【初めてのタイ旅行!】必需品、あると便利なもの、不要品まとめ!

新巻 健人

トラベルライター

シェアありがとうございます

日本から気軽に訪れることができる観光地として人気の高いタイ。

微笑みの国として知られるタイは日本から多くの直行便が出ており、’日本人が訪れる渡航先ランキング’の上位にほぼ毎年食い込んでいる観光国です!

王宮や寺院など歴史的な建造物にナイトマーケット、近代的なショッピングセンターなどもあり、日本人にとって物価も比較的安く、タイに初めて訪れる方も十分に楽しめます。

初めてのタイ旅行。何をもって行けば良いか分からないという方の為に’タイ旅行で必要なもの’をまとめました!

実際にバンコクで1ヶ月生活した経験のある僕が自分の経験を踏まえて、皆さんに役立つ情報をシェアします!

1・必需品

  photo by acworks

まずは絶対に必要なものから紹介していきます。

これらは絶対に忘れないように出発前に必ずチェックしましょう!

-①現金

-②パスポート

-③クレジット・デビットカード

-④海外旅行保険

この4つは海外旅行に行かれる方全員にとって重要なアイテムです。

特に②パスポート③クレジット・デビットカードはマスト!!

タイに限らず、海外旅行はパスポートを忘れてしまうと、そもそも飛行機に搭乗することが出来ません!

クレジット・デビットカードも必需品。

確かにパスポートと現金さえあれば、海外旅行は何とかなりますが、リスクマネージメントの観点からクレジットカードあるいはデビットカードを最低でも1枚は持っていくべきです!

タイだけではなく、世界中のどこに行っても日本のように治安の良い国はそうそうありません。

‘現金が盗まれたら終わり…’という状態にならないように必ずクレジットカードかデビットカードを1枚持って行きましょう!

海外でカードが使えるか、出発前に必ず確認するようにしましょう!

現地でカードが使えない!最悪!!となってからでは遅いです涙

クレジットカードさえあれば、現金をどこでもATMで下ろせるので、①現金は必要ないのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり現金は必要だと思います。

カードがなぜか海外で使えない!などはよくある話で、そんな時の唯一の助け舟が’現金’です。

出来れば、米ドルと現地通貨を現金で持っていれば安心です。

日本円より米ドルの方が世界的に主流しているので、海外旅行の時は米ドルを持っていれば基本的に問題無いかと思います。

④海外旅行保険も出発前に加入するべきだと思います。

旅慣れた人で保険に一切入らず、油断して、車の事故などに遭い、200万円を自腹で払ったなどは決して珍しい話ではありません。

海外旅行保険に1週間加入したとしても、値段は5000円もかからないはずです。

海外ではいつ何が起こるか分からないので、必ず保険には加入しましょう!

また、クレジットカードによっては無料で90日間海外保険が付いているものもあります。

自動付帯・利用付帯等、カード会社により、条件は異なるので、クレジットカード付随の海外保険を利用する予定の人も出発前に必ず条件を確認しましょう!

2・あると便利なもの

photo by シルバーブレッド

旅行中にあると比較的便利なものを紹介します!

マストではないですが、これらのアイテムはあなたの旅をもっと快適にしてくれるはずです!

①スマホ (シムフリー)

②日本の薬

③パスポートのコピー

④南京錠

上記のリストは必要度の高い順に数字をつけました。

①スマホ (シムフリー)②日本の薬は個人的に旅に必ずもっていくアイテムです!

なぜ①スマホが必要かというと、旅中にスマホで情報を収集することが出来るからです。

ここでの重要なポイントはスマホは必ずシムフリーではないといけないという点。

シムフリーとは携帯会社からロックされておらず、どこの携帯会社でも使用できる携帯を意味します。

イモトのwi-fiなどのポケットwi-fiも確かに安いですが、現地でSIMカードを契約した方がもっとお得です!

ちなみにタイの携帯会社でおすすめなのは’True’というタイの大手の携帯会社。

タイの首都バンコクであれば、スワンナプーム空港やドンムアン空港のカウンターで簡単にSIMカードを購入することが出来ます。

ありがたいことに空港のカウンターで買うと、店員が無料でSIMカードをスマホに設定してくれます。

カウンターで働いているスタッフも英語を話せない観光客に慣れているので、簡単な英語でもSIMカードを購入できるはずです!

ただ、現地での調達が面倒な人は、こちらでWifiを入手してから行きましょう! icon-arrow-down



②日本の薬は持っておくと安心ですね!

海外旅行ではいつもと違う環境ということもあり、体調を崩しやすいです。

確かに現地の薬局でも薬を入手することができますが、海外製品ということもあり、心配という方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、いつも使い慣れている日本の薬をおすすめします!

