東京タワー・その周辺を一日楽しもう!グルメも観光スポットも!

Stayway 編集部

トラベルライター

東京タワー夜景

photo by 自分

映画「Always 三丁目の夕日」にも登場する、どこか懐かしい電波塔・東京タワー。

この記事では、なんと今年還暦を迎えたタワーの歴史や観光のポイントを紹介して、その魅力に迫ります。

更に、併せて訪れたい周辺の観光スポットもご紹介!

1. 東京タワーってどんなところ?

photo by 自分

東京タワーは東京港区にあり、総合電波塔でありながら東京を代表する観光スポットになっています。メインデッキ(150m)とトップデッキ(250m)の2つの展望台があります。

どちらも東京の名所を一望出来る絶景スポットです。

また1階~5階にはフットタウンというおみやげ屋や飲食店の入る商業施設があります。

こちらは展望台のチケットを買わなくても入場できます。

2. 東京タワーの利用案内

photo by 自分

メインデッキ (150m) 9:00~23:00 [最終入場 / 22:30] トップデッキツアー (150m+250m) 9:00~22:45 [最終ツアー / 22:00~22:15] 年中無休です。東京タワー1階外のカウンターでチケットが買えます。

トップデッキツアーに参加した方は、メインデッキにも追加料金なしで入場出来ます。

私が行った時は、トップデッキは夜の方が混雑していました。

メインデッキ(150m)トップデッキツアー(150m+250m)
大人(高校生以上)900円2800円
子供(小中学生)500円1800円
幼児(4歳以上)400円1200円

メインデッキへ1日何度でも登れる1dayチケットもあります。

販売時間9~20時
料金大人(高校生以上)1,600円
子供(小・中学生) 900円
幼児(4歳以上)   700円

3. 東京タワーへのアクセス

東京タワー下から

photo by 自分

1正式名称   東京タワー
2住所     東京都港区芝公園四丁目2番8号
3アクセス方法 都営大江戸線「赤羽橋駅」赤羽橋口 徒歩5分、東京メトロ日比谷線「神谷町駅」1番口 徒歩7分
4公式サイト  https://www.tokyotower.co.jp
5電話番号   03-3433-5111

赤羽橋駅から向かうのがオススメです。

大江戸線の深い改札口から地上へ出ると、巨大な東京タワーが目の前に聳えテンションが上がること間違いなしです。

東京タワー周辺はオフィスも多く、会社員の方が行きかっています。

4. 東京タワーの歴史

クリスマス東京タワー

photo by 自分

東京タワーは総合電波塔として戦後間もない1957年に着工されました。

その後テレビやラジオの送信所として長く活躍してきましたが、デジタル放送の開始に伴い2012年に開業した東京スカイツリーにその役目を譲りました。

しかしながら東京のシンボル、代表的な観光名所として現在でも有名であり、年間300万人が訪れています。かつては蝋人形館や水族館もありました。

5. 一日遊べる観光スポット!東京タワーの魅力を紹介!

トップデッキツアー

photo by 自分

まずはトップデッキツアー。東京タワーの歴史についてのVTRを観た後、記念撮影。ウェルカムドリンクを飲んで高さ250mのトップデッキへ。

メインデッキからの景色も充分迫力がありますが、高さがある分更に遠くまで見通せますね。

見える建物などの解説をしてくれる機械を無料で貸し出しているので、それを聞きながら景色を撮影。トップデッキにもお手洗いはあるので安心ですよ。

東京のど真ん中にいる感覚を味わえます。

東京タワーVR

photo by 自分

また東京のビル群を一望出来る昼間も良いのですが、窓の外に大迫力で広がる夜景とコラボしたメインデッキのVRは必見です。

内容は季節によって変わり、桜、雪、ゲーム「ファイナルファンタジー」の映像など多彩なVRを見る事が出来ます。

東京ワンピースタワー

photo by 自分

東京ワンピースタワーとは、フットタウンの4階と5階にある人気コミック「ONE PIECE」のアトラクションテーマパーク。

入り口とチケット売り場は3階です。

展望台とのセット券もあるので、東京タワーも観光したいという方はそちらがオススメ。

アトラクションあり、ショー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION『PHANTOM』」あり、オリジナルアニメや特別展、ここでしか買えないグッズなどファン垂涎のテーマパークです。

営業時間は10 時~ 22 時(最終入園21 時)。

6. 東京タワー周辺の観光スポットを紹介!

スカイデッキ

photo by 自分

高い場所が好きな方には六本木ヒルズ「東京シティビュー」スカイデッキをおすすめします。最寄の日比谷線六本木駅へは神谷町駅から1駅です。

こちらでは晴天の時のみ出られる屋上の「スカイデッキ」で屋外で風を感じながら都心の景色を眺めて欲しいです。東京タワーも近くにド迫力で望めます。

東京タワー観光の後に、東京タワーを別の視点で見るなんて乙ですね。

1正式名称   六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
2住所     東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
3アクセス方法 東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩3分(コンコースにて直結)
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩6分
4公式サイト  https://tcv.roppongihills.com
5電話番号   03-6406-6652

7. 東京タワーのグルメスポットを紹介!

カフェ ラ・トゥール

photo by 自分

東京タワーのメインデッキには「ラ・トゥール」というカフェがあり、軽食とドリンクを扱っています。数席のみのお店ですが、ここでの読書や休憩は最高です。

ビル群を眺めながら優雅なティータイムだなんてまるでセレブにでもなったよう!平日だとすぐに座れるので狙い目です。

東京タワーへをenjoy!

ダイヤモンド東京タワー

photo by 自分

いかがでしたでしょうか。

ワンピースのテーマパークやVRも楽しめる東京タワーは、日本を代表する観光地です。

昼間に展望台から眺める莫大な数のビルも、数え切れない電飾に彩られた夜景も素晴らしい場所。

「今更」「ベタ」なんて思わずに、東京タワーへ是非足を運んでみて下さいね。

東京の観光情報まとめました🗼❤️

観光スポットでいっぱいの首都・東京。 カップルでの旅行を考えている方、一人旅しに来る方、などなど、様々な旅スタイルの方がいることでしょう。 そこで、中でもこれは見ておくべき!というオススメの観光スポットを、旅スタイル別に計67ヶ所、ご紹介します!

東京、阿佐ヶ谷にあるお洒落なカフェ、「Gion」の魅力☕️

一度食べたらやみつきになるナポリタンや、カラフルなクリームソーダが人気の純喫茶gion。 フォトジェニックな店内はインスタ映え間違いなしで乙女心をくすぐります♡そんな魅力たっぷりのgionをご紹介いたします♪

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?