女子旅におすすめ!ベネチアの観光スポット13選

Vista

トラベルライター

シェアありがとうございます

イタリア ベネチアPhoto by AdobeStock
水の都といわれるイタリアのベネチア!島内は一切の車両の使用が禁止で、中世から残る美しい町並みが広がります。

本記事ではそんなベネチアの観光スポットを紹介します。

【ベネチアの基本情報】
時差:-8時間
*サマータイム実施時は-7時間
言語:イタリア語
通貨:ユーロ
気候情報:気候 地中海洋性気候。温暖で雨が少なく、日本と同じように四季がはっきりしています。夏は 日差しが強く、冬は雨が多くなります。

第13位 アカデミア橋

View this post on Instagram

Giandomenico Massaさん(@scatti_di_ingegneria)がシェアした投稿


カナルグランデには合計4つの橋が架かっていますが、アカデミア橋はその1つです。

もともとは鉄製の橋でしたが、老朽化により現在の木製の姿にかえられました。橋からのサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会を眺めることができ、ちょっと休憩をするにもぴったりです。

【正式名称】Ponte dell’Accademia
【住所】Ponte dell’Accademia, 30123 Venezia
【アクセス】水上バス1、2番アカデミア(Accademia)停留所下船

第12位 ため息橋

View this post on Instagram

Danilo & Annaさん(@ournextflight)がシェアした投稿


アカデミア橋とは異なり、白い大理石で作られた上品な雰囲気の橋。

この近くにはドゥカーレ宮殿があり、そこの牢獄へ行く途中に囚人たちがこの橋の上で「ベネチアの素晴らしい景色を見るのもこれで最後」とため息をついていたことから、この名が付けられたといわれています。

【正式名称】Ponte dei Sospiri
【住所】Piazza San Marco, 1, 30100 Venezia VE,
【アクセス】水上バス1・2番でサンマルコ(S.Marco)停留所下船

第11位 アカデミア美術館

View this post on Instagram

Gallerie dell’Accademiaさん(@gallerieaccademiavenezia)がシェアした投稿


アカデミア美術館は元は美術学校として機能していました。ここに展示されている絵画は14〜18世紀に書かれたもので、ほとんどがベネチアをテーマとしています

ベネチアの3大画家、ティツィアーノ、ティントレット、パオロ・ヴェロネーゼなどの作品も見ることができます。

【正式名称】Gallerie dell’Accademia
【住所】Campo della Carita, 1050, 30123 Venezia VE, イタリア
【アクセス】水上バス1、2番アカデミア(Accademia)停留所下船

第10位 サンタマリア・デッラ・サルーテ教会

View this post on Instagram

CNN Travelさん(@cnntravel)がシェアした投稿


サンマルコ広場やアカデミア橋から眺めることができるサンタマリア・デッラ・サルーテ教会。

運河沿いからの景色は絶景で、ベネチアで最も人気の撮影スポットとなっています。

教会内ではティツィアーノによる迫力ある天井画を見ることができます。

【正式名称】Basilica di Santa Maria della Salute
【住所】Dorsoduro, 1, 30123 Venezia
【アクセス】水上バス1番サルーテ(Salute)停留所下船 徒歩1分
【公式サイト】https://basilicasalutevenezia.it/

第9位 ムラーノ島

View this post on Instagram

ᴠᴀʟᴀɴᴀさん(@valana__)がシェアした投稿


ムラーノ島はベネチアから船で20分ほどで行くことができる小さな島。

ムラーノ島はベネチアングラスの生産地として知られており、ガラス博物館などがあります。そこでは、ベネチアングラスが作られる様子を見学したり、コレクションを見ることができますよ!

ベネチアングラスは世界的にも有名なので、ぜひ購入して帰りましょう。

【正式名称】Murano
【住所】Fondamenta Marco Giustinian, 8, 30141 Venezia
【アクセス】水上バス3番ムゼオ(Museo)停留所下船

第8位 サンマルコ寺院

View this post on Instagram

discoverer_001さん(@discoverer_001)がシェアした投稿


サンマルコ寺院は、9世紀にベネチア商人がエジプトのアレキサンドリアから盗んだとされる聖マルコの聖遺物を祀るために建てられたといわれています。

19世紀からは大司教座が置かれるようになりましたが、今でも寺院という呼称が残っているのが特徴です。

また、共和国総督の礼拝堂として使用されていたこともあるため、ベネチア共和国からの政治的独立の象徴ともされています。

【正式名称】Basilica di San Marco
【住所】Piazza San Marco, 328, 30100 Venezia
【アクセス】水上バス1・2番でサンマルコ(S.Marco)停留所下船
【公式サイト】http://www.basilicasanmarco.it/

第7位 時計塔

View this post on Instagram

@sk_trip88がシェアした投稿


500年もの歴史がある、サンマルコ広場に位置する時計台。正午になると鐘がなり、美しい音色を楽しむことができます。

屋上の2体のブロンズ像や、ベネチアのシンボルである翼が生えたライオン像、文字盤の青いピスラズリなど、細かい装飾も時計塔の魅力となっています。

【正式名称】Torre dell’Orologio
【住所】San Marco, 88 30124 Venezia
【アクセス】水上バス1・2番でサンマルコ(S.Marco)停留所下船

第6位 リアルト市場

View this post on Instagram

@ibu_u29がシェアした投稿


近隣の海で獲れた新鮮な魚介や果物、フルーツなどが手に入るリアルト市場。ここのは地元の人が買い物にやってきて、常に活気で溢れています。

周辺のレストランではここで売っている食材を使った料理を楽しむことができるので、ランチなどに利用するのがおすすめです。

【正式名称】Mercato Ittico di Rialto
【住所】Calle de la Pescaria, 30122 Venezia
【アクセス】リアルト橋より徒歩3分 / 水上バス1番リアルト・メルカート(Rialto Mercato)下船すぐ

第5位 ブラーノ島

View this post on Instagram

TOP_HDR_PHOTOさん(@top_hdr_photo)がシェアした投稿

カラフルな家が並ぶかわいい景色を楽しむことができるブラーノ島。霧が多い冬場でも自分の家を見分けられるようにあえてカラフルにしたのだとか。

島はとても小さく1時間ほどで見て回ることができます。ブラーノ島はレース編みでも有名であり、お土産を購入することもできますよ!

【正式名称】Burano
【住所】Brano 30142 Venezia
【アクセス】本島北側のフォンダメンタ・ヌォーヴェ(Fondamente Nove)またはムラーノ・ファロ(Murano Faro)から水上バス12番でブラーノ(Brano)停留所下船

第4位 ドゥカーレ宮殿

View this post on Instagram

miss_ladyoさん(@miss_ladyo)がシェアした投稿


ベネチア共和国時代の総督の宮殿として使用されていたドゥカーレ宮殿。

宮殿内には黄金の階段など、豪華な装飾が施されており一見の価値があります。

さらに、シークレットツアーに参加をすると拷問部屋など宮殿の裏の顔を見ることができるので、そちらに参加してみるのも面白いでしょう。

【正式名称】Palazzo Ducale
【住所】Piazza San Marco, 1, 30124 Venezia
【アクセス】水上バス1・2番でサンマルコ(S.Marco)停留所下船
【公式サイト】http://palazzoducale.visitmuve.it/

女子旅におすすめ!ベネチアの観光スポットTOP3は次ページへ!

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!
応募はこちら▼
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で