【夜は屋台で腹ごしらえ!】タイ・バンコクのB級グルメ厳選12選

櫻井れき

トラベルライター

シェアありがとうございます

000_タイ_アイキャッチ

Photo by 櫻井れき

パッタイやタイラーメン、串焼きにタイスイーツ…。

B級グルメの宝庫、バンコクで出会える絶品フード・スイーツをご紹介します。

タイ旅行のお楽しみのひとつといえば、やっぱりグルメ♪日中たっぷり遊んだら、夜はB級グルメ食べ歩きでしめましょう!

エリアの特徴

■時差 -2時間
*サマータイム実施なし
■言語 タイ語
■通貨 THB(タイバーツ)
■気候 一年を通して日差しが強く、高温多湿。猛暑季(4~5月)・雨季(6~10月)・乾季(11~3月)と3つのシーズンに分かれる。

■タイ料理についてのマメ知識

基本的に、タイ料理には高級料理とB級料理というはっきりとしたカテゴリ分けはないといっても良いでしょう。

001-1_タイ_レストラン料理

Photo by 櫻井れき

高級な食器に盛り付け、カービング野菜・果物できれいに装飾をほどこした、“見た目”に重きをおいた料理を「宮廷料理」と呼ぶこともありますが、一般的なタイ料理との違いといえば、質のいい食材を使用しているか有名コックが作った料理か、ということくらいで、メニュー内容はほぼ一緒です。

普段私たちが食べているタイ料理は、この宮廷料理がベースになっているものです。

つまり、タイ料理のすべては宮廷料理でもありB級料理でもある、ということですね。

ここでは、ファストフード的感覚で気軽に食べられるタイ料理のことを“B級グルメ”とカテゴライズして話をすすめていきましょう!

■B級グルメを楽しむならココ!

1. ナイトマーケット

バンコクには、ファッションやお土産などのお買い物ができるナイトマーケットがたくさんあります。

中でも有名なのはラチャダー鉄道マーケット!

肉団子焼きやフライドチキン、タイフルーツ・スイーツなど数えきれないほどのグルメ屋台がズラリと軒を連ねるラチャダーでは、持ち歩きしやすいように串や小皿で料理が販売されていて、食べ歩きをしながらお買い物も楽しめます。

食べ歩きだけではなく、レストランやカフェ、お酒も飲めるバービアもあり、イスに座ってゆっくりとお食事やタイビールを味わうこともできますよ。

ラチャダー 鉄道マーケット
【住所】Khwaeng Din Daeng, Khet Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon 10400
【アクセス】MRT「タイ文化センター駅」より徒歩3分
【営業時間】17:00~1:00 毎日
【公式サイト】https://www.facebook.com

※ナイトマーケットについてまとめた記事もありますので、こちらも参考にしてみてください!
『【在住者おすすめ】バンコクのナイトマーケット8選』

2. フードコート

002-02_タイ_フードコート

Photo by 櫻井れき

「屋台料理は衛生面が不安…」という方にはフードコートがおすすめ!

ショッピングモールのレストラン街にあるフードコートでは、エアコンのきいた清潔な環境で、タイラーメンや一皿料理、タイスイーツなどバラエティ豊かなタイ料理が堪能できます。

料金システムもわかりやすく、指さしオーダーもできますので、言葉が苦手な方やおひとりさまでの利用にも最適です。

ターミナル21 「PIER21」
【住所】88 Sukhumvit Soi 19 (Wattana) Sukhumvit Rd.North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110
【アクセス】BTS「アソーク駅」 / MRT「スクンビット駅」直結
【営業時間】10:00~22:00
【価格帯】100バーツ~
【公式サイト】https://www.terminal21.co.th

※フードコートについてまとめた記事もありますので、こちらも参考にしてみてください!
『バンコクのフードコート3選!利用方法〜おすすめ料理まで徹底解説!』

3. 街角の食堂

002-03-01_タイ_街角の食堂

Photo by 櫻井れき

バンコクには、いたるところにタイラーメンやおかずご飯の食堂があります。

フードコートとはまた違ったローカル感あふれる雰囲気で、「これぞタイ!」を感じるにはもってこいです。

お店の前にはショーケースが置いてあり、タイラーメン店であれば麺や具が、カオマンガイのお店であれば鶏肉がぶらさがっていたり、店先で焼鳥を焼いていたりなど、一目で何のお店なのかがわかります。

有名店やお寺などの観光スポット周辺のお店では英語が通じるところもありますが、基本タイ語オンリー。

しかし、たいていのお店ではおすすめ料理の写真が大きく掲示されていますので、食べたいものを指さすと良いでしょう。

Hoitod Chawlae chokchai4 เฮงหอยทอดชาวเล โชคชัยสี่
【住所】314 Thanon Chok Chai 4 Khwaeng Saphansong, Khet Wang Thonglang
Krung Thep Maha Nakhon 10310
【アクセス】MRT「ラートプラオ駅」より車で約16分
【営業時間】10:00~21:00
【備考・価格帯】100~1,000
【公式サイト】https://www.facebook.com

バンコクの街から消えゆく屋台

002-04_タイ_街角の屋台

Photo by 櫻井れき

かつてのバンコクでは、街を歩いているとよく食べ物や物売りの屋台を目にすることがありました。

しかし、近年の政府による街の浄化作戦のひとつとして屋台撤去が挙げられており、以前の活気は徐々に消えつつあります。

2019年現在もまだ残っている屋台街はありますが、訪れたらすでに消滅していた!

