ロンドン在住者オススメ!イギリスの紅茶ブランド12選

Kumi

トラベルライター

シェアありがとうございます

イギリス、ロンドン、紅茶
photo by Kumi

イギリスと言えば紅茶。そのイメージの通り、イギリス人は実によく紅茶を飲み、スーパーや百貨店には様々なブランドの紅茶が並んでいます。

今回は在住者おすすめの紅茶ブランドを紹介していきます。

【時差】マイナス9時間(サマータイム中はマイナス8時間)
【言語】イギリス英語
【通貨】イギリスポンド
【気候】1年を通して日本より気温が低く、夏でも30度を超える日は数える程度

第12位 Whittard of Chelsea(ウィッタード・オブ・チェルシー)

View this post on Instagram

A post shared by Whittard of Chelsea (@whittarduk) on

第12位はWhittard of Chelsea(ウィッタード・オブ・チェルシー)です。

Whittard of Chelsea(ウィッタード・オブ・チェルシー)は1886年創業の紅茶ブランドで、現在イギリス国内に55店舗を構えている老舗メーカーです。

Whittard of Chelsea(ウィッタード・オブ・チェルシー)は日常的に飲む紅茶ブランドというよりは、ちょっとしたプレゼントやティーパーティなどで飲まれるブランドで、イギリス土産としても人気があります。

Whittard of Chelsea(ウィッタード・オブ・チェルシー)は紅茶はもちろんのことホットチョコレートの種類が豊富であることでも知られており、ホットチョコレートは季節を問わず人気商品となっています。

【正式名称】Wittard of Chelsea
【住所】9 The Market, Covent Garden, The Piazza, Covent Garden, London WC2E 8RB(ほか多数店舗あり)
【アクセス】地下鉄コヴェントガーデン駅から徒歩2分
【営業時間】9時半から21時(曜日、店舗によって異なる)
【ホームページ】https://www.whittard.co.uk/stores

第11位   Tick Tock(ティックトック)

View this post on Instagram

A post shared by Tick Tock Tea (@ticktocktea) on

第11位はTick Tock(ティックトック)です。

Tick Tock(ティックトック)はキッズアニメを彷彿とさせる可愛らしいパッケージで、各種スーパーで購入可能な紅茶ブランドです。

通常の紅茶のほか、グリーンティやルイボスティ、バニラチャイ、またレモンジンジャーティなどがあり、他のブランドに比べてその種類は多くありませんが、どの商品も人気商品となっています。

【正式名称】Tick Tock
【ホームページ】https://ticktocktea.com/
【取り扱い店舗】国内各種スーパー他
【取り扱い店舗住所】23-39 The Brunswick Centre, Bloomsbury, London WC1N 1AF
【取り扱い店舗アクセス】地下鉄ラッセルスクエア駅より徒歩2分

第10位  Teapigs(ティーピグス)

View this post on Instagram

A post shared by teapigs (@teapigs) on

第10位はTeapigs(ティーピグス)です。

イギリスの紅茶ブランドは創業が100年以上を超えるブランドがほとんどですが、Teapigs(ティーピグス)は2006年創業という新しいブランドです。

品質にこだわった紅茶の茶葉は風味よく味わうことができるよう、テトラパック型のティーバッグに詰められています。

またTeapigs(ティーピグス)の中でお特におすすめの商品は抹茶です。その種類はシンプルな抹茶から抹茶ココアラテや抹茶ミントラテなど、抹茶の風味を生かした様々な種類の抹茶を販売しています。

【正式名称】Teapigs
【住所】Pump Alley, Brentford TW8 0AP
【アクセス】ナショナルレイルブレントフォルド駅から徒歩10分
【営業時間】9時から17時30分(土日休業)
【ホームページ】https://www.teapigs.co.uk/
(その他ロンドン市内各スーパーにて取り扱いあり)

第9位   Lipton(リプトン)

View this post on Instagram

A post shared by Lipton (@lipton) on

第9位はLipton(リプトン)です。

日本でもおなじみのLipton(リプトン)。実はイギリスではスーパーマーケットチェーンとして創業されました。そして創業者がスーパーマーケットで販売するための商品を求めて旅をしている中で紅茶に出会い、そして紅茶の販売が開始されました。

Lipton(リプトン)は数多くのフレーバーティーを販売しており、またイギリスの紅茶ブランドでは珍しくアイスティー用の紅茶も多く販売しています。

【正式名称】Lipton
【ホームページ】https://www.lipton.com/us/en/home.html
【取り扱い店舗】国内各種スーパー他
【取り扱い店舗住所】23-39 The Brunswick Centre, Bloomsbury, London WC1N 1AF
【取り扱い店舗アクセス】地下鉄ラッセルスクエア駅から徒歩2分

第8位   Fortnum & Mason(フォートナムアンドメイソン)