特に胃腸薬などのお腹系の薬はあると便利かもしれません。

屋台料理や生のフルーツを食べてお腹を下すことは観光客にとって日常茶飯事のことです。

③パスポートのコピーも持っておくと良いアイテムです。

万が一、パスポートを紛失した時にパスポートのコピーさえあれば、領事館で比較的スムーズに再発行の手続きがとれるはずです。

また、パスポートをホテルに置いて外出する時も、身分を証明するためにパスポートのコピーを持っておくと良いかもしれません。

パスポートは英語で表記されていますが、日本の運転免許書や国民保険書などは日本語表記ですので、残念ながらタイでは何の役にも立ちません涙

④南京錠も防犯の面からタイではあると便利なものです。

特にゲストハウスやホステルなどの安宿に泊まる方は小さな南京錠を2つくらい持っていれば安心です。

バックパックなど大きな荷物をゲストハウスに置いて、外出する時は、私はいつもベットにバックパックを南京錠でくくりつけています。

日本ほど治安の良くないタイでは、観光客が毎日のように被害にあっています。

せっかくの楽しい旅行ですので、嫌な目に遭わないように事前に対策することはとても重要です。

3・そこまで必要ないもの

          photo by akizou

これらは僕の経験上、旅に必要ないと思ったアイテムです。

絶対持っていかない方が良いということではないので、参考程度にして下さいね。

①ガイドブック

②変圧器

大量の衣服

まずは、①ガイドブック

ガイドブックは絶対必要でしょ!!と思う方も多いのではないでしょうか?

ですが、僕は必要のないアイテムだと思っています。

一番の理由は本を持って行くと単純に荷物が重くなるからです涙

スマホ (シムフリー)を旅に持っていく方は、ネットでも観光情報をいくらでも収集できるので、ガイドブックはいらないのではないでしょうか?

スマホ (シムフリー)を持っていない方でも、あえてガイドブックを持っていかない旅もありかもしれません。

現地の人に地元情報を聞いて、自由な旅をすることも旅の醍醐味かもしれませんよ。

②変圧器は20年前までは便利なアイテムでしたが、近年、日本で販売されている多くの電化製品は海外対応のものが多いです。

変圧器もガイドブックと同様で邪魔になりかねないです。

そして、何より海外旅行の時しか使わないのに、値段が高いという点もおすすめできない理由の一つです。

大量の衣服ははっきり言って必要ありません!

モデルさんやインスタグラマーでない限り笑

荷物を持って行きすぎて後悔するというパターンは僕自身今までに何度も経験しました!

ありがたいことにタイでは安く現地で服を買うことが出来ます。

万が一足りなくなった場合は現地で買うことも可能ですので、必要以上に衣服を持っていかないようにすると良いかもしれませんね。

4・まとめ!

  photo by 灘伏見

いかがでしたでしょうか?

現地でトラブルに遭わないように安全な旅を心がけて下さいね。

タイで最高な思い出を作れるよう願っております!

こちらの記事もおすすめ! icon-chevron-down 

東南アジアの雨季ってどんな感じなの?タイ南部のリゾート地に行って、海を満喫したいからなるべく雨季は避けたい!そう思われる方も多いのではないでしょうか。旅行の予定を立てる時に、必ず考慮しなければいけないのが、滞在中の現地の天候状況。
海外旅行の際に気になることと言えば、旅行先の治安ですよね。できるだけ危険な目には遭いたくないですし、せっかくの旅行ならストレスなく楽しみたいもの。そこで今回は実際にタイを旅行して感じた注意するべき点についてご紹介します。
海外旅行に行く際には様々な心配事を抱く人が多いでしょう。出来るだけ事前に情報を得て、少しでも不安を取り除いてから旅行したいですよね?そこで今回は東南アジアの中でも有数の観光地となっているタイのコンセントや電圧事情についてご紹介します。
日本から気軽に訪れることができる観光地として人気の高いタイ!物価も安く日本人の購買意欲に火をつけることも多いのではないでしょうか?そこで今回はタイのお土産33種を厳選してご紹介します!
海外旅行の際に様々な不安を抱く人も多いのでは?ある程度海外に行ったことがある方は、あたふたすることも少ないかと思いますが、あまり海外経験がない方は困ることも多いかと思います。そこで今回はタイでの旅行時に知っておきたいポイントをご紹介します。
タイの首都、バンコクには王宮や寺院など美しい建造物が多く女子旅にもぴったりな観光都市。雨季と乾季、暑季の3つの季節がありますが、時期を選べば格安で海外旅行を楽しめます!こちらの記事ではバンコク観光に外せないおすすめスポットをご紹介します!
旅初心者ならバンコクに行こう!バンコクに一ヶ月暮らしていた僕がバンコクをおすすめする理由とは?
この記事では2017年12月に3ヶ月東南アジアをバックパッカーとして旅した僕のおすすめの観光スポットを紹介します。最初の1ヶ月半は彼女と一緒に旅して、残りの1ヶ月半は一人旅しました。 もともと、一人旅の経験はありましたが、パートナーと旅することは初めて。 旅中に些細な喧嘩や小さなトラブルに何度も遭遇しましたが、一生の思い出に残る経験になりました!

Staywayについて

Staywayは世界中の宿泊施設を検索&比較できるサイト。価格からロケーションまで幅広いニーズに答え、利用者にあった宿泊先を素早く見つけることが可能です。さらに宿泊先でのさまざまな滞在方法も提案しているので、ぜひチェックしてみましょう!