なんてこともありますので、エリアなどのご紹介は省略します。

■おすすめB級グルメTOP12

第12位 トートマンプラー

003-12_タイ_トートマンプラー

Photo by 櫻井れき

魚のすり身揚げ。さつま揚げと似たような料理です。

ちょっぴりスパイシーでふわふわなすり身に、コリコリとしたインゲンの食感がいいアクセントになっています。
そのまま食べても美味しいですが、別添のスイートサワーソースをかけて食べると甘辛でさらにおいしさUP!

第11位 クイッティアオ

003-11_タイ_クイッティアオ

Photo by 櫻井れき

日本でタイラーメンと呼ばれている麺料理です。

3種類の太さの米麺、スープの有無・中に入れる具が選べるので、自分好みにカスタマイズできるのが魅力的。

スープも鶏ガラのスタンダードなものから、豚の血をダシにしたもの、紅腐乳をベースにしたものなどお店によって自慢のスープがあります。

タイで食べるなら、おすすめしたいのが太麺(センヤイ)のクイッティアオ。

日本のタイ料理屋さんのセンヤイは乾麺を使っているお店が多いですが、現地では生麺を使っています。プリプリモチモチとした食感がクセになりますよ!

第10位 フルーツ

003-10_タイ_フルーツ

Photo by 櫻井れき

串に刺したり食べやすくカットされたフルーツは食べ歩きに最適!

タイの代表的なフルーツのひとつであるマンゴーは、まったりとした甘さとジューシー感がたまりません。

特に3月から5月にかけては、タイでも「マンゴー季」と呼ばれているほど1年の中で最も美味しい季節です。

ほかにも、さっぱりした味のパイナップル、大粒でサクサクとした柑橘系フルーツのソムオー、青パパイヤ、スイカなど、色とりどりのフルーツが楽しめます。

第9位 ホイトート

003-09_タイ_ホイトート

Photo by 櫻井れき

水に溶いた米粉にカキをふんだんに入れ、鉄板で揚げ焼きにしたホイトートは、カリカリッとした食感とうまみたっぷりのカキ、シャキシャキもやしが見事に調和した逸品。

ピリ辛のつけだれにつけて食べると、ビールに合います!

第8位 ルワムミット・ガティ・ソット

003-08_タイ_ルワムミット・ガティ・ソット

Photo by 櫻井れき

クラッシュした氷を入れたココナッツミルクに果物やゼリーをトッピングした、みつまめのようなスイーツです。
画像は、バイトゥーイという葉のエキスで色付けされたロートチョンというゼリーをトッピングしたもの。

屋台では、ピンク色のくわいの種やグミなど数十種類のカラフルなトッピングが並んでいて、好きなものを入れてもらえます。SNS映えまちがいなし!

第7位 ホーモック

Photo by 櫻井れき

タイカレーペーストと魚のすり身をバナナの葉で包んで蒸した、茶碗蒸しのような料理です。

ふわふわな食感はやさしいけれど、けっこうスパイシーなのが特徴的。濃厚な味わいは、おつまみに良し、ご飯のおかずにしても良し!

第6位 ソムタム

003-06_タイ_ソムタム

Photo by 櫻井れき

スライスした青パパイヤ、トマト、インゲン、ピーナッツなどを、クロックという石臼を使ってあえた料理です。

パパイヤのシャキシャキした歯ごたえと甘酸っぱい味わいで食欲が進みます。

ソムタムにはプリック・キー・ヌー(青唐辛子)が入っていて、小さなかけらであってもこれに当たるとかなりの辛さ!

オーダー時にプリックの多さを調節してもらえますので、辛いのが苦手な方は「マイサイ・プリックไม่ใส่พริก(プリックを入れないで)」または「マイペット・マークไม่เผ็ดมาก(辛くしないで)」とお願いすると良いでしょう。

第5位から第1位は次のページへ!!

櫻井れき
東京都在住。旅行・グルメ・エンタメライター兼主婦。 タイ・バンコクやバンコク近郊の観光スポット・グルメ・エンタメ情報を中心にお届けいたします。ガイドブックにはまだ載っていない、みなさまの旅が盛り上がるような記事が発信できたらうれしいです。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で