ロンドン、イギリス、紅茶
photo by Kumi

第8位はFortnum & Mason(フォートナムアンドメイソン)です。

美しい水色のパッケージでおなじみのFortnum & Mason(フォートナムアンドメイソン)。イギリス土産の体表的存在でもある高級紅茶ブランドです。

地下鉄ピカデリーサーカス駅近くに本店を構えるFortnum & Mason(フォートナムアンドメイソン)は数多くの紅茶の種類を販売しており、本格的な茶葉のほか、気軽に楽しむことのできるティーバッグタイプの紅茶も多く販売されています。

またFortnum & Mason(フォートナムアンドメイソン)は紅茶のみならず、コーヒーの種類も豊富で、またお茶請けにぴったりなビスケットやチョコレート菓子なども多数販売しています。

【正式名称】Fortnum & Mason
【住所】181 Piccadilly, St. James’s, London W1A 1ER
【アクセス】地下鉄ピカデリーサーカス駅から徒歩3分
【営業時間】10時から21時(曜日によって異なる)
【ホームページ】https://www.fortnumandmason.com/

第7位   Pukka(プッカ)

View this post on Instagram

A post shared by Pukka Herbs (@pukkaherbs) on

第7位はPukka(プッカ)です。

Pukka(プッカ)は他の紅茶ブランドとは少し趣向が異なり、ハーブティブランドです。

イギリスでも健康に気を使う人が多く、Pukka(プッカ)ではデトックスに効果的なハーブティを始め、消化作用に効果的なハーブティ、女性特有の悩みを軽減するハーブティなどが販売されています。

またスーパーマーケットではPukka(プッカ)のみの販売となりますが、ドラッグストアやオンラインショップではサプリメントも販売されており、ハーブティとともに人気を集めています。

【正式名称】Pukka
【ホームページ】https://www.pukkaherbs.com/
【取り扱い店舗】国内各種スーパー、健康食品店他
【取り扱い店舗住所】526 Oxford St, London W1C 1LN
【取り扱い店舗へのアクセス】地下鉄マーブルマーチ駅から徒歩1分

第6位   Clipper(クリッパー)

View this post on Instagram

A post shared by Clipper Teas (@clipperteas) on

第6位はClipper(クリッパー)です。

かわいらしいカップ&ソーサーのイラストが印象的なClipper(クリッパー)。日本でも輸入食材を扱うショップなどで取り扱われるようになり、目にしたことがある人も多いかもしれません。

1984年に創業されたClipper(クリッパー)イギリス初のフェアトレートティーカンパニーとして成長を遂げ、現在では各種紅茶のほか、グリーンティの種類も豊富で、またフレーバーティ、ホットチョコレートなどの販売も手がけています。

そのかわいらしいパッケージからお土産にもぴったりのブランドです。

【正式名称】Clipper
【公式ホームページ】https://www.clipper-teas.com/
【取り扱い店舗】国内各種スーパー他
【取り扱い店舗住所】23-39 The Brunswick Centre, Bloomsbury, London WC1N 1AF
【取り扱い店舗アクセス】地下鉄ラッセルスクエア駅から徒歩2分

第5位   Typhoo Tea(タイフー・ティー)

View this post on Instagram

A post shared by Typhoo Tea (@typhootea) on

第5位は   Typhoo Tea(タイフー・ティー)です。

真っ赤なパッケージが印象的な位   Typhoo Tea(タイフー・ティー)は1903年に創業された老舗ブランドで、濃いめの紅茶が好きなイギリス人にもぴったりなストロングティーなど、イギリスらしい紅茶を販売するブランドです。

取り扱っている紅茶の種類はけして多くはありませんが、通常の紅茶は240パック入りのメガサイズを販売するなど、日常生活に紅茶が欠かせないイギリス人御用達のブランドです。

【正式名称】Typhoo Tea
【ホームページ】https://typhoo.co.uk/
【取り扱い店舗】国内各種スーパー他
【取り扱い店舗住所】23-39 The Brunswick Centre, Bloomsbury, London WC1N 1AF
【取り扱い店舗アクセス】地下鉄ラッセルスクエア駅から徒歩2分

第4位   Twinings(トワイニングス)

イギリス、ロンドン、紅茶
photo by Kumi

第4位はTwinings(トワイニングス)です。

日本でもおなじみのTwinings(トワイニングス)は1706年創業という、イギリスの紅茶ブランドの中でも特に歴史の長い老舗ブランドで、日本同様、イギリスでも親しまれています。

Twinings(トワイニングス)の紅茶は各種スーパーのほか、王立裁判所の近くの直営店でも販売されています。直営店では紅茶マスターのクラスが開かれるなど、小さな店構えでありながら、本場の紅茶を堪能したい人には最適のスペースとなっています。

【正式名称】Twinings
【住所】216 Strand, Temple, London WC2R 1AP
【アクセス】地下鉄ホールボン駅から徒歩10分
【営業時間】9時30分から19時30分(曜日によって異なる)
【ホームページ】https://www.twinings.co.uk/about-twinings/flagship-store-london-216-strand
(商品は各スーパー等で取り扱いあり)

第3位    Tetley(テトリー)

イギリス、ロンドン、紅茶
photo by Kumi

第3位はTetley(テトリー)です。

1837年創業のTetley(テトリー)は日本ではさほど有名ではありませんが、イギリスではイギリス最大の紅茶ブランドとして、イギリス人の日常生活に欠かせない紅茶ブランドの一つです。

ブルーのブランドロゴが印象的なTetley(テトリー)は通常の紅茶はもちろんのこと、様々なフレーバーティやグリーンティ、またアイスティー用の茶葉を販売するなど、その種類の豊富さはイギリス最大ブランドならではとなっています。

【正式名称】Tetley
【ホームページ】https://www.tetley.co.uk/
【取り扱い店舗】国内各種スーパー他
【取り扱い店舗住所】23-39 The Brunswick Centre, Bloomsbury, London WC1N 1AF
【取り扱い店舗アクセス】地下鉄ラッセルスクエア駅から徒歩2分

第2位    PG tips(ピージー・ティップス)

ロンドン、イギリス、紅茶
photo by Kumi

第2位 は   PG tips(ピージー・ティップス)です。

イギリスのスーパーやオフライセンスで見かけることがないと言っても過言ではないほど、国民的紅茶ブランドのPG tips(ピージー・ティップス)。

グリーンとレッドのシンプルなブランドロゴが印象的なPG tips(ピージー・ティップス)は日本ではあまり見かけない丸い形のティーバッグが特徴です。紅茶の種類は多くないものの、ミルクアレルギーの人にも対応した、ソイミルクやアーモンドミルクにもあう紅茶を販売するなど、現代人の需要に合わせた商品で、イギリス人の生活に欠かせない紅茶ブランドとなっています。

【正式名称】PG Tips
【ホームページ】https://www.pgtips.co.uk/
【取り扱い店舗】国内各種スーパー他
【取り扱い店舗住所】23-39 The Brunswick Centre, Bloomsbury, London WC1N 1AF
【取り扱い店舗アクセス】地下鉄ラッセルスクエア駅から徒歩2分

第1位 Yorkshire Tea(ヨークシャー・ティ)

ロンドン、イギリス、紅茶
photo by Kumi

第1位はYorkshire Tea(ヨークシャー・ティ)です。

どのスーパーでも紅茶販売エリアで最もスペースを取っていると言っても過言ではないほど、大人気のYorkshire Tea(ヨークシャー・ティ)。

イギリスの田園風景が描かれたパッケージは、イギリスのどの家庭でも見かけないことはないほどで、イギリスではTetley(テトリー)に次ぐ人気で、Tetley(テトリー)、PG tips(ピージー・ティップス)とともにイギリスの三大人気紅茶ブランドの一つと言われています。

紅茶の種類は多くないものの、超硬水用の紅茶を販売するなど、イギリスならではのブランドで、また日に何杯も紅茶を飲むイギリス人にはぴったりな大容量のパッケージも販売されるなど、イギリス人の紅茶生活を語るには外せないブランドです。

【正式名称】Yorkshire Tea
【ホームページ】https://www.yorkshiretea.co.uk/
【取り扱い店舗】国内各種スーパー他
【取り扱い店舗住所】23-39 The Brunswick Centre, Bloomsbury, London WC1N 1AF
【取り扱い店舗アクセス】地下鉄ラッセルスクエア駅から徒歩2分

イギリス人のお好みは庶民的!

イギリス、ロンドン、紅茶
photo by Kumi

イギリスでおすすめの紅茶ブランドを紹介いたしました。

イギリスでは日本でイギリス土産として人気のフォートナム&メイソンやトワイニングスも人気がありますが、どちらかというと日に何杯も紅茶を味わうため、庶民的なブランドに人気が集まっています。

また上記で紹介したブランドのほか、各種スーパー独自の紅茶も人気があります。イギリス滞在の際は、ぜひ地元の人に密着したスーパーに足を運び、紅茶コーナーを巡ってみてください!

ロンドン在住者おすすめ!イギリスで食べるべし!デザート・スイーツ10選をまとめました🍰

イギリスのデザートやスイーツはフランスやイタリアのスイーツに比べ、あまり手を加えられ過ぎていない素朴な味わいが特徴で、老若男女問わず、イギリス人はみんな甘いものが大好きです。今回はイギリスに来たら食べるべきスイーツを紹介していきます。

イギリス・ブライトンの観光・おすすめ徹底紹介!【在住者が解説】をまとめました✈️

ロンドンから電車で約1時間の距離にある街ブライトン。市内にはロンドンに負けないほどおしゃれなショップが溢れ、駅から徒歩15分ほどでビーチにたどり着くことができ「海辺のロンドン」とも言われています。今回はブライトンを徹底紹介していきます。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kumi
自称前世はロンドン人。紆余曲折あったものの長年の夢を叶え、数年前に拠点をロンドンに移し、ロンドンライフを満喫中。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で