ゲストの方へ

野生動物好きな必見!ジンバブエのおすすめ観光スポット10!

FOR GUESTS
Stayway 編集部

トラベラー

シェアありがとうございます

photo byJason Wharam
アフリカ南部にある国・ジンバブエ。

いまだ手つかずの大自然がそのまま残されている土地でもあります。

世界三大瀑布ナイアガラの滝やイグアスの滝と並ぶビクトリアの滝をはじめ、野生動物が見られるスポットが満載!

こちらではおすすめ観光地をご紹介します。

・基礎情報

時差 マイナス7時間(サマータイムなし)
言語 英語、ショナ語、ンデベレ語等
通貨 1USドル=約107円 1南アフリカランド= 約8.89円
気候情報 冬6~7月は寒く降雨量も少ない。8~4月もそれほど気温は上昇せずに朝晩は涼しい。降雨量は多いものの降り続くことはまれ。10月・11月が盛夏にあたる。雨季は11~3月。

第10位・ブラワヨ鉄道博物館

Photo by Bob Adams
南西部にある2番目に大きい都市・ブラワヨ。

植民地支配を受けていた時代に走っていた蒸気機関車の車両や、切符売り場などを保存しています。

レトロなムード漂う機関車が多く展示され、鉄道ファンの方必見のスポット。

【住所】Crew Rd, Bulawayo, ジンバブエ

第9位・ムクビジー・ウッドランドズ

Photo by Brian Gratwicke
首都ハラレ近くにある小さな動物園。

この動物園のおすすめポイントは乗馬しながら園内を見回ることができること!

ワニやキリン・しまうまはもちろん、珍鳥など日本ではなかなか観ることのできない動物をみることができます。

キリンやしまうまが食事するところも間近で見学できますよ!

午後からは暑くなるため、午前中の見学がおすすめ。

【住所】ジンバブエ ハラレ
【アクセス】ハラレ駅から車で10分

第8位・チベロ湖

Photo by Neesh Charles Kas
美しく大きい湖。周辺はレクリエーション公園となっています。

ハイキング・乗馬・ボート・釣りなど多彩なアクティビティが楽しめるスポットとして親しまれています。

乗馬も国内では安価で体験できるリーズナブルな設定ですよ!

【住所】Lake Chivero, Harare

第7位・チノイ洞窟


Photo by Suesen
「青の洞窟」といえば、イタリアや沖縄のものが有名です。

しかしジンバブエにもあるんです!!

洞窟内に入ればすぐ青い泉が見られ、美しさに見とれてしまうことでしょう。

現地の人は、この青は先祖のいる神聖な場所だからご先祖様が作ったと言っているのだとか。

【住所】A1, ジンバブエ
【アクセス】ハラレ市内、マーケットスクエアでチノイ行きのミニバス(コンビ)に乗車。チノイまで2時間弱。チノイでミニバスに乗り換えて15分
【料金】10ドル

第6位・マナプールズ国立公園


Photo by Jalo
野生生物保護地域で雨季が来る度一帯は湖のようになりますが、湖が乾いていくにしたがって、水を求めて動物たちが集まってきます。

もっとも開発されていない自然のままの国立公園で、世界遺産にも登録されました。

第5位・マトボの丘群

Photo by Susan E Adams
アフリカでも指折りのパノラマで絶景が見られるスポット。

周辺にはおよそ10万年前から人間が住んでいたといわれ、洞窟・岩には3500点以上の岩絵も残されています。

運がよければサイなど野生動物に出会えることも。

第4位・カリバ湖

Photo by Dr Mary Gillham Archive Project
世界でも4位の大きさを誇る人工湖。

水が少ないアフリカでは珍しい湖で、ハウスボートレンタルもありますので、貸し切りで湖を優雅に遊覧できますよ!

ワニやカバがのんびりと泳ぐ姿が見られるのも魅力です。

第3位・ワンゲ国立公園

Photo by Letizia Barbi
ジンバブエでも最大規模の国立公園。

約3万頭のゾウがいるそうです。

おすすめは、旅行会社などのツアーに申し込み、車に乗りつつ人工的な水場に集まって来る動物たちを見学する方法。

動物たちの自然な姿を目の当たりにできますし、人懐っこく車に近寄ることもあるんです。

第2位・グレートジンバブエ遺跡

Photo by gomagoti
石で作られた巨大な建造物。国名「ジンバブエ」はショナ語で石の家を意味しますが、この遺跡に由来しています。

石が細かく積みあがっている様子は圧巻で、完成度の高さも素晴らしいです。王国の遺跡だろうと現在では推測されています。

【営業】8:00~17:00(土曜日は12:00まで)日曜休み
【アクセス】ハラレからマシンゴまでバスで5時間。マシンゴからはグレート・ジンバブエホテルまで乗り合いバス利用。そこから徒歩約30分

第1位・ビクトリアの滝


Photo by John Walker
ジンバブエ・ザンビアの国境で見事な景観を見せる大瀑布!

1855年この滝まで到達した探検家が母国イギリス女王の名前にちなんで「ビクトリアの滝」と命名しました。

乾季にヘリコプターに乗って全容を見渡すのがおすすめですよ!

【住所】Mosi-o-tunya Road, Livingstone, ザンビア
【営業】6:00~18:00
【アクセス】ブラワヨからバスで約6〜8時間・ヨハネスブルクから飛行機で約2時間

ワイルドな動物に会いにジンバブエに行こう!

未開発の国立公園や青の洞窟、野生動物に会えるスポットなど魅力的な観光地がたくさんあるジンバブエ。ビクトリアの滝の迫力には言葉を失ってしまうでしょう。

ビクトリアの滝周辺にはアクティビティも多数あり、ラフティングやバンジージャンプなどの体験もできますよ。

staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか?