【神奈川】湯河原温泉のお土産ランキングTOP23をテーマ別厳選! 

万代正平

トラベルライター

シェアありがとうございます

湯河原温泉Photo by Wikipedia

湯河原には、個性的なお土産が多くあります。

温泉街にあるお土産どころと、駅近くの市街地にあるお土産どころと2つのエリアに分かれています。

そんな湯河原のお土産スポットをテーマ別に23かアイテム厳選しました。

解りやすいランキング形式で紹介します。

<この記事は次の3テーマで構成されています>
①湯河原とその周辺の銘菓・お菓子のお土産8選
②湯河原とその周辺の名産・食料品のお土産8選
③湯河原とその周辺の雑貨・日用品のお土産7選

①湯河原とその周辺の銘菓・お菓子のお土産8選

第8位 味楽庵「みかん最中」

この投稿をInstagramで見る

kerokero4557さん(@kerokero4557)がシェアした投稿

みかん最中は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原の和菓子処「味楽庵」の看板商品として人気があります。

みかんをイメージしたパッケージに、ふたつの最中が入っています。その最中の断面がみかんの断面に見立てました。

中に入っている餡は、白インゲン豆をベースに作られています。

みかんの味わいに近いので、食べるとみかんが恋しくなるでしょう。

【正式名称】味楽庵
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上230
【アクセス】湯河原駅から車で5分
【営業時間】8:30-18:00
【定休日】無休
【電話番号】0465-62-5577
【HP】http://www.mirakuan.com/

第7位 杵屋菓子舗「みたらし団子」

この投稿をInstagramで見る

🐳mさん(@____ra9214)がシェアした投稿

杵屋菓子舗のみたらし団子は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原の和菓子処「杵屋菓子舗」には、みたらし団子をはじめとして、いろんな気になるお菓子を販売しています。

みたらし団子は食べ歩きにはちょうど良いでしょう。

和菓子店の数ある商品のななかで、イチオシは栗ようかんです。

またカステラやアップルパイやなど、和菓子にこだわらない洋菓子系のお菓子も販売していますので、ショーケースを見ていろいろ探してみましょう。

【正式名称】杵屋菓子舗
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町中央1丁目10-16
【アクセス】湯河原駅から車で4分
【営業時間】9:00-18:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0465-62-7664
【HP】なし

第6位 住吉屋湯河原店 「とろけるデシュー」

この投稿をInstagramで見る

yokanさん(@yokan_zenzai)がシェアした投稿

とろけるデシューは、湯河原のお土産に最適でしょう。

これは湯河原の他熱海や、真鶴にもお店を展開している「住吉屋」の人気メニューです。

テレビなどでも取り上げられたこともあり、大評判でしょう。

パリパリになっているシュークリームの皮は、クッキーを載せて焼いているのがポイントです。

仲にはカスタードクリームが入っていて、地元の丹奈牛乳を使いました。

外のパリパリと中のジューシーさのギャップが、旨みをさらに引き立てています。

【正式名称】住吉屋湯河原店
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町門川497
【アクセス】湯河原駅から徒歩で2分
【営業時間】9:00-1800
【定休日】無休
【電話番号】0465-63-3900
【HP】https://torokeru-de.com/

第5位 菓味村(かみむら) 「姫のまごころ」

この投稿をInstagramで見る

茶の湯 宗江さん(@chanoyu_soukou)がシェアした投稿

姫のまごころは、湯河原のお土産に最適でしょう。

これは、湯河原の和菓子店、きび餅本舗かみむらの最中で、餡の部分にクルミを使っています。

くるみのほかぺカンと呼ばれるクルミの近種も利用し、いずれも天然素材を厳選しました。

ほろ苦さとまろやかな甘さのマリアージュをぜひ堪能しましょう。

皮の部分は、ハートをかたどっており、正しく姫のまごころです。

【正式名称】きび餅本舗かみむら
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2丁目11-7
【アクセス】湯河原駅から車で4分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0465-63-3131
【HP】https://www.kibimochi.com/

第4位 Peche(ペシュ) 「チーズタルト」

この投稿をInstagramで見る

田舎風フランス菓子 ペシュ湯河原店さん(@peche_tart)がシェアした投稿

Peche(ペシュ)湯河原は、湯河原のお土産に最適でしょう。

ここは、湯河原にある洋菓子店で、名物はタルトです。

元々は四半世紀の歴史を持つフレンチレストラン「春陽亭」のデザートとして提供されるものでした。

カットサイズとホールサイズで選べるので、フレンチデザートの味を堪能してみましょう。

タルトはチーズの他、洋ナシなどいくつか種類があります。

【正式名称】ペシュ湯河原店
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町門川497-1F
【アクセス】湯河原駅から徒歩で1分
【営業時間】10:00-18:30
【定休日】無休
【電話番号】0465-63-4161
【HP】http://shunyoutei.com/shop1/

第3位 十五夜 「かるかん饅頭」

この投稿をInstagramで見る

magnifique(Tetsuro Ichida)さん(@magnifique_ti)がシェアした投稿

十五夜 かるかん饅頭は、湯河原のお土産に最適でしょう。

かるかんと言えば、九州鹿児島地方の銘菓というイメージがありますが、実は湯河原でも「かるかん」は名産品です。

湯河原のかるかん饅頭には、湯河原名産の大和芋を使うのが大きな違いです。

しっとりとした舌触りに、ほんのり香る素朴な大和芋の味わいを堪能しましょう。

抹茶にも会うというかるかん饅頭は、贈答品にもバッチシです。

【正式名称】菓匠 十五夜本店
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上455
【アクセス】湯河原駅から車で6分
【営業時間】8:00-17:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0465-62-2339
【HP】なし

第2位 ゑふや 「温泉まんじゅう」

この投稿をInstagramで見る

takesumi_2230さん(@takesumi_2230)がシェアした投稿

ゑふやの温泉まんじゅうは、湯河原のお土産に最適でしょう。

温泉地の定番土産が温泉まんじゅうで、それは湯河原でも例外ではありません。

その湯河原にいくつかある温泉まんじゅうのなかでも、イチオシが、ゑふや本店の温泉まんじゅうです。

餡は山芋粉を使用し、甘さを控えました。

また皮はモッチリとした食感を醸し出しており、餡との相性が抜群です。

温泉マークが饅頭上部に刻印されているので、温泉土産としての風格をも感じます。

【正式名称】ゑふや本店
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上459
【アクセス】湯河原駅から車で6分
【営業時間】8:00-18:00
【定休日】木曜日
【電話番号】0465-63-3301
【HP】https://www.efuya-honten.jp/

第1位 小梅堂 「きび餅」

この投稿をInstagramで見る

Akinaさん(@akinaaaaaan)がシェアした投稿

小梅堂のきび餅は、湯河原のお土産に最適でしょう。

神奈川県指定銘菓に選ばれたきび餅は、湯河原の複数の和菓子店で作られています。

その中で一番はじめて作ったのが、小梅堂です。

元祖のきび餅をぜひ味わってみましょう。

白玉粉ときび粉を混ぜ、ふかして餅にします。

そして、上からはきな粉が降りかかっています。

半世紀以上の職人の心のこもった銘菓を、ぜひお土産にしましょう。

【正式名称】小梅堂
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上483
【アクセス】湯河原駅から車で7分
【営業時間】8:00-13:00
【定休日】木曜日
【電話番号】0465-62-3325
【HP】なし

②湯河原とその周辺の名産・食料品のお土産8選

第8位 湯河原温泉おかみの会「みかんジャム」

この投稿をInstagramで見る

Megumiさん(@paix2megumi)がシェアした投稿

湯河原温泉おかみの会「みかんジャム」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原の名産みかんを使った商品として、湯河原温泉の「おかみの会」が、温泉地を盛り上げようと商品開発を行いました。

材料の配合比率を複数用意した上に、試食を重ねて作り上げた究極の一品を味わってみましょう。

原材料は、みかんと蜂蜜、砂糖を用い、砂糖以外は湯河原産にこだわりました。

【正式名称】湯河原温泉観光協会
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566
【アクセス】湯河原駅から車で7分
【営業時間】8:30-17:15
【定休日】無休
【電話番号】0465-64-1234
【HP】http://www.yugawara.or.jp/

第7位 塩瀬五色せんべい総本店「五色せんべい」

この投稿をInstagramで見る

@nrk_mczkがシェアした投稿

塩瀬五色せんべい総本店「五色せんべい」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原の温泉場商店街にある、老舗の手焼きせんべい店で提供している本格派です。

五色せんべいは「のり」「ごま」「ざらめ」「しょうゆ」「抹茶」味を用意しました。

このほかにも、唐辛子味のせんべいや、海老入り、みそ味、胡麻せんべいなどいろいろあるので、相談して詰合せてもらいましょう。

【正式名称】塩瀬五色せんべい総本店
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上452-6
【アクセス】湯河原駅から車で6分
【営業時間】8:30-18:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0465-62-2712
【HP】なし

第6位 アミカ「メロンパン」

この投稿をInstagramで見る

Aya (36)さん(@pecohappylife)がシェアした投稿

アミカ「メロンパン」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原のベーカリーの名物パンは、ふちにメロンパンのビスケット生地が大きくはみ出しており、帽子のようです。

昔ながらのメロンパンの味わい、サクサク感を堪能しましょう。

このほかシナモンロールなどおすすめのパンが数多くあります。

お土産にも良いですし、近くの湯河原万葉公園で食べるのも楽しいでしょう。

【正式名称】アミカ
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2丁目12−1
【アクセス】湯河原駅から車で3分
【営業時間】11:30-売切れまで
【定休日】月・火・水曜日
【電話番号】0465-62-0142
【HP】なし

第5位 十二庵 「とうふ・生ゆば」

この投稿をInstagramで見る

@undapockがシェアした投稿

十二庵 「とうふ・生ゆば」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原の温泉街にある昔ながらの豆腐、湯葉の店です。

契約農家から送られてくる国産大豆や伊豆大島のにがりなど、素材にこだわわり、ホタルも飛び交う湯河原のおいしい清水を使って作ります。

ひとつひとつが、手作りの味わいは、スーパーなどで陳列する大量生産との味の違いが明らかでしょう。

【正式名称】十二庵
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上170-1
【アクセス】湯河原駅から車で4分
【営業時間】10:00-18:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0465-43-7750
【HP】http://www.12an.jp/

第4位 杉山「ぐり茶」

この投稿をInstagramで見る

pitsuguさん(@pitsugu_monitor)がシェアした投稿

杉山「ぐり茶」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

厳密には、湯河原のある神奈川県の隣県静岡県伊豆の名産です。

しかし、湯河原のすぐ近くであることもあり、湯川ののお土産としても人気があります。

茶葉の形が「ぐりっ」と呼ばれていることから名づけられたぐり茶をぜひ味わいましょう。

杉山のぐり茶は、三種類の茶葉にこだわり、ブレンド配合も工夫しています。

綺麗な色をしたお茶のまろやかな味わいを、体験してみてください。

【正式名称】ぐり茶の杉山
【住所】静岡県伊東市銀座元町7-25
【アクセス】伊東駅から車で3分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-36-8733
【HP】https://www.guricha.co.jp/

第3位 石井醸造「曽我梅林の梅酒」

この投稿をInstagramで見る

箱根 自然薯の森 山藥さん(@yamagusuri1066)がシェアした投稿

曽我梅林の梅酒は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原の隣町「小田原」にある曽我梅林の梅「白加賀」を使用して作られた梅酒です。

梅林近くの石井醸造で醸し出された、本格派の梅酒を味わってみましょう。

全国梅酒品評会で銀賞を受賞した経験のある梅酒の味わいは、伝統製法で作られた日本酒を仕込みに用いました。

アルコール度数も低めなので、お酒があまり得意でない人にもバッチシで
す。

【正式名称】石井醸造
【住所】神奈川県足柄上郡大井町上大井954
【アクセス】上大井駅から車で3分
【営業時間】記載なし
【定休日】記載なし
【電話番号】0465-82-3241
【HP】http://ishiijozo.com/

第2位 やまげん「あまなつママレード」

この投稿をInstagramで見る

ぽちおさん(@pochichandesu)がシェアした投稿

やまげん「あまなつママレード」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原にてジャムなどをつくっているやまげんが、甘夏を使ってマーマレードを作りました。

添加物が入っていない、安心安全の味わいを体験してみましょう。

甘夏の果汁、皮、そして薄皮とすべてペクチンとして利用しました。

白砂糖とグラニュー糖を使ったとろみある味わいを体験してみてください。

【正式名称】湯河原手づくりジャム工房 やまげん
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町門川238
【アクセス】湯河原駅から車で5分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】土・日曜日
【電話番号】0465-62-4677
【HP】http://e-yamagen.com/

第1位 魚判 「ひもの」

この投稿をInstagramで見る

ゆーべさん(@yube_blue)がシェアした投稿

魚判 「ひもの」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原の温泉場商店街にある干物専門店です。

あじ、かます、金目鯛など、相模湾で採れた鮮度の良い魚介類を長時間の保存に耐えるために天日干にしました。

旨みも凝縮された干物を、お土産に持って帰りましょう。

塩分を控えたオリジナル風味の干物は、贈答品にもバッチシです。

季節限定商品、自家製のイカの塩辛もおすすめです。

【正式名称】魚判干魚店
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上458
【アクセス】湯河原駅から車で6分
【営業時間】記載なし
【定休日】記載なし
【電話番号】0465-62-2223
【HP】なし

③湯河原とその周辺の雑貨・日用品のお土産7選

第7位 おしゃれの店かどや

この投稿をInstagramで見る

Daisuke Hikawaさん(@daisukezan.h)がシェアした投稿

おしゃれの店 かどやは、湯河原のお土産に最適でしょう。

湯河原駅の近くにある、明店街にある衣類をはじめとする様々なものを販売しています。

陳列物の多さに、迷路のように戸惑うかもしれません。

昔ながらのレトロな店内なので、旅の醍醐味が味わえるでしょう。

普段使いの店ですが、意外に観光客の利用も多く、格安の品ぞろえもあるので、意外に重宝するお店です。

【正式名称】おしゃれの店かどや
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮下41
【アクセス】湯河原駅から徒歩で4分
【営業時間】9:30-18:30
【定休日】無休
【電話番号】0465-62-5176
【HP】https://www.facebook.com/

第6位 ぶんらく商店

この投稿をInstagramで見る

Nobuyuki Sugiyamaさん(@nobu3470)がシェアした投稿

ぶんらく商店は、湯河原のお土産に最適でしょう。

文昭堂好文の木が運営している店舗で、1号館と2号館があります。

1号館は、主に本やCD、DVDなどの中古品を取り扱っており、買い取りもしてくれます。

また2号館は、デジタル家電製品やパソコン、洋服や釣り具などいろんなものの買い取り、中古品販売を行っています。

湯河原の町中にあるので、時間があれば立覗いてみてください。

意外な掘り出し物が見つかる可能性があるでしょう。

【正式名称】ぶんらく商店
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5丁目18-29
【アクセス】湯河原駅から車で4分
【営業時間】10:00-19:00
【定休日】無休
【電話番号】0465-46-6053
【HP】http://koubunnoki.co.jp/

第5位 天然石ショップ つむぎて

この投稿をInstagramで見る

N.S.Y.つむぎてさん(@n.s.y.tumugite)がシェアした投稿

天然石ショップ「つむぎて」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

天然石やパワーストーンと呼ばれている石を取り扱っています。

観るだけで不思議な魅力のある、石たちを眺めてみましょう。

ブレスレッドや粒単位のルールまでありとあらゆるものを販売しています。

デザインよりも天然石独自の輝きと魅力たっぷりのアクセサリーもありますから、大切な人へのお土産にもバッチシでしょう。

【正式名称】N.S.Yつむぎて
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5丁目7-11
【アクセス】湯河原駅から車で4分
【営業時間】10:00-19:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0465-60-0525
【HP】http://www.tumugite.com/

第4位 do陶芸館

この投稿をInstagramで見る

ももこさん(@momoko_0124)がシェアした投稿

do陶芸館は、湯河原のお土産に最適でしょう。

ここでは、陶芸を造りを学んだり、オリジナルの作品を作ることができます。

オンリーワンのお土産作りに、チャレンジしてみましょう。

陶芸教室では、使用する年度の種類や釉の掛け方など、基本となる内容から体系で気に学べます。

また初心者でも簡単に学べる体験陶芸は、2時間の予定で作り上げますす。

自由な形、色彩を駆使して作れますので、完成品が非常に待ち遠しくなるでしょう。

【正式名称】do陶芸館
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上42
【アクセス】湯河原駅から車で3分
【営業時間】10:00-16:00
【定休日】火曜日
【電話番号】0465-60-3205
【HP】http://do-tougeikan.jp/

