

温めて使うことで日本でも自分の疲れを癒すことができるのではないでしょうか。

22位 アクセサリー

View this post on Instagram

𝑅𝐼𝐸さん(@rie_t_f)がシェアした投稿

タイにはハンドメイドのアクセサリーもたくさんあります。

もちろん屋台でも売っていることも多いですし、週末などに行われるサンデーマーケットなどでもたくさん置いています。

南国のようなデザインのアクセサリーが多く、日本ではあまり売っていないようなデザインのものが多くあります。

アクセサリーは集めている人も多くその日の気分に合わせて使うことができるため、いくら持っていても女性にとっては嬉しいプレゼントですよね。

21位 カルカメット

View this post on Instagram

北岡公子さん(@kofudek)がシェアした投稿

カルカメットはタイを代表する老舗アロマブランドです。

バス用品やアロマキャンドルを購入しに来るお客さんも多く、店内は常に賑わっています。

その中でも特にスクンビットにあるスクンビット店はダイナーのような店内になっており店内で食事もできるようになっており、ショッピングしながら食事を楽しむのもよいでしょう。

住所:30/1 Soi Matheenivet, Khlongton, Klongtoey, Bangkok Thailand
営業時間:11:00~0:00
アクセス:プロムポン駅から徒歩10分
公式HP:https://www.karmakamet.co.th/en/
「ランタンが一斉に上がるところを見たい♡」チェンマイで大人気のイーペン祭り。ではチケット購入しないとお祭りは楽しめない?そんなことは一切ありません。(本当に!!!笑)こちらの記事ではツアーやチケット購入なしでイーペン祭りを楽しむ方法をご紹介します。