第3位 湯河原総合情報センター「ゆたぽんファイブグッズ」

この投稿をInstagramで見る

シモンさん(@bellshimon)がシェアした投稿

ゆたぽんファイブグッズは、湯河原のお土産に最適でしょう。

これは、湯河原町をイメージした、かわいいキャラクター「ゆがわら戦隊ゆたぽんファイブ」のオリジナルグッズを販売しています。

湯河原観光では、またとないお土産となるでしょう。

タヌキをモチーフにした、湯河原のゆるきゃらのグッズには、バッジ、や絵馬、手ぬぐい、ステッカーなどいろいろあります。

塗り絵なども販売しているので、小さなお子様連れのファミリーには最適なお土産です。

【正式名称】湯河原総合情報センター
【住所】 神奈川県足柄下郡湯河原町宮下661
【アクセス】湯河原駅から徒歩1分
【営業時間】8:30-17:15
【定休日】無休
【電話番号】0465-63-5599
【HP】なし

第2位 湯河原温泉観光協会「温泉グッズ」

この投稿をInstagramで見る

…&N『行燈』さん(@andn.yugawara)がシェアした投稿

湯河原温泉観光協会「温泉グッズ」は、湯河原のお土産に最適でしょう。

これは、湯河原温泉観光協会が、独自に開発したオリジナルグッズを販売しています。

湯河原の温泉成分を研究して尽くして、造り上げた湯河原温泉に可能な限り千近づけた入浴剤は、温泉地ならではのお土産でしょう。

また、水と原料以外の物を一切使わずに作り上げた、温泉石鹸は、コラーゲンがたっぷり含まれており、湯河原の源泉入りです。

入浴剤とセットで購入したいところです。

【正式名称】湯河原温泉観光協会
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566
【アクセス】湯河原駅から車で7分
【営業時間】8:30-17:15
【定休日】無休
【電話番号】0465-64-1234
【HP】http://www.yugawara.or.jp/

第1位 上野屋「六瓢の湯・温泉宅配」

この投稿をInstagramで見る

ゆぅさん(@yu__ya__1009)がシェアした投稿

上野屋「六瓢の湯(むびょうのゆ)」は、湯河原最高のお土産でしょう。

これは、湯河原の源泉井戸を持つ旅館上野屋が提供している商品で、温泉の湯そのものです。

登録有形文化財に指定されているレトロな建物の中に、源泉かけ流しの温泉「六瓢の湯」があります。

この温泉の湯を自宅でも楽しめる宅配サービスを行っているので、ぜひ申し込みましょう。

湯川の湯でリラックスしてしばらくしてもう一度湯河原の湯に入れますから、これ以上にない至高の贅沢が味わえます。

【正式名称】上野屋
【住所】神奈川県足柄下郡湯河原町宮上616
【アクセス】湯河原駅から車で8分
【営業時間】記載なし
【定休日】記載なし
【電話番号】0465-62-2155
【HP】https://www.uenoya-net.jp/

湯河原のお土産は

湯河原土産Photo by Wikipedia

湯河原には、個性的なお土産が多くあります。

温泉街にあるお土産どころには温泉地らしい、駅近くの市街地にあるお土産どころは、地域らしい2つのエリアに分かれています。

相模湾の干物もおすすめな湯河原は、帰りのお土産もバッチシでしょう。

湯河原に来たらお土産探しも頑張ってください。

古き良き温泉街、湯河原を観光し尽くそう♨️

万葉集にも登場する湯河原温泉とその周辺には、歴史と文化を感じるスポットが揃い、自然に囲まれているので、どこに行っても癒されます。観光で疲れたら温泉でゆっくりできる、湯河原温泉のおすすめをテーマ別に厳選、解りやすいランキング形式で紹介します。

温泉だけじゃない!湯河原のおすすめグルメで胃袋も大満足🍱

湯河原といえば「温泉」ですよね。良質の湯に癒され、美味しい食事でおなかも満たすのが、湯河原の旅の醍醐味です。湯河原の地の食材を使った料理から、ご当地グルメ、地元で人気の名店など、湯河原で食べたいおすすめグルメ情報をご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。
Stayway読者限定クーポン▼

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で